FC2ブログ
いきもの、ポルノ、時々aiko。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日(今日)は2年半ぶりのアルバム、∠TRIGGER発売日ですね。
多分アマゾンでフラゲ…したと思うけど聴けるのは25日/(^o^)\生殺しだ
そして24日は大学の卒業式です。
記念写真は目の下に隈をを作ることになりかねませんが、2時間の生放送しっかりレポしたいと思います。


1:00
こんぽるの!
昭仁「昨日はね東京地方、桜の開花が発表されたね。
あの発表すごいですね。報道陣がめっちゃ集まってやってますね。

そんな春めいてきた3月23日なんですけども。
寒いですね外は。今外におります。
小雨が降ってます。まだまだ寒いなぁ。寒いですよ。
最近言ってますけど後2回ということで。
外に飛び出そうということで飛び出してみました。」


「昭仁さん、今日はスタジオを飛び出してるらしいですね。
 さっき昭仁さんらしき人を見たのですが、今日は京都からの放送ですか?」
え!?
昭仁「wwwそれも面白かったですね。大阪とか広島とかじゃなく急に京都からみたいなwww
 今はね、駒場東大前ですね。駅前にいますね。
 なぜここからといいますと、
 今から13年前上京したんですけども、初めに住んだ街ということで久しぶりにやってきました。

 駒場東大前、そんなメジャーじゃないところです。
 何故ここに住んだかといいますと、ソニーのディレクターさんが下北に住んでるから、
 通り道とか近辺にいたら便利だから住みなさいということでずっと住んでました。
 不動産さんが持ってきた物件が3人に5件くらいでしたよw1人2つの選択肢もないって言う。
 ガスキッチンがある所がいいと、そこに決めたということですね。
 昔テレビでも行ったことあるんです。初めに住んだアパート。
 民家を改造したようなアパートで、隣の人の留守電に吹き込んでる声が全部聞こえるくらい壁が薄かった家に住んでまして、
 計3件しかないそういうアパートだったんだけど。

 アポロでデビューするまでの2年住んでる訳ですよ、1階のおばあちゃんにも顔見知りになってて、
 アポロがええ感じになって来た時におばあちゃんがCDを持ってきて。
 「デビューされたばっかりなんですね。サインください」って。いい思い出でしたね。

 そう考えると自分の人生が激変した場所でもありますよ。
 床ずれが出てるくらい寝てた、ドラクエばかりやってたような時代をすごし、
 でも寝る間も惜しんで朝出て行くそういう所でもありますね。
 2001年の春くらいに引っ越したのかな、4年近く住んでまして。
 ちっちゃい町です。キッチン南海とか言う定食屋さんがあって、金がない僕にはすごく重宝しましたけどね。

 とにかく今日は外に飛び出しまして色々お伝えしようかなと思います。
 ポルノグラフィティが11年目に突入、ANN卒業という節目ということで東京に着てからの足跡を辿ろうということです。
 若干小声なのは近隣の住民の肩に迷惑がかかるからです。
 2時間都内をぶらり旅、あきさんぽです。
 駅の電気が消えまして。篠崎くんのパソコンの明かりで今読んでます。
 次の思い出の場所に行きましょうか?ラジオカーで、派手なラジオカーなんで非常に目立つかもしれないですけど。
 ハプニングが起こるかもしれないし、マイクこっちか?こっちだ聴こえてますか?
 電波が落ちるかもしれないし。渋滞にはまるかもしれないし。
 予測不可能な2時間ですけど今日もしゃかりきまかりきで行きましょう!」


ここでタイトルコール。
何か昭仁さん音楽に合わせて頑張って言ってますけど聴こえませんよw

昭仁「次なる目的地に向かおうと思うんですけどね。
 懐かしいな。今車が移動しますよラジオカー。
 ああ、ここそっちに行けますか大丈夫ですか?
 僕の思い出もそうなんですけど、皆さんにも思い出の詰まった場所があると思うんです。」

メールテーマは思い出の場所。国立競技場でサッカーができたらいい思い出だね。
♪SIAM SHADE「1/3のの純情な感情」
明日卒業式ということでいつもと違う場所・ラジオで書いてるので、電波を捜し歩いて聞き落としなどあるかもしれませんご了承ください。


1:17
昭仁「ちょうど国道246号線、道玄坂と青山方面のドンキ辺りにいますね。
OA聴いてないんでどうなってるか分からない恐ろしい状況で喋ってます。」


「昭仁さんの思い出に残ってる場所が今いる場所なんですか?どんな状況で放送してますか?」
 昭仁「ラジオカーからの36局ネットみたいな感じで車から電波を飛ばしております。
  運転資産と技術さんと遠藤さんと篠崎君がいるという。
  結構ぎゅうぎゅう詰めで乗っております。沼尻は降りてもらいました。
  メールとかは読めるんですよ。
  ニッポン放送のサーバーに来たメールを篠崎くんのパソコンに…何とかかんとか…
 …飛ばしてもらってるんで、メールはリアルタイムで読めるということでどんどん送ってくださいよ。」

昭仁「東京という街に初め来たときはね、渋谷という街は本当に怖かったですよ。
 今でもそうですけどセンター街は背筋を正して歩くみたいなね。
 道玄坂はネオンが輝いて、見た事ない空気が漂ってるじゃないですか。
 因島にも大阪にもなかったような燃え盛るようなバイタリティがある場所だなと思いましたね。
 これは見慣れた場所ですよ。ここを曲がりますと。
 もうそろそろ桜が咲いてとても綺麗な通りになります。

 どこに向かってるかといいますと所属してる事務所のアミューズに向かっております。

(ラジオの電波が…探さなきゃ…あわわわわわわ;)
 東急渋谷の方から歩いてくると坂になってて、ここの桜がとっても綺麗で。
 当時中々デビューできなくて苦労してたときに坂を上るのがめっちゃしんどくて足取りが重いみたいな。
 何にも決まらんのかなー申し訳ないなーと思いながら坂を上がっておりました。
 何回来てるのかな13年の間に。
 まだまだ仕事してる人いるんですかね。」
昭仁さんですね分かります。
♪福山雅治さん「milk tea」


1:25
昭仁「着いておりますよアミューズに。渋谷区桜が丘町20番。
 昔俺が来た時株式会社じゃったんだろうか?

 大きくなったって偉そうな言い方ですけど、所属タレント一杯ですよ。
 俺ら来た冬至も多かったですけどここまでじゃなかった。

 いつじゃろうな初めてアミューズに来たの。
 恵比寿からここに引っ越したて位に来たんです。僕らが所属したのと同時期くらい。
 誰じゃろうなー初め話したタレントさんは。
 鮮明に覚えてるのは97年のクリスマスイベントとして忘年会があったんですよ。
 俺らが端に座ってたら奥山佳恵さんに話しかけられて。それが初めてかは分からんな。
 福山さんとか桑田さんと話したの大分後だと思うな。

 1/3の純情な感情かけたのはデビューしたばかりの時に
 アミューズのトイレでSIAM SHADEの栄喜さんに会って、おめでとうといわれたのが嬉しくて。
 この世界に来ると皆横一線ライバルでおめでとうみたいなことはないと思ってたから、すげえ嬉しかった思い出がありますね。
 昔を懐かしむおっさんがいうことかも知れんけど今ちょっと大きくなって寂しい思いもありますね。
 昔は人数も少なかったし、部署が違ってもファミリーみたいな。今そうじゃない訳ではないけど。
 今アミューズに来るのは緊張しますよ。気合入れないいけんみたいな。
 でも本当に思い出が詰まった。もう曲行きますか。」

初めて東京ドームで見たライブの本編最後の曲だった、♪サザンオールスターズ「素敵な夢を叶えましょう」
東京にいる人はラジオカー探したり…してねえかw


1:38
「今、両親と車で聴いてます。
 横を超度ド派手な車が走ってて、めちゃくちゃ腕の太い外国の人が運転してます。
 後部座席が見えないのですが昭仁さんですか?」

昭仁「思いっきり駒場東大前って言ってるし。
 確かに派手だけどハマーでもないし。こんなボケもいいでしょう。」


昭仁「今渋谷のスクランブル交差点に来ています。西武前辺りかな?
 いつだったかなデビュー前かなと思うんじゃけど、109のビルなんかな。
 そこのビジョンにアポロのPVが何時何分に流れますと。
 9月の夕方、18時とか19時くらいじゃったかも知れんけど、
 流れるというので対角線上のベンチで、人通りが多い所で流れるのを見に来た覚えがありますね。
 正直街の人はちらちら見るくらいですよ。俺にとってはすげえ嬉しくてね。
 渋谷の前でPVが流れてるのを(咳)あれ俺だよ気づいて!みたいな感はありますね。

 人がすごいじゃん。だから何か有効利用できないかなと思って。
 踏んだら発電できる装置を作ったら電力賄えないかなとか、
 ピザの生地を伸ばせるんじゃないとかアホな事考えてましたね。
 ビジョンを見てた頃は一つ一つ噛みしめてたけど、それがなくなったのは良くないですね。
 当たり前みたいになって。一つ一つ噛みしめてた気持ちを思い出さなきゃいけないですね。
 さすがにスクランブル交差点、人がもういないです。でも因島は一人も歩いてないですよ。」

♪ポルノグラフィティ「アポロ」
そういえばデビュー当時のポルノさんは今の私とそんなに変わらないんですね。年齢が。
この頃からファンだったらどうなってたんだろう。
ラジオももっと聴きたかったってのもあるし、若い時のメンバーをリアルタイムで知っときたかったというのもあるし。


1:51
昭仁「到着いたしました!代々木第一体育館。来ましたよー。東京はまだ小雨が降っております。
 今バレーやりよるけえフジテレビの中継車が止まってたりもするけど。
 でかいよねここは。人のライブを見に来た事ないよ考えてみたら。
 でかさのイメージはやってる時のイメージしかないみたいな事なんじゃけども。

 去年もやりましたけどね。その前にやったのは9年前か。
 Cuipidツアーでやったんだけど、ロイヤルストレートフラッシュの4daysでも言ったけど、
 9年前にやったツアーではアンケートが来てね。

 「代々木第一体育館は広いですね。まだまだ広く感じました。
 もっともっと会場を1つにするように頑張ってほしいです。
 この前Yellow Monkeyを観に行った時は吉井さんはこの会場を1つにしてましたよ。」

 というのがすっげえ心に残っとって。大きさに呑まれたと思うんですよ。
 代々木第一体育館、正面にお客さんがいないんですよ。
 プールの飛び込み台があって、前方が開けてるから余計に広く感じるんですよ。
 ロイヤルストレートフラッシュではリベンジみたいに言ったんですよ。

 2日目くらいにいったんかな?アンケート返ってきまして。
 その人がまた来てくれとったんですよ。

 「今回は見事にリベンジを果たせたんじゃないでしょうか?
 楽しませていただきました。」

 みたいなことでアンケート(咳)書いてきまして。
 それがめちゃくちゃ嬉しかったですね。9年越しといいますか。
 自分の中で気にかかってた悔しさを成就できたのは嬉しかったとそんな思い出があります。」

懐かしいなロイスー。
代々木第一体育館は初めて来た時、大きさも勿論だけど屋根の高さにびっくりしたよ。
ほんと、リベンジできて本当に良かったと思います。


1:57
IEを半端な大きさにしてるせいで、∠TRIGGER壁紙の昭仁さんと見つめあったままレポ書いてますw
メールテーマ。
「家の中の押入れです。小さい頃泣きたいときによく押入れの中に入ってました。
 たまに昔を思い出して懐かしいと思っています。」

 昭仁「ああいう狭い空間いいですね。押入れ。」
「カフェです。姉カップルと弟と私でパフェを食べに行ったのですが、弟がトイレに行ったときに姉カップルがキスをしました。
 どうすれば言いか分からずずっと見てました。変な気持ちでした。」

 昭仁「トラウマじゃないですかこれ。いい思い出じゃないでしょう。」
「ネスコです。イギリスでツアーに参加しました。説明中バスの中で爆酔していて船が出るところでした。
 大声で騒いで引き返してもらったのですが置き去りにされる所でした」

 昭仁「めちゃ怖いね。めちゃめちゃパニくるで。」
「沖縄の国際通りです。喋ったこともない好きな子に初めてアドレスをききました。
 今でも感傷的になる甘酸っぱい思い出です。」
2時を回りましたね。
 昭仁「なるほどね。(咳)ふられちゃったみたいな。すいませんね。」
「家のベランダです。恋人と夏に花火を見たからです。毎朝洗濯物を干すたびに思い出します。」
 昭仁「そんな思い出に残ることしちゃうから。消さずに時間が解決してくれますよ。」
「高校1年でアメリカ留学中、仕切りも何もなかった個室トイレです。
 剥き出しトイレに笑いが止まらず、300m離れた別のトイレに行きました」

 昭仁「NYで大きいほうを催しちゃって、ショッピングモール入ったのに探しても探しても詰まってるんです。
  待っても待っても出てきたのが日本人だったんです。漏らしてしまうとこでしたけどもね。」

「家の中のテレビと壁の間です。テレビの生暖かさが癖になってました。
 今は隙間風が通って暖かくなくなってしまいましたが。」

 昭仁「狭いところは分かるけどテレビと壁の隙間って、どういうことなんじゃろうね。」
「駄菓子屋の前の自販機です。小学生のとき間違えてコーヒーを買ってしまい、
 替えてくださいといったらすごい勢いで怒鳴られてトラウマです。」
ひっでえ。
 昭仁「いいじゃなくですか悪いことしてるわけじゃない。」
「近所の竹やぶで幻の白いトラを目撃しました。今も鮮明に覚えてます。」
 昭仁「何のお告げですか。何かいい事ありそうだね。」
♪ポルノグラフィティ「∠RECEIVER」
ライブで聴きたい、っていうか、目を閉じたら気分はライブ会場。


2:10
メールテーマ。
「1時間で色んな所行きましたね。
 東京は狭いんですか?道民としては信じられません。」

 昭仁「都心の西側ばかり行っとるからね。この時間空いてますよ。」
「昭仁さんの話を聴いてたら当時の風景が思い描けてきます。色んな思い出話を聞かせてくださいね。」
 昭仁「感想が来てますよ。」

昭仁「市谷近辺によく行くんですけど、この場所に来るのはおよそ10年ぶりくらいだと思います。
 通称黒ビルというところです。
 ソニーミュージックの音楽部門の象徴として、黒ビルですねー。
 今どうなってるか知らんけど、ラジオ聴いてる人いないかな?

 アミューズよりも先に黒ビルのほうが縁があるといいますか、
 最初ソニーと契約が決まったんですよ。プロダクション探しますと。
 アミューズに決まったのは97年の1月かな。
 畑中さんという名物マネージャーさんがおるからお世話してくれるよ、
 って言うんじゃけど4月くらいまで何の音沙汰もないんですよ。
 今忙しいからもうちょっと待ちなよって言われたんだけど、
 俺とTamaはテンション高くなって4月くらいにバイトやめてしもたんよ。
 半年間何にもしてなくてバイトで稼いだ金を食いつぶしてしまったんだけど。
 東京に遊びに来て一足早く黒ビルに来て、全員が知り合いで可愛がってもらって。
 その中には河合マイケルさんもおったりして。
 東京の人って面白いなみたいな、刺激を受けて何回も来ていた思い出があります。

 デビュー曲作ろうってプランが立ち、近くにスタジオがあったけど全然曲できんで。
 今思うと最悪ですよ。。曲ができませんでしたというのを平気で言ってて。でも危機感がなく。
 東京に慣れる事に必死で音楽活動が路頭に迷っとってね。
 考えてたらスタッフは頭を痛めてたと思いますよ。
 伊東ミキオさんがプロデュースをやってくれたりして。
 ずっと励まされつつ実はミキオさんも裏事情は知ってて、俺らがあまりにものほほんとしててケツは叩けないみたいな。
 伊東ミキオさんにもギター返さないけんな。借りパチして11年ですよ。」
ちょw
♪奥田民生さん「恋のかけら」


2:23
メール。
「昭仁さんが乗ってるラジオカーはどれくらい派手なんですか?」
 昭仁「何よりも派手です。ラブワゴンなんか目じゃないですよ。」
「昭仁さんニートしてたんですね。うちの兄ちゃんがニートですどうしたらいいですか?」
 昭仁「急遽相談メールですか。早まったなー。
  どうするつもりじゃったんだろうね。畑中さんにめっちゃ止められたもん。」


昭仁「武道館に来ております。九段下。1つの目指す場所なんじゃないかな。
 初めて武道館でやったのは2000年の6月7月だと思うな。ポカリスエットのイベントで出たんですよ。
 一緒に出たのがJUDY AND MARYとTRICERATOPS…もおったかな。

 ちょうどNYに行った時でそこから帰って来たんですよ。
 時差ぼけで声の調子が悪くて、帰って来た次の日だったと思うんですよ。
 すごく調子悪くて相当気合が入ってたのに上手くいかんかったんです。すごく悔しくて。
 次のレッスンのときにボイストレーナーの先生にすっごい怒られて。

 「観てる人には、昭仁くんの声が出ようが出まいが関係ない。
 あなたがライブを途中で投げちゃいかん」
って。
 俺途中で投げちゃったんです。間奏とかでいらいらしてマイクスタンド倒したりして。
 それって言い訳じゃないですか。何か見せ付けるみたいな。アラーム鳴ってますよw

 「プロとしてやるなら最後まで全うしなさい。最後まで来た人に敬意を払うのがプロだ」と言われて。
 心にガビーンじゃない、ズキューンですね。
 声が出なかったことは何回もあるけど、調子悪いのもプロとしては情けないけど、最後まで最低限のことはやろうと。
 武道館は客席もすごく近いし、ロックの神が宿るみたいな。何かが宿ってる気がしますね。」

え、どっち?どの曲??
ポカリ初披露の♪ポルノグラフィティ「サウダージ」。
私がポルノを気になりだしたきっかけの曲ですね。
この女性みたいに自分を見失わない強さを持ちたいものです。


2:35
昭仁さんが余りに咳き込むんで「咳 病気」で検索したら心配になってきた。

「昭仁さん今日放送局に帰ってこないんですか?ぎゅうぎゅうですか?」
 昭仁「ぎゅうぎゅうですね。がっつりにんにく食べてきたけど大丈夫ですか?」
「風景見れないのに昭仁さんの語りで浮かんでくるようでした。
 前進を強調されるけど振り返るのもいいなと思いました。1歩1歩進む大切さも感じました」

 昭仁「なるほどねー。」
「回るの早すぎませんか?昭仁さんスタジオで妄想してないですか?」妄想www
 昭仁「これで喋ってたらすごいですよ。これで番組持てますよね。」

昭仁「うっかり東京ドームの前来ました。
 この時間回ると狭いもんだね。それだけ混んでるということですな。

 11月28日にやりました。じわじわ来ると思いますやった感触というのは。4ヶ月くらいか。
 当初というか、「ポルノのライブって安定してるね」みたいに言われる事が多かったんです。
 皆さんの予想の範疇に嵌っているみたいな事なんかなと一瞬思ってね。
 思い切ったハードルの上げ方をしたらどうなるかやってみました。
 答えが何なのか先に分かることだけど、やったら何かできるもんかなと、
 ハードルをあげるのも必要だといういい機会だったと思いますね。

 サザンの東京ドーム初めて見た時は全っ然曲が分からんで。
 知ってる人でもマニアックだったなってくらい、すごいマニアックだったけど感動した。
 アルバム曲で勝負するサザンは凄いと思うし、
 東京ドームだからこそ型にはまらず挑戦するべき場所なんかなと思いますね。
 武道館に近い聖地と言うか、1つのオーラをまとった場所じゃないかと思うんですけどもね。」

サザンの後に見たドームライブから。♪エアロスミス「Cryin'」


2:46
昭仁「ニッポン放送に帰ってます。間に合いそうですか?」
ポルノ情報。あらBGMなし?
ごめんなさい、CDは多分届いてるんですが、25日まで帰れないんで聴けませんT_T
ラジオの負担がなくなる分ツアーは思いっきりやってくださいよ。
そうじゃなきゃ私達リスナーが浮かばれませんから。
昭仁「すごくトイレに行きたくなったなー。」もらすなよ。
♪ポルノグラフィティ「MONSTER」


2:54
もうこの時間か。これほど時間が過ぎてほしくない、終わってほしくないと思うのはライブくらいですよ。
この番組が終わってしまえば生で昭仁さんの声を聴く機会もほとんどなくなってしまいますね。寂しいな。

昭仁「ぴったり着きました。Mステ来週の金曜日です。」

「今日の放送は聴いていてとても和みました。
 今日はラジオカーだったためいつもより咳き込んでましたが大丈夫ですか?」

 昭仁「すいませんね。お聞き苦しい咳込みが続いて。」
「いつもと違う感じで面白かったです。行ってみたくなりました。
 来週の最終回はリスナーとしてはとても悲しいですが楽しみにしてます。」

 昭仁「嬉しいですね。」
「あきさんぽで忘れてませんか?ギャグはどうしましたか。」
 昭仁「ペロリンチョ?だめ?ごめん来週ちゃんとやりますんで」この調子じゃ復活まで持ち越しだなw

昭仁「何ヶ所回ったんか?話すこと一杯あるんだなって思いましたね。濃いというか。
歴史があるということを自分でも把握できましたしね。
デビューした後の激動の3~4年は色濃く残る3~4年だと思ってます。

来週はいよいよ最終回ですよ。湿っぽくならんように、ゆるくやりましょうか。
僕らしくやりましょう。楽しくやりますよ。」

また来週…って言うのはこれが最後ですね。
ギャグ噛みやがってwばいばいばーすノシ


追記を閉じる▲


1:00
こんぽるの!
昭仁「昨日はね東京地方、桜の開花が発表されたね。
あの発表すごいですね。報道陣がめっちゃ集まってやってますね。

そんな春めいてきた3月23日なんですけども。
寒いですね外は。今外におります。
小雨が降ってます。まだまだ寒いなぁ。寒いですよ。
最近言ってますけど後2回ということで。
外に飛び出そうということで飛び出してみました。」


「昭仁さん、今日はスタジオを飛び出してるらしいですね。
 さっき昭仁さんらしき人を見たのですが、今日は京都からの放送ですか?」
え!?
昭仁「wwwそれも面白かったですね。大阪とか広島とかじゃなく急に京都からみたいなwww
 今はね、駒場東大前ですね。駅前にいますね。
 なぜここからといいますと、
 今から13年前上京したんですけども、初めに住んだ街ということで久しぶりにやってきました。

 駒場東大前、そんなメジャーじゃないところです。
 何故ここに住んだかといいますと、ソニーのディレクターさんが下北に住んでるから、
 通り道とか近辺にいたら便利だから住みなさいということでずっと住んでました。
 不動産さんが持ってきた物件が3人に5件くらいでしたよw1人2つの選択肢もないって言う。
 ガスキッチンがある所がいいと、そこに決めたということですね。
 昔テレビでも行ったことあるんです。初めに住んだアパート。
 民家を改造したようなアパートで、隣の人の留守電に吹き込んでる声が全部聞こえるくらい壁が薄かった家に住んでまして、
 計3件しかないそういうアパートだったんだけど。

 アポロでデビューするまでの2年住んでる訳ですよ、1階のおばあちゃんにも顔見知りになってて、
 アポロがええ感じになって来た時におばあちゃんがCDを持ってきて。
 「デビューされたばっかりなんですね。サインください」って。いい思い出でしたね。

 そう考えると自分の人生が激変した場所でもありますよ。
 床ずれが出てるくらい寝てた、ドラクエばかりやってたような時代をすごし、
 でも寝る間も惜しんで朝出て行くそういう所でもありますね。
 2001年の春くらいに引っ越したのかな、4年近く住んでまして。
 ちっちゃい町です。キッチン南海とか言う定食屋さんがあって、金がない僕にはすごく重宝しましたけどね。

 とにかく今日は外に飛び出しまして色々お伝えしようかなと思います。
 ポルノグラフィティが11年目に突入、ANN卒業という節目ということで東京に着てからの足跡を辿ろうということです。
 若干小声なのは近隣の住民の肩に迷惑がかかるからです。
 2時間都内をぶらり旅、あきさんぽです。
 駅の電気が消えまして。篠崎くんのパソコンの明かりで今読んでます。
 次の思い出の場所に行きましょうか?ラジオカーで、派手なラジオカーなんで非常に目立つかもしれないですけど。
 ハプニングが起こるかもしれないし、マイクこっちか?こっちだ聴こえてますか?
 電波が落ちるかもしれないし。渋滞にはまるかもしれないし。
 予測不可能な2時間ですけど今日もしゃかりきまかりきで行きましょう!」


ここでタイトルコール。
何か昭仁さん音楽に合わせて頑張って言ってますけど聴こえませんよw

昭仁「次なる目的地に向かおうと思うんですけどね。
 懐かしいな。今車が移動しますよラジオカー。
 ああ、ここそっちに行けますか大丈夫ですか?
 僕の思い出もそうなんですけど、皆さんにも思い出の詰まった場所があると思うんです。」

メールテーマは思い出の場所。国立競技場でサッカーができたらいい思い出だね。
♪SIAM SHADE「1/3のの純情な感情」
明日卒業式ということでいつもと違う場所・ラジオで書いてるので、電波を捜し歩いて聞き落としなどあるかもしれませんご了承ください。


1:17
昭仁「ちょうど国道246号線、道玄坂と青山方面のドンキ辺りにいますね。
OA聴いてないんでどうなってるか分からない恐ろしい状況で喋ってます。」


「昭仁さんの思い出に残ってる場所が今いる場所なんですか?どんな状況で放送してますか?」
 昭仁「ラジオカーからの36局ネットみたいな感じで車から電波を飛ばしております。
  運転資産と技術さんと遠藤さんと篠崎君がいるという。
  結構ぎゅうぎゅう詰めで乗っております。沼尻は降りてもらいました。
  メールとかは読めるんですよ。
  ニッポン放送のサーバーに来たメールを篠崎くんのパソコンに…何とかかんとか…
 …飛ばしてもらってるんで、メールはリアルタイムで読めるということでどんどん送ってくださいよ。」

昭仁「東京という街に初め来たときはね、渋谷という街は本当に怖かったですよ。
 今でもそうですけどセンター街は背筋を正して歩くみたいなね。
 道玄坂はネオンが輝いて、見た事ない空気が漂ってるじゃないですか。
 因島にも大阪にもなかったような燃え盛るようなバイタリティがある場所だなと思いましたね。
 これは見慣れた場所ですよ。ここを曲がりますと。
 もうそろそろ桜が咲いてとても綺麗な通りになります。

 どこに向かってるかといいますと所属してる事務所のアミューズに向かっております。

(ラジオの電波が…探さなきゃ…あわわわわわわ;)
 東急渋谷の方から歩いてくると坂になってて、ここの桜がとっても綺麗で。
 当時中々デビューできなくて苦労してたときに坂を上るのがめっちゃしんどくて足取りが重いみたいな。
 何にも決まらんのかなー申し訳ないなーと思いながら坂を上がっておりました。
 何回来てるのかな13年の間に。
 まだまだ仕事してる人いるんですかね。」
昭仁さんですね分かります。
♪福山雅治さん「milk tea」


1:25
昭仁「着いておりますよアミューズに。渋谷区桜が丘町20番。
 昔俺が来た時株式会社じゃったんだろうか?

 大きくなったって偉そうな言い方ですけど、所属タレント一杯ですよ。
 俺ら来た冬至も多かったですけどここまでじゃなかった。

 いつじゃろうな初めてアミューズに来たの。
 恵比寿からここに引っ越したて位に来たんです。僕らが所属したのと同時期くらい。
 誰じゃろうなー初め話したタレントさんは。
 鮮明に覚えてるのは97年のクリスマスイベントとして忘年会があったんですよ。
 俺らが端に座ってたら奥山佳恵さんに話しかけられて。それが初めてかは分からんな。
 福山さんとか桑田さんと話したの大分後だと思うな。

 1/3の純情な感情かけたのはデビューしたばかりの時に
 アミューズのトイレでSIAM SHADEの栄喜さんに会って、おめでとうといわれたのが嬉しくて。
 この世界に来ると皆横一線ライバルでおめでとうみたいなことはないと思ってたから、すげえ嬉しかった思い出がありますね。
 昔を懐かしむおっさんがいうことかも知れんけど今ちょっと大きくなって寂しい思いもありますね。
 昔は人数も少なかったし、部署が違ってもファミリーみたいな。今そうじゃない訳ではないけど。
 今アミューズに来るのは緊張しますよ。気合入れないいけんみたいな。
 でも本当に思い出が詰まった。もう曲行きますか。」

初めて東京ドームで見たライブの本編最後の曲だった、♪サザンオールスターズ「素敵な夢を叶えましょう」
東京にいる人はラジオカー探したり…してねえかw


1:38
「今、両親と車で聴いてます。
 横を超度ド派手な車が走ってて、めちゃくちゃ腕の太い外国の人が運転してます。
 後部座席が見えないのですが昭仁さんですか?」

昭仁「思いっきり駒場東大前って言ってるし。
 確かに派手だけどハマーでもないし。こんなボケもいいでしょう。」


昭仁「今渋谷のスクランブル交差点に来ています。西武前辺りかな?
 いつだったかなデビュー前かなと思うんじゃけど、109のビルなんかな。
 そこのビジョンにアポロのPVが何時何分に流れますと。
 9月の夕方、18時とか19時くらいじゃったかも知れんけど、
 流れるというので対角線上のベンチで、人通りが多い所で流れるのを見に来た覚えがありますね。
 正直街の人はちらちら見るくらいですよ。俺にとってはすげえ嬉しくてね。
 渋谷の前でPVが流れてるのを(咳)あれ俺だよ気づいて!みたいな感はありますね。

 人がすごいじゃん。だから何か有効利用できないかなと思って。
 踏んだら発電できる装置を作ったら電力賄えないかなとか、
 ピザの生地を伸ばせるんじゃないとかアホな事考えてましたね。
 ビジョンを見てた頃は一つ一つ噛みしめてたけど、それがなくなったのは良くないですね。
 当たり前みたいになって。一つ一つ噛みしめてた気持ちを思い出さなきゃいけないですね。
 さすがにスクランブル交差点、人がもういないです。でも因島は一人も歩いてないですよ。」

♪ポルノグラフィティ「アポロ」
そういえばデビュー当時のポルノさんは今の私とそんなに変わらないんですね。年齢が。
この頃からファンだったらどうなってたんだろう。
ラジオももっと聴きたかったってのもあるし、若い時のメンバーをリアルタイムで知っときたかったというのもあるし。


1:51
昭仁「到着いたしました!代々木第一体育館。来ましたよー。東京はまだ小雨が降っております。
 今バレーやりよるけえフジテレビの中継車が止まってたりもするけど。
 でかいよねここは。人のライブを見に来た事ないよ考えてみたら。
 でかさのイメージはやってる時のイメージしかないみたいな事なんじゃけども。

 去年もやりましたけどね。その前にやったのは9年前か。
 Cuipidツアーでやったんだけど、ロイヤルストレートフラッシュの4daysでも言ったけど、
 9年前にやったツアーではアンケートが来てね。

 「代々木第一体育館は広いですね。まだまだ広く感じました。
 もっともっと会場を1つにするように頑張ってほしいです。
 この前Yellow Monkeyを観に行った時は吉井さんはこの会場を1つにしてましたよ。」

 というのがすっげえ心に残っとって。大きさに呑まれたと思うんですよ。
 代々木第一体育館、正面にお客さんがいないんですよ。
 プールの飛び込み台があって、前方が開けてるから余計に広く感じるんですよ。
 ロイヤルストレートフラッシュではリベンジみたいに言ったんですよ。

 2日目くらいにいったんかな?アンケート返ってきまして。
 その人がまた来てくれとったんですよ。

 「今回は見事にリベンジを果たせたんじゃないでしょうか?
 楽しませていただきました。」

 みたいなことでアンケート(咳)書いてきまして。
 それがめちゃくちゃ嬉しかったですね。9年越しといいますか。
 自分の中で気にかかってた悔しさを成就できたのは嬉しかったとそんな思い出があります。」

懐かしいなロイスー。
代々木第一体育館は初めて来た時、大きさも勿論だけど屋根の高さにびっくりしたよ。
ほんと、リベンジできて本当に良かったと思います。


1:57
IEを半端な大きさにしてるせいで、∠TRIGGER壁紙の昭仁さんと見つめあったままレポ書いてますw
メールテーマ。
「家の中の押入れです。小さい頃泣きたいときによく押入れの中に入ってました。
 たまに昔を思い出して懐かしいと思っています。」

 昭仁「ああいう狭い空間いいですね。押入れ。」
「カフェです。姉カップルと弟と私でパフェを食べに行ったのですが、弟がトイレに行ったときに姉カップルがキスをしました。
 どうすれば言いか分からずずっと見てました。変な気持ちでした。」

 昭仁「トラウマじゃないですかこれ。いい思い出じゃないでしょう。」
「ネスコです。イギリスでツアーに参加しました。説明中バスの中で爆酔していて船が出るところでした。
 大声で騒いで引き返してもらったのですが置き去りにされる所でした」

 昭仁「めちゃ怖いね。めちゃめちゃパニくるで。」
「沖縄の国際通りです。喋ったこともない好きな子に初めてアドレスをききました。
 今でも感傷的になる甘酸っぱい思い出です。」
2時を回りましたね。
 昭仁「なるほどね。(咳)ふられちゃったみたいな。すいませんね。」
「家のベランダです。恋人と夏に花火を見たからです。毎朝洗濯物を干すたびに思い出します。」
 昭仁「そんな思い出に残ることしちゃうから。消さずに時間が解決してくれますよ。」
「高校1年でアメリカ留学中、仕切りも何もなかった個室トイレです。
 剥き出しトイレに笑いが止まらず、300m離れた別のトイレに行きました」

 昭仁「NYで大きいほうを催しちゃって、ショッピングモール入ったのに探しても探しても詰まってるんです。
  待っても待っても出てきたのが日本人だったんです。漏らしてしまうとこでしたけどもね。」

「家の中のテレビと壁の間です。テレビの生暖かさが癖になってました。
 今は隙間風が通って暖かくなくなってしまいましたが。」

 昭仁「狭いところは分かるけどテレビと壁の隙間って、どういうことなんじゃろうね。」
「駄菓子屋の前の自販機です。小学生のとき間違えてコーヒーを買ってしまい、
 替えてくださいといったらすごい勢いで怒鳴られてトラウマです。」
ひっでえ。
 昭仁「いいじゃなくですか悪いことしてるわけじゃない。」
「近所の竹やぶで幻の白いトラを目撃しました。今も鮮明に覚えてます。」
 昭仁「何のお告げですか。何かいい事ありそうだね。」
♪ポルノグラフィティ「∠RECEIVER」
ライブで聴きたい、っていうか、目を閉じたら気分はライブ会場。


2:10
メールテーマ。
「1時間で色んな所行きましたね。
 東京は狭いんですか?道民としては信じられません。」

 昭仁「都心の西側ばかり行っとるからね。この時間空いてますよ。」
「昭仁さんの話を聴いてたら当時の風景が思い描けてきます。色んな思い出話を聞かせてくださいね。」
 昭仁「感想が来てますよ。」

昭仁「市谷近辺によく行くんですけど、この場所に来るのはおよそ10年ぶりくらいだと思います。
 通称黒ビルというところです。
 ソニーミュージックの音楽部門の象徴として、黒ビルですねー。
 今どうなってるか知らんけど、ラジオ聴いてる人いないかな?

 アミューズよりも先に黒ビルのほうが縁があるといいますか、
 最初ソニーと契約が決まったんですよ。プロダクション探しますと。
 アミューズに決まったのは97年の1月かな。
 畑中さんという名物マネージャーさんがおるからお世話してくれるよ、
 って言うんじゃけど4月くらいまで何の音沙汰もないんですよ。
 今忙しいからもうちょっと待ちなよって言われたんだけど、
 俺とTamaはテンション高くなって4月くらいにバイトやめてしもたんよ。
 半年間何にもしてなくてバイトで稼いだ金を食いつぶしてしまったんだけど。
 東京に遊びに来て一足早く黒ビルに来て、全員が知り合いで可愛がってもらって。
 その中には河合マイケルさんもおったりして。
 東京の人って面白いなみたいな、刺激を受けて何回も来ていた思い出があります。

 デビュー曲作ろうってプランが立ち、近くにスタジオがあったけど全然曲できんで。
 今思うと最悪ですよ。。曲ができませんでしたというのを平気で言ってて。でも危機感がなく。
 東京に慣れる事に必死で音楽活動が路頭に迷っとってね。
 考えてたらスタッフは頭を痛めてたと思いますよ。
 伊東ミキオさんがプロデュースをやってくれたりして。
 ずっと励まされつつ実はミキオさんも裏事情は知ってて、俺らがあまりにものほほんとしててケツは叩けないみたいな。
 伊東ミキオさんにもギター返さないけんな。借りパチして11年ですよ。」
ちょw
♪奥田民生さん「恋のかけら」


2:23
メール。
「昭仁さんが乗ってるラジオカーはどれくらい派手なんですか?」
 昭仁「何よりも派手です。ラブワゴンなんか目じゃないですよ。」
「昭仁さんニートしてたんですね。うちの兄ちゃんがニートですどうしたらいいですか?」
 昭仁「急遽相談メールですか。早まったなー。
  どうするつもりじゃったんだろうね。畑中さんにめっちゃ止められたもん。」


昭仁「武道館に来ております。九段下。1つの目指す場所なんじゃないかな。
 初めて武道館でやったのは2000年の6月7月だと思うな。ポカリスエットのイベントで出たんですよ。
 一緒に出たのがJUDY AND MARYとTRICERATOPS…もおったかな。

 ちょうどNYに行った時でそこから帰って来たんですよ。
 時差ぼけで声の調子が悪くて、帰って来た次の日だったと思うんですよ。
 すごく調子悪くて相当気合が入ってたのに上手くいかんかったんです。すごく悔しくて。
 次のレッスンのときにボイストレーナーの先生にすっごい怒られて。

 「観てる人には、昭仁くんの声が出ようが出まいが関係ない。
 あなたがライブを途中で投げちゃいかん」
って。
 俺途中で投げちゃったんです。間奏とかでいらいらしてマイクスタンド倒したりして。
 それって言い訳じゃないですか。何か見せ付けるみたいな。アラーム鳴ってますよw

 「プロとしてやるなら最後まで全うしなさい。最後まで来た人に敬意を払うのがプロだ」と言われて。
 心にガビーンじゃない、ズキューンですね。
 声が出なかったことは何回もあるけど、調子悪いのもプロとしては情けないけど、最後まで最低限のことはやろうと。
 武道館は客席もすごく近いし、ロックの神が宿るみたいな。何かが宿ってる気がしますね。」

え、どっち?どの曲??
ポカリ初披露の♪ポルノグラフィティ「サウダージ」。
私がポルノを気になりだしたきっかけの曲ですね。
この女性みたいに自分を見失わない強さを持ちたいものです。


2:35
昭仁さんが余りに咳き込むんで「咳 病気」で検索したら心配になってきた。

「昭仁さん今日放送局に帰ってこないんですか?ぎゅうぎゅうですか?」
 昭仁「ぎゅうぎゅうですね。がっつりにんにく食べてきたけど大丈夫ですか?」
「風景見れないのに昭仁さんの語りで浮かんでくるようでした。
 前進を強調されるけど振り返るのもいいなと思いました。1歩1歩進む大切さも感じました」

 昭仁「なるほどねー。」
「回るの早すぎませんか?昭仁さんスタジオで妄想してないですか?」妄想www
 昭仁「これで喋ってたらすごいですよ。これで番組持てますよね。」

昭仁「うっかり東京ドームの前来ました。
 この時間回ると狭いもんだね。それだけ混んでるということですな。

 11月28日にやりました。じわじわ来ると思いますやった感触というのは。4ヶ月くらいか。
 当初というか、「ポルノのライブって安定してるね」みたいに言われる事が多かったんです。
 皆さんの予想の範疇に嵌っているみたいな事なんかなと一瞬思ってね。
 思い切ったハードルの上げ方をしたらどうなるかやってみました。
 答えが何なのか先に分かることだけど、やったら何かできるもんかなと、
 ハードルをあげるのも必要だといういい機会だったと思いますね。

 サザンの東京ドーム初めて見た時は全っ然曲が分からんで。
 知ってる人でもマニアックだったなってくらい、すごいマニアックだったけど感動した。
 アルバム曲で勝負するサザンは凄いと思うし、
 東京ドームだからこそ型にはまらず挑戦するべき場所なんかなと思いますね。
 武道館に近い聖地と言うか、1つのオーラをまとった場所じゃないかと思うんですけどもね。」

サザンの後に見たドームライブから。♪エアロスミス「Cryin'」


2:46
昭仁「ニッポン放送に帰ってます。間に合いそうですか?」
ポルノ情報。あらBGMなし?
ごめんなさい、CDは多分届いてるんですが、25日まで帰れないんで聴けませんT_T
ラジオの負担がなくなる分ツアーは思いっきりやってくださいよ。
そうじゃなきゃ私達リスナーが浮かばれませんから。
昭仁「すごくトイレに行きたくなったなー。」もらすなよ。
♪ポルノグラフィティ「MONSTER」


2:54
もうこの時間か。これほど時間が過ぎてほしくない、終わってほしくないと思うのはライブくらいですよ。
この番組が終わってしまえば生で昭仁さんの声を聴く機会もほとんどなくなってしまいますね。寂しいな。

昭仁「ぴったり着きました。Mステ来週の金曜日です。」

「今日の放送は聴いていてとても和みました。
 今日はラジオカーだったためいつもより咳き込んでましたが大丈夫ですか?」

 昭仁「すいませんね。お聞き苦しい咳込みが続いて。」
「いつもと違う感じで面白かったです。行ってみたくなりました。
 来週の最終回はリスナーとしてはとても悲しいですが楽しみにしてます。」

 昭仁「嬉しいですね。」
「あきさんぽで忘れてませんか?ギャグはどうしましたか。」
 昭仁「ペロリンチョ?だめ?ごめん来週ちゃんとやりますんで」この調子じゃ復活まで持ち越しだなw

昭仁「何ヶ所回ったんか?話すこと一杯あるんだなって思いましたね。濃いというか。
歴史があるということを自分でも把握できましたしね。
デビューした後の激動の3~4年は色濃く残る3~4年だと思ってます。

来週はいよいよ最終回ですよ。湿っぽくならんように、ゆるくやりましょうか。
僕らしくやりましょう。楽しくやりますよ。」

また来週…って言うのはこれが最後ですね。
ギャグ噛みやがってwばいばいばーすノシ

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/03/24 05:37】 | ラジオレポ/岡野昭仁のANN
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。