いきもの、ポルノ、時々aiko。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論発表でバタバタしてて遅れてしまいました。すいませーん

1:00
こんぽるのー!
昭仁「寒いね!こwれはwww外の、東京有楽町の気温は2.9度!
 霙交じりみたいなことになって雪も見えるみたいなね。寒い日が続きますけどね。

 この番組を聴いてくれてる人の中には受験生もいると思うんですけど、体調崩してないですか?大丈夫ですか?僕はすこぶる元気ですよ。
 "瞳の奥をのぞかせて"がリリースになりまして。それにまつわる色々収録もしてきましたけども。絶賛プロモーション中でございますけどね。」


メールが来てます。
「アルバムとツアーの詳細が発表されましたね。タイトルがとてもかっこいいです。読めなくて英和辞典で必死に調べました。」TRIGGERが読めなかった大学生がここにw
「先日公式サイトで発表がされてから、待ち遠しくて仕方ありません。"∠"は何と読んだらいいんでしょうか?」

昭仁「アルバムは3月24日にリリース。8枚目のアルバムは"∠TRIGGER"というアルバムです。
 記号(∠)がついてるんですけど、それは特別読みません。一つのアイコンとしてしっくり来る感じになったので、つけてみたらかっこいいんじゃないかと言うことでつけました。
 "きっかけ"とか"引き金"みたいな意味なんですけども。
 ツアータイトルが"∠TARGET"ということで。"的"とかそんなことになるんですけども。

 アルバム曲を聴いてもらえるようになってから詳細を話したいと思うんですけど、オリジナルアルバムとしては2年8ヶ月くらいか。
 久しぶりと言うことで、その間に自分達の趣向や考え方がどんどん出てきたりして、意欲的な作品になったんじゃないかなと思っております。
 10年過ぎまして、その先に繋がるきっかけになったんじゃないかと言うことで"∠TRIGGER"というアルバム名にしたと言う事ですね。勿論他にも意味があるんですが。
 内容は…曲を聴いてもらったらわかるとは思うんですが。

 SWITCHツアー以来の全国のホールを回ると言う∠TARGETツアーが。今まで一番多い規模です。56公演あるんかな。行った事のない都市に沢山行きますよ。
 今回は第二都市と言われるような、県庁所在地の次に大きい街に行ったりもしようと思いますんで、どんな人が待ってくれてるか非常に楽しみですし。
 是非是非、僕たちの一つの核となるものはライブだと思ってますんで見てもらって何ぼかなっと思ってますんで。

 Mステ出たんですよ先週の金曜日。何かすごいですね。
 いいともが7000回スペシャル、タモさん繋がりの、タモさんって言っちゃった…タモリさん繋がりのミュージックステーションが1000回目と言うことで。
 47回目かな出演。20分の1に出させてもらってるんですけども」


Mステ感想。
「"瞳の奥をのぞかせて"TV初OA最高でした。昭仁さん胸に手を当てていましたが緊張していたんですか?具合が悪いのかと心配になりました。」
「とてもかっこよくて歌も素敵でした。いつもと違う声でしたが風邪引かれたんですか?
 オープニングに上着を羽織っていたり、歌い終わってからしばらくスタジオに戻られなかったりなんですけども大丈夫ですか?勘違いだったらすいません。」


昭仁「勘違いですよ!そういう風に思わしてしまうのが申し訳なかったですけど。
 友達にも「胸に手を当てて気持ち悪い」って言われたんです。あれね、違うんですよww
 イヤモニをして、歌うときに音を聴くためにそうするんですけど、そのイヤモニターががスイッチが入りっ放しだったので、すごかったですノイズが。
 本番で音が出なかったら大変じゃけえ、電源入れっぱなしだったのでノイズがすごくてガッサーっていってたんです。
 イヤモニターがちょうど胸のところに来とったけぇ腕で塞いでたという。おかしな感じになってましたね。気色の悪い感じになってましたねwww

 初めて歌う…収録では違う番組でやっとったけど、歌詞もMステに関しては3割バッターくらいですから歌詞の成功率が。最近のね。

 (しかも間違うのがことごとく晴一さんの歌詞ですから)
 今日はちゃんとしようと思ってたら、トークも出番がないなと思ってたんで、晴一が話すのは決まってたんで。
 そういう意味の気楽さと、歌を集中して歌わなきゃいけないなという…もっと笑顔を見せときゃよかったけど、そういう緊張感がありまして。
 Mステ出たら言われるよね。体調悪かったですかとか。全然そんなことないです。普段はめっちゃ暗い奴なんでwあれが素の僕と思ってくださいね。」

ラジオとポルノでスペシャルが重なりましたねー。
昭仁さんはいつから恋の仲介人になったんでしょうか?パワーマンwww
そして生歌。プレゼントもあるので最後まで聴けと。
でも現時点(1:10)で既に眠いです。
メールテーマは「ラジオでカミングアウトしちゃいます。」ギリギリ放送できる範囲でお願いしますとの事w
1曲目は「瞳の奥をのぞかせて」。


1:18
昭仁「今日は告白スペシャルをお送りしてるんですけども。そいつ…そいつ言うてしもうたねwその人を呼んでみたいと思います。」
と言うわけで若干の不安がありますがwパワーマン召還。
パワーマン「もしもしパワーマンです。」
 昭仁「完全にパワーマンですか?」
パワーマン「はい。お疲れ様です。」
 昭仁「お疲れ様です?あんまりパワーマンぽくないけども。」
パワーマン「パワーがすごく今感じてるんですけども、東京大神宮に来ています。」
 昭仁「大丈夫ですか?上がってないですかw?」
パワーマン「全く上がってませんよ。飯田橋のあたりになるんですけども。」
 昭仁「相当寒いって言う話をしたんですけども、寒いですか?」
パワーマン「オールナイトが始まったと同時位のときに雪が降り始めて。」
 昭仁「それはまた過酷なことになってますね。でもあなた何者ですか?」
パワーマン「完全にパワーマンで。正直、昨日オファーを受けまして。」
 昭仁「若干キャラも定まってないと言う。」
パワーマン「www軸は定まってますよ。リスナーの皆にパワーを渡していくと言う」
 昭仁「そういう大義名分がありますからね。」
パワーマン「誰もいない状態で。完全に閉まってる的な。警備員の方に不法侵入だよといわれて。距離あるんですけど。」 不法侵入www
 昭仁「でもパワースポットの近くにおってお裾分けしてくれるわけよね」
パワーマン「距離あってもパワーはかなりあります。空気が全然違うんですよ。」
 昭仁「何ぼのもんじゃいっていうのもありますけどwww成就するようなパワー送ってあげてください!」
パワーマン「ガチンコで送ります!」
 昭仁「昨日オファーを受けたとはいえwww」
パワーマン「そこは伏せといてください。次なるパワースポットに、パワーマンは1夜でどれだけスポットを回れるかと言う使命もありますので。」
掛け声?
ちょwww警備員さんが引いてるのは分かったwww
少し眠気が飛んだような飛んでないような。
パワーマンなんか怪しいぞ。昭仁さんを兄さん呼ばわりする辺りが。
昭仁「思ったより流暢にパワーマンやってますね。もうちょっと粘ってほしいですけども。」
リクエストテーマ「パワーな曲」。キュートさに昭仁さんがめっちゃ緊張して喋れなくなったYUKIさんの「うれしくって抱き合うよ」。


1:32
早速告白1人目。女の子。21歳のようこさん。学生。
 昭仁「ありがとね。よく勇気出してくれたよ。何で告白しようと思うたの?」
ようこ「理想が高くて、ドラマの"やまとなでしこ"みたいなロマンチックみたいな恋がしたくて、松島菜々子さんみたいになって中原欧介さんと結婚したいくらい現実離れしてるんですけど。」
 昭仁「やまとなでしこってキャビンアテンダントさんの話よね。堤真一さんが恋人役。ドラマのような恋と言うか、理想があるんじゃ。」
ようこ「はい、そうです。」
 昭仁「今まで告白したことあるの?」
ようこ「ないです。」
 昭仁「初めてかこの番組。君は偉いよ。ほんまに。相手はなんて名前なの?」
ようこ「山岸くん。」
 昭仁「山岸君は同級生?」
ようこ「そうです。」
 昭仁「どんな人なんですか?」
ようこ「優しくて、かっこいい。」 
 昭仁「有名人で例えると?」
ようこ「大沢たかおさん。」
 昭仁「相当な男前だねー。どこで出会ったの?」
ようこ「実習で同じグループになって、私が小道具、彼が音響を担当したんですけど、その状況が好きな映画のシュチュエーションそっくりで、運命だなと。」 ロマンチックすぎるwww
 昭仁「学校行事で触れ合うみたいなのたまらんね!ええなー学生に戻りたい。山岸くんは恋人とかおったりせんの?」
ようこ「いないと思うんですけど…。」
 昭仁「はっきりしてないんじゃ。でもそんな男前だったら結構もてるんじゃないの?」
ようこ「…ライバルがいました。」
 昭仁「明確な相手がおるわけね。恋敵が。」
ようこ「その子は冬休み映画に行って、彼バンドマンなんですけどライブに行ったらしいです。」 イケメンで優しくてバンドマンとかもてないほうがおかしいわ!
 昭仁「付き合ってるかどうか分からんもんね。学校が一緒なのに噂しか轟いてない訳だから、そんなそぶりじゃないんでしょ。」
ようこ「多分。」
 昭仁「じゃあ行けるよ!山岸くんの事どれくらい好きなの?」
ようこ「"松島菜々子になれるよ"と言われても断っちゃうくらい好きです。」
 昭仁「www複雑な凄さだけどね。俺も緊張してきたわー。ようこちゃんが明朗快活な子じゃけえ、テンションが上がってきたけど。」

電話繋がってます。
 昭仁「どうも初めましてこんぽるの。「ポルノグラフィティの岡野昭仁と申します。ラジオ聴いてましたか?」
山岸「途中からですが聴いてました。」
 昭仁「ようこちゃん、知ってますか?」
山岸「もちろん知ってます!」
 昭仁「なるほど!単刀直入に行きますよ。
  …さぁようこちゃん、気持ちを伝えてください!」

ようこ「山岸くんのことまだあまり知らないけど、メールが来たときはすごく嬉しくて、山岸君のことが好きです。私と付き合ってください。」
山岸「ごめんちょっと…すごく迷ってて考えてるんだけども今の段階では付き合うまでには行けないかなって思ってて。
 もっと話せばきっといい所とかも分かってくるから、今は友達からはじめたいと思います。」

ようこ「…はい。」 若干涙声じゃないかT_T
 昭仁「2人とも素晴らしいですよ。Yesと言う答えは返って来んかったけども、山岸くんはええ奴で。これは頑張りなさいっちゅうか、ええ男だと思うわ。誠実な。
  誰でもいいかみたいな奴だったらこんな事いいませんけど、君のことを真剣に考えとるけぇ、未来のことを考えとるけえ、気持ちを受け止めたけえそういう答えが返ってきた。
  2人とも素晴らしい。ちゃんと勇気出したよ!色々知りたい、コミュニケーションとって知っていくわけじゃけえ、今日がスタートですよ。
  ようこちゃんよく頑張ったね。明日からも頑張ってね。
  山岸くんもよろしくね。今日言ったことに嘘がないように。素晴らしい、誠実で今の時代には少ないいい男じゃね君は。」

山岸「ありがとうございます。」
2人ともお疲れ様でしたーノシ山岸くんいい子だったね。
昭仁「誠実な受け答えを聞いていい未来と言うか友達から始める友達になれる、男女として信頼関係が結べると言う、人生においてすげえでかいと思うよ。
 今日がスタートの日になりますからね。」



1:47
告白2人目。高1のなつみさん。
 昭仁「緊張してますか?大丈夫!パワーマンもパワーを送ってくれてるけぇ。」
なつみ「受け取りました。」
 昭仁「好きな人の名前はなんていうの?」
なつみ「わたる先輩です。」
 昭仁「先輩か。」
なつみ「1つ上の。」
 昭仁「1つ上の先輩なんじゃ。好きになったきっかけは?」
なつみ「最初は校舎の中で会って気になっていて、仲のいい先輩が仲を取り持ってくれて。アドレス聞くの手伝ってくれたりとか。」
 昭仁「なつみが先輩かっこいいなとか言ってたら。」
なつみ「気になってるんですって話をした時に協力してくれて、メールできるようになったんですけど。
 色々メールしてるうちに、バスケに一生懸命なところがいいなと思いました。」
 いいねーv青春だねーvv
 昭仁「なるほどねー。有名人で言うと何に似てるの?」
なつみ「顔が小さくて全体的にもこみちさんぽくて、顔がゾロに似てると思って。」
 昭仁「wwwなるほどw速水もこみちの顔の小ささを持つロロノア・ゾロでっか。剣豪じゃね。
  どれくらい好きですか?…あ、それは後でわたる先輩に言おうか。」
 
電話がつながってます
 昭仁「ポルノグラフィティの岡野昭仁と申しますけど。」
わたる「初めまして。」
 昭仁「バスケやっとんじゃ。ポジションは?」
わたる「フォワードです。」昭仁さん分かってないだろw私も微妙に分からないけど。(元バスケ部員)
 昭仁「ちょっと待っててね。さぁなつみ、いよいよその時がやってきたよ。頑張って告白してください。」
なつみ「まだ、お互いに関わりとかあまりないと思うんですけど、部活とか中途半端だった私が先輩がバスケやってるのを見て頑張ろうと思えて、すごく感謝していて。
 最初憧れだったんですけど、本気で好きになってました。良かったら付き合ってください」
 
 昭仁「わたる~…!」
わたる「あ…ありがとう。今緊張してあんまりちゃんとした言葉で言えるか分からないけど、結果としては今は無理かなっていう感じです。ごめんなさい。
 メールは沢山したけど実際に話したりとかまだしてなくて、まだお互い分かってないかなと言う感じで。
 最初は先輩後輩じゃなくて友達として付き合っていけたらなぁって思います。」
 
 昭仁「わたるくんありがとうね。なつみ、そういう答えが返ってきました。どうですか?」
なつみ「これからも応援したいと思います。」 
わたる「うん、ありがとう。」
 昭仁「2人ともありがとうね。わたるくんも誠意を持って答えてくれてありがとう。なつみ緊張してるの分かったわ。鼻息がすごいもんw (昭仁さんひでえww)
  でもよう言った。緊張する中だったけれども友達からってなったと言うことは先輩後輩が取れたわけじゃけえ、進歩じゃけえ。
  敬語なしで話したりとかさ、一つ気持ちを露にしたわけじゃけえ遠慮することはなくなったのよ。
  付き合うってことにはならんかったけども、もう1回友達から始める気持ちで、楽しく頑張ってみいよ。これから楽しくなる絶対。
  まぁわたるくんが誠実に答えてくれたから。今の子はすぐ付き合う付き合わないと言うことを言うかと思ったら、コミュニケーションをとってからという考えを持つ君らはえらいと思いますよ。
  仲良くしてね2人とも。ありがとう」

2人「ありがとうございましたー。」



2:00
聖恵ちゃんラジオのCMが。今からリクエストして間に合うかな?ってか2ちゃん実況の人性格悪っw
メール来てます。
「こっちがどきどきします。告白する人たちとても勇気があると思います。聴いてたら勇気が出てきました」
「とてもすごいなぁと思いました。好きな人と喋ることもできないのに、同じ恋をしてる女として尊敬します。」
「昭仁さん、なんだかお父さんみたいでした」
www
 昭仁「もしかしたら若干人の気持ちを弄んどるかなと思ったけど、この番組で告白する様子を聴いた人々が勇気付けられるんですよ。
 こういう図式があるから、この番組でぜひ愛を告白したいと言うコーナーは素晴らしいと思うんです。」


メールテーマ。
「胸の谷間で手を挟む事が好きなんです。」
 昭仁「いいですねぇ。こんなもん夜中に聴いてる男の子はどうしたらええんよ。」
「バルセロナが大好きだと言ってるけど、マドリードのほうが好きです」
 昭仁「マイナーですから。いい選手いっぱいいますけども。」
「オ○ニーを1日3回以上します」www
 昭仁「赤い玉出るで。」
「1日7回g行為できます」
 昭仁「赤い玉出るで。この2人にステッカーあげんから。」
「3週間ほどオ○ニーしてません」
 昭仁「溜めすぎも良くないみたいなこともありますんでね。」

後半戦にさしかかっと言うと言うことで、こんなところで生歌。最低なタイミングですねwww
昭仁「今日はポルノグラフィティの曲を歌おうかなと。自分達の曲生歌であまりやってないんですけども。
 今日は勇気を出して告白と言うことで、本当に勇気っていうことはねー…自分が勇気を出して前に出られれば、すごく世界が開けるんだけどけど中々一歩が踏み出せなくてもやもやしてるみたいな話も一杯あると思うんです。
 このご時勢だから色々な悩みもあると思うんですけども、一つきっかけを作って前へ進むと言うことは大事かなと思うんです。
 今日こうやって告白をして、すぐ恋は成就しなかったけど勇気を出して自分の世界が開けたと思う。これを聴いてリスナーの人も勇気をもらえたという。
 この行動と言うのは青臭いかも知れんけど、今の僕たちにとっては大事なことなんじゃないかと。
 僕たちの曲にもそのようなことを歌ってる曲があります。それは"ギフト"と言う曲です。この曲をリリースして皆さんから勇気付けられたと言う感想が返ってきたりして嬉しい思いもしました。
 それを今日は皆さんに届けたいと思います。」

と言うわけで、ポルノグラフィティ「ギフト」。
すごく…目頭が熱いです…。


2:12
忘れられた感のあるパワーマンについて。
「パワーマンさんの正体が気になります。会話を聴く限りでは面白そうな方ですね。招待を明かしてくださるのでしょうか?」
 昭仁「面白そうですかね。あまり思わなかったけどな。」
と言うわけでパワーマン再登場。
パワーマン「もしもしパワーマンです
 昭仁「面白そうな人というメールが来たよ。」
パワーマン「あながち間違ってないとおもいますけども。ありがたいですね。」
 昭仁「面白そうな人ということで自信を持ちましたね。」
パワーマン「ほめられて伸びるタイプなんで。」
 昭仁「wwwまさしく君はそうですよね。今どこにいるんですか?」
パワーマン「神田明神に来ています。目の前に大きい赤い鳥居がドカンと構えてまして。」
 昭仁「その奥に行くと境内があったりするんですかね。」
パワーマン「鳥居を通り過ぎると、大きい…神田明神が聳え立ってる感じが。」
 昭仁「www何か感じますか?」
パワーマン「人はいないんですけども、本当広いところで。おみくじがですね、獅子舞が選んでくれると言うおみくじがありまして。」
 昭仁「そうなんじゃ。獅子舞が選んでくれる。」
パワーマン「音聞こえますか?結構アナログちっくな。…獅子舞が口で拾ってくれるんですけども時間がかかってます。」
 昭仁「その間面白い話でつないでほしいな。」
パワーマン「兄さんちょっとハードル高いです。」
 昭仁「兄さんってw」
メール来てます。
「ちょっとキャラが設定されてない気がしますけども。皆さんにパワーあげてくださいね。」
「後輩ですか?寒いと思うけど頑張ってください」


 昭仁「寒いのは色んな意味がありますけどねwww
パワーマン「そんなこと言ってちょっと何か…」
 昭仁「おみくじはどうなったんよ。」
パワーマン「吉だったという。」
 昭仁「中途半端に行くねパワーマン。」
パワーマン「神田明神でおみくじ引いて、でもその時点で僕の中では大吉、皆に上げるパワーを感じてはいます。」
 昭仁「告白のあれ聴いた?たまらんね。今の若い子は捨てたもんじゃないね。」
パワーマン「僕個人は悔しいとも感じますし、パワーマンの力あげたいです。お賽銭しときます。」
パワーマン本当に頼みますよ!
というわけでパワーマンのリクエストはポルノ兄さんに次くらいのお勧めのバンド、ゴーストノート。

 昭仁「ボーカルが飲んだら家に帰ってくれないんですよ!ボーカルの大平って奴が呼び付けでですよ。
  オールナイトが終わって呼び付けてですよ、行って何されると思ったらちゅってやられて話終了みたいな。やめてほしいですね!
 おーちゃんかわいいw
パワーマン「それは怒っときます。」
さっき連絡とった所ハイポール3缶目に突入してる…嫌な予感。
と言うわけでゴーストノート「夢」。
パワーマンそろそろばれそうだぞwあ、曲はいいな。


2:26
ポルノ情報。うちのテレビ気まぐれだから映るかなー。
∠TRIGGERと∠TARGETって紛らわしいよねw
発売前にアルバム曲OAある?あるよね!?期待していいですか!!?期待しちゃうよ?
∠TARGETはポルノ史上最長5ヶ月44箇所56公演。
いきものも同規模のツアーがあるし、aikoは初のアリーナツアーだし(多分)、2010年もライブ三昧になるといいな。
いきものとれてないじゃんとか言わないでね(^ω^#)
ここでRainbow。これも勇気が出そうな曲。
∠TRIGGERも∠TARGETも面倒なので辞書登録しました。スペル間違ってないよね…?


2:35
告白3人目。3度目の正直なるか?男子?
22歳のひろきくん。大学生。

 昭仁「告白してみようと思ったの何で?」
ひろき「尋常じゃないくらいチキンでして。」
 昭仁「全然そんな感じじゃないけど?」
ひろき「今足がくがくで無理して声張り上げてる状態で。」
 昭仁「wwwそりゃ緊張するわな。ラジオに出てなおかつ告白すると言う。告白ってしたことあるの?」
ひろき「チキンなので初めてです」
 昭仁「好きな子の名前はなんていうの?」
ひろき「じゅんちゃんという子です。」 ちょw大学の同期くんと同じwww
 昭仁「どこで知り合ったの?」
ひろき「バイト先で知り合ったんですよ」
 昭仁「バイト先が一緒。どんな感じの子?」
ひろき「有名人で言うとほぼ新垣結衣みたいな。」
 昭仁「めちゃめちゃ可愛いじゃないか。どんなとこが好きなの?」
ひろき「働く姿が可愛くて仕方なかったのがきっかけですね。」
 昭仁「なるほどねぇー。バレンタインはどうだった?」
ひろき「じゅんちゃんからは貰えなかったんですけど、アピールしたいと思って逆チョコをあげたんですよ。」
 昭仁「このご時勢、流行りの逆チョコ。振りはできとんじゃ。そのときはどうだったの?」
ひろき「受けを狙ってあげてしまったので本気と言う事はばれてはないと思います。」
 昭仁「本気とは受け取られてないんじゃ。彼女も頭の片隅に覚悟してるかも知れんけぇね。どれくらい好きなん?」
ひろき「彼女には絶対に伝えられないんですけど。彼女のことを考えたらいきり立ってしまうくらい。」 …ちょw聴いてるぞwww
 昭仁「若干聴いてるかもしれないよ。まぁえっか。そこも込みで好きになってもらわんと。」

電話つながってます。
じゅん「はい、もしもし。」
 昭仁「溌剌としていいですね。おいくつですか。」
じゅん「20歳です。」
 昭仁「ひろきくんのことは知ってますか?」
じゅん「もちろん知ってますw」
 昭仁「ほぼガッキーに似てると言う。」
じゅん「そんなことはないです」
 昭仁「いやいやいやwwwひろきが言うんじゃけ間違いないよ。ちょと待ってねー。
   ひろき、チキン卒業しよう!」

ひろき「バレンタインに逆チョコを上げたときはウケ狙いっぽくあげちゃったんですけど、本当にじゅんちゃんのことが好きです。」
じゅん「…お願いします。」 きたあああああああああああ!!!
 昭仁「やったー!!やったね!ひろき!」

ひろき「嬉しいです!」
 昭仁「じゅんちゃん、ありがとう。いいと思ってたんじゃひろきの事を。」
じゅん「なんとなく…」
 昭仁「よかったなー嬉しいよね。ひろきどうよ?」
ひろき「めっちゃうれしいです。」
 昭仁「スタジオの外みんな叫んどったけえね。」
  じゅんちゃんありがとうねこの番組に救いをくれて。初デートはどこに行こう?」

ひろき「一度彼女とお台場に行きたいと思ってたんで一緒に生きたいなとw」
 昭仁「どうですかじゅんちゃん。」
じゅん「いいですね。」
 昭仁「お互い趣味は何なの?」
ひろき「本を読むのが好きで。完全にインドアですね。」
じゅん「映画が好きです。」
 昭仁「文科系で。いいじゃないですかw2人ともありがとう。仲良くやってください。」
2人「ありがとうございました。」


昭仁「うまく行くことも行かん事もある。上手く行かん事のほうが多いくらいですからこれは稀なケースかもしれませんけど。
 今まで何もできなかった奴が一歩進んでみるとこんないい事が待っているといういい事例ですから。」



2:46
メールテーマ。
「姉はブラジャーのサイズがCなのですが、本当はAサイズくらいでしたー!」ブラの秘密もはみ出さぬ恥じらいも♪
 昭仁「ということですかなるほどー。」
「3年前、大好きな先輩が家に泊まりに来て、勿論片思い。帰った後部屋の片づけをしていたら先輩が使った割り箸とペットボトルがあったので舐めちゃいました。」
 昭仁「女子もそんなことするんですよ。そういう関係なら他のとこなめるわな。」最低www
「授業中におならをしてしまったのに隣の席のゆうすけくんのせいにしてしまいました」
 昭仁「ものすごく飛び火ですね。一番恥ずかしい仕打ちですよ。」
「弟が好き過ぎて耳たぶをしゃぶりましたー」
 昭仁「まぁいいですよ。それだったら大丈夫です。」昭仁さん一体何されたんだ。


2:51
パワーマン帰ってきた。
昭仁「パワー蓄えてきた?」
パワーマン「すごくパワーいただきまして。以下にリスナーの方に伝わってるかが無性に気になります。」

メール来てます。
「パワーマン、やっぱりおーちゃんさんですね。兄さんと呼んだときに分かりました。夢、素敵な曲ですね。パワーと勇気もらえました。」
「児島よしおさんがパワーマンをすると思ってたのでびっくりしました。お笑い芸人でもないのに必死に笑いを取る姿に勇気をもらえました。」

あっさり正体がばれましたねwww

昭仁「さらっとカミングアウトしちゃいます。ゴーストノートのおーちゃん、大平が帰ってきてくれましたよ。
 …急に明かちょっとされた瞬間トーンダウンしたけど大丈夫?」

大平「パワーマンという立ち位置といいますか、凄く素敵な…パワーあげれるじゃないですか。完全にパワーマンですよ!」
昭仁「素のキャラと似てると言うこと?パワーマンの感じが。」
大平「あると言えばあるんですけど。」
昭仁「定期的にやっていく?またやりますか。ばらした上でパワーマンをやるwww?」
大平「兄さんとリスナーの皆さんに委ねたいなと。何だよパワーマンみたいなこともありうるじゃないですか。応えていただけるなら完全にパワーマンで行きます。」
昭仁「何も定まってない中、無理やり仕立て上げようとするのも可哀想な気もするんですけど。
 最近どうですかおーちゃんは。この前飲みましたね。男ばっかりで飲んだらあんなに大人しいんだねwww」

大平「女性の方いました?」
昭仁「3時に呼び出された時は事務所の人とはいえ、女性がいてテンション上がって俺にチューしたいみたいなことになって。
 こいつは飲んだら底なしのテンションが上がる奴だと思ってたけど、この前男ばかりで飲んだ時はエンジニアの坂田くんと大平と慎治この4人で飲んで。その大平しか知らんけぇさ。」

大平「電話で呼び出したにも拘らず、すごい酔っ払ってて。反省しまして。めっちゃ変ったと思います。」
昭仁「楽しくなると思ったので逆に普通すぎてもっと盛り上がれよみたいな。本当にハイボール飲んでるなこの野郎!」
大平「2本だけ…。」ちょっとじゃないwwwww

メール。

「今日は沢山勇気いただきました。今すぐにでも気持ちを伝えたいくらいで勇気をもらえました。」
「男子の告白と言うことで違うドキドキ感がありました。自分のことのように嬉しくなりました。」
「真夜中にもかかわらずやったーって叫んじゃいました。これも昭仁さんとパワーマンのおかげですね。」


昭仁「今の若い子は引っ込み事案で告白もメールでと思ってたらそうじゃないんじゃね。
 すぐ答えを出すかと思いきや、すごく慎重に考えて友達から始めましょうみたいな。」

大平「すごい気持ちだなと思いまして。」
昭仁「捨てたもんじゃないですよ。こういうのミュージシャンすごく勇気もらえるんですよね。歌を伝えて聴いた人がレスポンスしてくれるというのは基本じゃけね。」
おーちゃんありがとうねこんな番組につきあってくれて。また来週。ばいばいばーすノシ


追記を閉じる▲

1:00
こんぽるのー!
昭仁「寒いね!こwれはwww外の、東京有楽町の気温は2.9度!
 霙交じりみたいなことになって雪も見えるみたいなね。寒い日が続きますけどね。

 この番組を聴いてくれてる人の中には受験生もいると思うんですけど、体調崩してないですか?大丈夫ですか?僕はすこぶる元気ですよ。
 "瞳の奥をのぞかせて"がリリースになりまして。それにまつわる色々収録もしてきましたけども。絶賛プロモーション中でございますけどね。」


メールが来てます。
「アルバムとツアーの詳細が発表されましたね。タイトルがとてもかっこいいです。読めなくて英和辞典で必死に調べました。」TRIGGERが読めなかった大学生がここにw
「先日公式サイトで発表がされてから、待ち遠しくて仕方ありません。"∠"は何と読んだらいいんでしょうか?」

昭仁「アルバムは3月24日にリリース。8枚目のアルバムは"∠TRIGGER"というアルバムです。
 記号(∠)がついてるんですけど、それは特別読みません。一つのアイコンとしてしっくり来る感じになったので、つけてみたらかっこいいんじゃないかと言うことでつけました。
 "きっかけ"とか"引き金"みたいな意味なんですけども。
 ツアータイトルが"∠TARGET"ということで。"的"とかそんなことになるんですけども。

 アルバム曲を聴いてもらえるようになってから詳細を話したいと思うんですけど、オリジナルアルバムとしては2年8ヶ月くらいか。
 久しぶりと言うことで、その間に自分達の趣向や考え方がどんどん出てきたりして、意欲的な作品になったんじゃないかなと思っております。
 10年過ぎまして、その先に繋がるきっかけになったんじゃないかと言うことで"∠TRIGGER"というアルバム名にしたと言う事ですね。勿論他にも意味があるんですが。
 内容は…曲を聴いてもらったらわかるとは思うんですが。

 SWITCHツアー以来の全国のホールを回ると言う∠TARGETツアーが。今まで一番多い規模です。56公演あるんかな。行った事のない都市に沢山行きますよ。
 今回は第二都市と言われるような、県庁所在地の次に大きい街に行ったりもしようと思いますんで、どんな人が待ってくれてるか非常に楽しみですし。
 是非是非、僕たちの一つの核となるものはライブだと思ってますんで見てもらって何ぼかなっと思ってますんで。

 Mステ出たんですよ先週の金曜日。何かすごいですね。
 いいともが7000回スペシャル、タモさん繋がりの、タモさんって言っちゃった…タモリさん繋がりのミュージックステーションが1000回目と言うことで。
 47回目かな出演。20分の1に出させてもらってるんですけども」


Mステ感想。
「"瞳の奥をのぞかせて"TV初OA最高でした。昭仁さん胸に手を当てていましたが緊張していたんですか?具合が悪いのかと心配になりました。」
「とてもかっこよくて歌も素敵でした。いつもと違う声でしたが風邪引かれたんですか?
 オープニングに上着を羽織っていたり、歌い終わってからしばらくスタジオに戻られなかったりなんですけども大丈夫ですか?勘違いだったらすいません。」


昭仁「勘違いですよ!そういう風に思わしてしまうのが申し訳なかったですけど。
 友達にも「胸に手を当てて気持ち悪い」って言われたんです。あれね、違うんですよww
 イヤモニをして、歌うときに音を聴くためにそうするんですけど、そのイヤモニターががスイッチが入りっ放しだったので、すごかったですノイズが。
 本番で音が出なかったら大変じゃけえ、電源入れっぱなしだったのでノイズがすごくてガッサーっていってたんです。
 イヤモニターがちょうど胸のところに来とったけぇ腕で塞いでたという。おかしな感じになってましたね。気色の悪い感じになってましたねwww

 初めて歌う…収録では違う番組でやっとったけど、歌詞もMステに関しては3割バッターくらいですから歌詞の成功率が。最近のね。

 (しかも間違うのがことごとく晴一さんの歌詞ですから)
 今日はちゃんとしようと思ってたら、トークも出番がないなと思ってたんで、晴一が話すのは決まってたんで。
 そういう意味の気楽さと、歌を集中して歌わなきゃいけないなという…もっと笑顔を見せときゃよかったけど、そういう緊張感がありまして。
 Mステ出たら言われるよね。体調悪かったですかとか。全然そんなことないです。普段はめっちゃ暗い奴なんでwあれが素の僕と思ってくださいね。」

ラジオとポルノでスペシャルが重なりましたねー。
昭仁さんはいつから恋の仲介人になったんでしょうか?パワーマンwww
そして生歌。プレゼントもあるので最後まで聴けと。
でも現時点(1:10)で既に眠いです。
メールテーマは「ラジオでカミングアウトしちゃいます。」ギリギリ放送できる範囲でお願いしますとの事w
1曲目は「瞳の奥をのぞかせて」。


1:18
昭仁「今日は告白スペシャルをお送りしてるんですけども。そいつ…そいつ言うてしもうたねwその人を呼んでみたいと思います。」
と言うわけで若干の不安がありますがwパワーマン召還。
パワーマン「もしもしパワーマンです。」
 昭仁「完全にパワーマンですか?」
パワーマン「はい。お疲れ様です。」
 昭仁「お疲れ様です?あんまりパワーマンぽくないけども。」
パワーマン「パワーがすごく今感じてるんですけども、東京大神宮に来ています。」
 昭仁「大丈夫ですか?上がってないですかw?」
パワーマン「全く上がってませんよ。飯田橋のあたりになるんですけども。」
 昭仁「相当寒いって言う話をしたんですけども、寒いですか?」
パワーマン「オールナイトが始まったと同時位のときに雪が降り始めて。」
 昭仁「それはまた過酷なことになってますね。でもあなた何者ですか?」
パワーマン「完全にパワーマンで。正直、昨日オファーを受けまして。」
 昭仁「若干キャラも定まってないと言う。」
パワーマン「www軸は定まってますよ。リスナーの皆にパワーを渡していくと言う」
 昭仁「そういう大義名分がありますからね。」
パワーマン「誰もいない状態で。完全に閉まってる的な。警備員の方に不法侵入だよといわれて。距離あるんですけど。」 不法侵入www
 昭仁「でもパワースポットの近くにおってお裾分けしてくれるわけよね」
パワーマン「距離あってもパワーはかなりあります。空気が全然違うんですよ。」
 昭仁「何ぼのもんじゃいっていうのもありますけどwww成就するようなパワー送ってあげてください!」
パワーマン「ガチンコで送ります!」
 昭仁「昨日オファーを受けたとはいえwww」
パワーマン「そこは伏せといてください。次なるパワースポットに、パワーマンは1夜でどれだけスポットを回れるかと言う使命もありますので。」
掛け声?
ちょwww警備員さんが引いてるのは分かったwww
少し眠気が飛んだような飛んでないような。
パワーマンなんか怪しいぞ。昭仁さんを兄さん呼ばわりする辺りが。
昭仁「思ったより流暢にパワーマンやってますね。もうちょっと粘ってほしいですけども。」

リクエストテーマ「パワーな曲」。キュートさに昭仁さんがめっちゃ緊張して喋れなくなったYUKIさんの「うれしくって抱き合うよ」。


1:32
早速告白1人目。女の子。21歳のようこさん。学生。
 昭仁「ありがとね。よく勇気出してくれたよ。何で告白しようと思うたの?」
ようこ「理想が高くて、ドラマの"やまとなでしこ"みたいなロマンチックみたいな恋がしたくて、松島菜々子さんみたいになって中原欧介さんと結婚したいくらい現実離れしてるんですけど。」
 昭仁「やまとなでしこってキャビンアテンダントさんの話よね。堤真一さんが恋人役。ドラマのような恋と言うか、理想があるんじゃ。」
ようこ「はい、そうです。」
 昭仁「今まで告白したことあるの?」
ようこ「ないです。」
 昭仁「初めてかこの番組。君は偉いよ。ほんまに。相手はなんて名前なの?」
ようこ「山岸くん。」
 昭仁「山岸君は同級生?」
ようこ「そうです。」
 昭仁「どんな人なんですか?」
ようこ「優しくて、かっこいい。」 
 昭仁「有名人で例えると?」
ようこ「大沢たかおさん。」
 昭仁「相当な男前だねー。どこで出会ったの?」
ようこ「実習で同じグループになって、私が小道具、彼が音響を担当したんですけど、その状況が好きな映画のシュチュエーションそっくりで、運命だなと。」 ロマンチックすぎるwww
 昭仁「学校行事で触れ合うみたいなのたまらんね!ええなー学生に戻りたい。山岸くんは恋人とかおったりせんの?」
ようこ「いないと思うんですけど…。」
 昭仁「はっきりしてないんじゃ。でもそんな男前だったら結構もてるんじゃないの?」
ようこ「…ライバルがいました。」
 昭仁「明確な相手がおるわけね。恋敵が。」
ようこ「その子は冬休み映画に行って、彼バンドマンなんですけどライブに行ったらしいです。」 イケメンで優しくてバンドマンとかもてないほうがおかしいわ!
 昭仁「付き合ってるかどうか分からんもんね。学校が一緒なのに噂しか轟いてない訳だから、そんなそぶりじゃないんでしょ。」
ようこ「多分。」
 昭仁「じゃあ行けるよ!山岸くんの事どれくらい好きなの?」
ようこ「"松島菜々子になれるよ"と言われても断っちゃうくらい好きです。」
 昭仁「www複雑な凄さだけどね。俺も緊張してきたわー。ようこちゃんが明朗快活な子じゃけえ、テンションが上がってきたけど。」

電話繋がってます。
 昭仁「どうも初めましてこんぽるの。「ポルノグラフィティの岡野昭仁と申します。ラジオ聴いてましたか?」
山岸「途中からですが聴いてました。」
 昭仁「ようこちゃん、知ってますか?」
山岸「もちろん知ってます!」
 昭仁「なるほど!単刀直入に行きますよ。
  …さぁようこちゃん、気持ちを伝えてください!」

ようこ「山岸くんのことまだあまり知らないけど、メールが来たときはすごく嬉しくて、山岸君のことが好きです。私と付き合ってください。」
山岸「ごめんちょっと…すごく迷ってて考えてるんだけども今の段階では付き合うまでには行けないかなって思ってて。
 もっと話せばきっといい所とかも分かってくるから、今は友達からはじめたいと思います。」

ようこ「…はい。」 若干涙声じゃないかT_T
 昭仁「2人とも素晴らしいですよ。Yesと言う答えは返って来んかったけども、山岸くんはええ奴で。これは頑張りなさいっちゅうか、ええ男だと思うわ。誠実な。
  誰でもいいかみたいな奴だったらこんな事いいませんけど、君のことを真剣に考えとるけぇ、未来のことを考えとるけえ、気持ちを受け止めたけえそういう答えが返ってきた。
  2人とも素晴らしい。ちゃんと勇気出したよ!色々知りたい、コミュニケーションとって知っていくわけじゃけえ、今日がスタートですよ。
  ようこちゃんよく頑張ったね。明日からも頑張ってね。
  山岸くんもよろしくね。今日言ったことに嘘がないように。素晴らしい、誠実で今の時代には少ないいい男じゃね君は。」

山岸「ありがとうございます。」
2人ともお疲れ様でしたーノシ山岸くんいい子だったね。
昭仁「誠実な受け答えを聞いていい未来と言うか友達から始める友達になれる、男女として信頼関係が結べると言う、人生においてすげえでかいと思うよ。
 今日がスタートの日になりますからね。」



1:47
告白2人目。高1のなつみさん。
 昭仁「緊張してますか?大丈夫!パワーマンもパワーを送ってくれてるけぇ。」
なつみ「受け取りました。」
 昭仁「好きな人の名前はなんていうの?」
なつみ「わたる先輩です。」
 昭仁「先輩か。」
なつみ「1つ上の。」
 昭仁「1つ上の先輩なんじゃ。好きになったきっかけは?」
なつみ「最初は校舎の中で会って気になっていて、仲のいい先輩が仲を取り持ってくれて。アドレス聞くの手伝ってくれたりとか。」
 昭仁「なつみが先輩かっこいいなとか言ってたら。」
なつみ「気になってるんですって話をした時に協力してくれて、メールできるようになったんですけど。
 色々メールしてるうちに、バスケに一生懸命なところがいいなと思いました。」
 いいねーv青春だねーvv
 昭仁「なるほどねー。有名人で言うと何に似てるの?」
なつみ「顔が小さくて全体的にもこみちさんぽくて、顔がゾロに似てると思って。」
 昭仁「wwwなるほどw速水もこみちの顔の小ささを持つロロノア・ゾロでっか。剣豪じゃね。
  どれくらい好きですか?…あ、それは後でわたる先輩に言おうか。」
 
電話がつながってます
 昭仁「ポルノグラフィティの岡野昭仁と申しますけど。」
わたる「初めまして。」
 昭仁「バスケやっとんじゃ。ポジションは?」
わたる「フォワードです。」昭仁さん分かってないだろw私も微妙に分からないけど。(元バスケ部員)
 昭仁「ちょっと待っててね。さぁなつみ、いよいよその時がやってきたよ。頑張って告白してください。」
なつみ「まだ、お互いに関わりとかあまりないと思うんですけど、部活とか中途半端だった私が先輩がバスケやってるのを見て頑張ろうと思えて、すごく感謝していて。
 最初憧れだったんですけど、本気で好きになってました。良かったら付き合ってください」
 
 昭仁「わたる~…!」
わたる「あ…ありがとう。今緊張してあんまりちゃんとした言葉で言えるか分からないけど、結果としては今は無理かなっていう感じです。ごめんなさい。
 メールは沢山したけど実際に話したりとかまだしてなくて、まだお互い分かってないかなと言う感じで。
 最初は先輩後輩じゃなくて友達として付き合っていけたらなぁって思います。」
 
 昭仁「わたるくんありがとうね。なつみ、そういう答えが返ってきました。どうですか?」
なつみ「これからも応援したいと思います。」 
わたる「うん、ありがとう。」
 昭仁「2人ともありがとうね。わたるくんも誠意を持って答えてくれてありがとう。なつみ緊張してるの分かったわ。鼻息がすごいもんw (昭仁さんひでえww)
  でもよう言った。緊張する中だったけれども友達からってなったと言うことは先輩後輩が取れたわけじゃけえ、進歩じゃけえ。
  敬語なしで話したりとかさ、一つ気持ちを露にしたわけじゃけえ遠慮することはなくなったのよ。
  付き合うってことにはならんかったけども、もう1回友達から始める気持ちで、楽しく頑張ってみいよ。これから楽しくなる絶対。
  まぁわたるくんが誠実に答えてくれたから。今の子はすぐ付き合う付き合わないと言うことを言うかと思ったら、コミュニケーションをとってからという考えを持つ君らはえらいと思いますよ。
  仲良くしてね2人とも。ありがとう」

2人「ありがとうございましたー。」



2:00
聖恵ちゃんラジオのCMが。今からリクエストして間に合うかな?ってか2ちゃん実況の人性格悪っw
メール来てます。
「こっちがどきどきします。告白する人たちとても勇気があると思います。聴いてたら勇気が出てきました」
「とてもすごいなぁと思いました。好きな人と喋ることもできないのに、同じ恋をしてる女として尊敬します。」
「昭仁さん、なんだかお父さんみたいでした」
www
 昭仁「もしかしたら若干人の気持ちを弄んどるかなと思ったけど、この番組で告白する様子を聴いた人々が勇気付けられるんですよ。
 こういう図式があるから、この番組でぜひ愛を告白したいと言うコーナーは素晴らしいと思うんです。」


メールテーマ。
「胸の谷間で手を挟む事が好きなんです。」
 昭仁「いいですねぇ。こんなもん夜中に聴いてる男の子はどうしたらええんよ。」
「バルセロナが大好きだと言ってるけど、マドリードのほうが好きです」
 昭仁「マイナーですから。いい選手いっぱいいますけども。」
「オ○ニーを1日3回以上します」www
 昭仁「赤い玉出るで。」
「1日7回g行為できます」
 昭仁「赤い玉出るで。この2人にステッカーあげんから。」
「3週間ほどオ○ニーしてません」
 昭仁「溜めすぎも良くないみたいなこともありますんでね。」

後半戦にさしかかっと言うと言うことで、こんなところで生歌。最低なタイミングですねwww
昭仁「今日はポルノグラフィティの曲を歌おうかなと。自分達の曲生歌であまりやってないんですけども。
 今日は勇気を出して告白と言うことで、本当に勇気っていうことはねー…自分が勇気を出して前に出られれば、すごく世界が開けるんだけどけど中々一歩が踏み出せなくてもやもやしてるみたいな話も一杯あると思うんです。
 このご時勢だから色々な悩みもあると思うんですけども、一つきっかけを作って前へ進むと言うことは大事かなと思うんです。
 今日こうやって告白をして、すぐ恋は成就しなかったけど勇気を出して自分の世界が開けたと思う。これを聴いてリスナーの人も勇気をもらえたという。
 この行動と言うのは青臭いかも知れんけど、今の僕たちにとっては大事なことなんじゃないかと。
 僕たちの曲にもそのようなことを歌ってる曲があります。それは"ギフト"と言う曲です。この曲をリリースして皆さんから勇気付けられたと言う感想が返ってきたりして嬉しい思いもしました。
 それを今日は皆さんに届けたいと思います。」

と言うわけで、ポルノグラフィティ「ギフト」。
すごく…目頭が熱いです…。


2:12
忘れられた感のあるパワーマンについて。
「パワーマンさんの正体が気になります。会話を聴く限りでは面白そうな方ですね。招待を明かしてくださるのでしょうか?」
 昭仁「面白そうですかね。あまり思わなかったけどな。」
と言うわけでパワーマン再登場。
パワーマン「もしもしパワーマンです
 昭仁「面白そうな人というメールが来たよ。」
パワーマン「あながち間違ってないとおもいますけども。ありがたいですね。」
 昭仁「面白そうな人ということで自信を持ちましたね。」
パワーマン「ほめられて伸びるタイプなんで。」
 昭仁「wwwまさしく君はそうですよね。今どこにいるんですか?」
パワーマン「神田明神に来ています。目の前に大きい赤い鳥居がドカンと構えてまして。」
 昭仁「その奥に行くと境内があったりするんですかね。」
パワーマン「鳥居を通り過ぎると、大きい…神田明神が聳え立ってる感じが。」
 昭仁「www何か感じますか?」
パワーマン「人はいないんですけども、本当広いところで。おみくじがですね、獅子舞が選んでくれると言うおみくじがありまして。」
 昭仁「そうなんじゃ。獅子舞が選んでくれる。」
パワーマン「音聞こえますか?結構アナログちっくな。…獅子舞が口で拾ってくれるんですけども時間がかかってます。」
 昭仁「その間面白い話でつないでほしいな。」
パワーマン「兄さんちょっとハードル高いです。」
 昭仁「兄さんってw」
メール来てます。
「ちょっとキャラが設定されてない気がしますけども。皆さんにパワーあげてくださいね。」
「後輩ですか?寒いと思うけど頑張ってください」


 昭仁「寒いのは色んな意味がありますけどねwww
パワーマン「そんなこと言ってちょっと何か…」
 昭仁「おみくじはどうなったんよ。」
パワーマン「吉だったという。」
 昭仁「中途半端に行くねパワーマン。」
パワーマン「神田明神でおみくじ引いて、でもその時点で僕の中では大吉、皆に上げるパワーを感じてはいます。」
 昭仁「告白のあれ聴いた?たまらんね。今の若い子は捨てたもんじゃないね。」
パワーマン「僕個人は悔しいとも感じますし、パワーマンの力あげたいです。お賽銭しときます。」
パワーマン本当に頼みますよ!
というわけでパワーマンのリクエストはポルノ兄さんに次くらいのお勧めのバンド、ゴーストノート。

 昭仁「ボーカルが飲んだら家に帰ってくれないんですよ!ボーカルの大平って奴が呼び付けでですよ。
  オールナイトが終わって呼び付けてですよ、行って何されると思ったらちゅってやられて話終了みたいな。やめてほしいですね!
 おーちゃんかわいいw
パワーマン「それは怒っときます。」
さっき連絡とった所ハイポール3缶目に突入してる…嫌な予感。
と言うわけでゴーストノート「夢」。
パワーマンそろそろばれそうだぞwあ、曲はいいな。


2:26
ポルノ情報。うちのテレビ気まぐれだから映るかなー。
∠TRIGGERと∠TARGETって紛らわしいよねw
発売前にアルバム曲OAある?あるよね!?期待していいですか!!?期待しちゃうよ?
∠TARGETはポルノ史上最長5ヶ月44箇所56公演。
いきものも同規模のツアーがあるし、aikoは初のアリーナツアーだし(多分)、2010年もライブ三昧になるといいな。
いきものとれてないじゃんとか言わないでね(^ω^#)
ここでRainbow。これも勇気が出そうな曲。
∠TRIGGERも∠TARGETも面倒なので辞書登録しました。スペル間違ってないよね…?


2:35
告白3人目。3度目の正直なるか?男子?
22歳のひろきくん。大学生。

 昭仁「告白してみようと思ったの何で?」
ひろき「尋常じゃないくらいチキンでして。」
 昭仁「全然そんな感じじゃないけど?」
ひろき「今足がくがくで無理して声張り上げてる状態で。」
 昭仁「wwwそりゃ緊張するわな。ラジオに出てなおかつ告白すると言う。告白ってしたことあるの?」
ひろき「チキンなので初めてです」
 昭仁「好きな子の名前はなんていうの?」
ひろき「じゅんちゃんという子です。」 ちょw大学の同期くんと同じwww
 昭仁「どこで知り合ったの?」
ひろき「バイト先で知り合ったんですよ」
 昭仁「バイト先が一緒。どんな感じの子?」
ひろき「有名人で言うとほぼ新垣結衣みたいな。」
 昭仁「めちゃめちゃ可愛いじゃないか。どんなとこが好きなの?」
ひろき「働く姿が可愛くて仕方なかったのがきっかけですね。」
 昭仁「なるほどねぇー。バレンタインはどうだった?」
ひろき「じゅんちゃんからは貰えなかったんですけど、アピールしたいと思って逆チョコをあげたんですよ。」
 昭仁「このご時勢、流行りの逆チョコ。振りはできとんじゃ。そのときはどうだったの?」
ひろき「受けを狙ってあげてしまったので本気と言う事はばれてはないと思います。」
 昭仁「本気とは受け取られてないんじゃ。彼女も頭の片隅に覚悟してるかも知れんけぇね。どれくらい好きなん?」
ひろき「彼女には絶対に伝えられないんですけど。彼女のことを考えたらいきり立ってしまうくらい。」 …ちょw聴いてるぞwww
 昭仁「若干聴いてるかもしれないよ。まぁえっか。そこも込みで好きになってもらわんと。」

電話つながってます。
じゅん「はい、もしもし。」
 昭仁「溌剌としていいですね。おいくつですか。」
じゅん「20歳です。」
 昭仁「ひろきくんのことは知ってますか?」
じゅん「もちろん知ってますw」
 昭仁「ほぼガッキーに似てると言う。」
じゅん「そんなことはないです」
 昭仁「いやいやいやwwwひろきが言うんじゃけ間違いないよ。ちょと待ってねー。
   ひろき、チキン卒業しよう!」

ひろき「バレンタインに逆チョコを上げたときはウケ狙いっぽくあげちゃったんですけど、本当にじゅんちゃんのことが好きです。」
じゅん「…お願いします。」 きたあああああああああああ!!!
 昭仁「やったー!!やったね!ひろき!」

ひろき「嬉しいです!」
 昭仁「じゅんちゃん、ありがとう。いいと思ってたんじゃひろきの事を。」
じゅん「なんとなく…」
 昭仁「よかったなー嬉しいよね。ひろきどうよ?」
ひろき「めっちゃうれしいです。」
 昭仁「スタジオの外みんな叫んどったけえね。」
  じゅんちゃんありがとうねこの番組に救いをくれて。初デートはどこに行こう?」

ひろき「一度彼女とお台場に行きたいと思ってたんで一緒に生きたいなとw」
 昭仁「どうですかじゅんちゃん。」
じゅん「いいですね。」
 昭仁「お互い趣味は何なの?」
ひろき「本を読むのが好きで。完全にインドアですね。」
じゅん「映画が好きです。」
 昭仁「文科系で。いいじゃないですかw2人ともありがとう。仲良くやってください。」
2人「ありがとうございました。」


昭仁「うまく行くことも行かん事もある。上手く行かん事のほうが多いくらいですからこれは稀なケースかもしれませんけど。
 今まで何もできなかった奴が一歩進んでみるとこんないい事が待っているといういい事例ですから。」



2:46
メールテーマ。
「姉はブラジャーのサイズがCなのですが、本当はAサイズくらいでしたー!」ブラの秘密もはみ出さぬ恥じらいも♪
 昭仁「ということですかなるほどー。」
「3年前、大好きな先輩が家に泊まりに来て、勿論片思い。帰った後部屋の片づけをしていたら先輩が使った割り箸とペットボトルがあったので舐めちゃいました。」
 昭仁「女子もそんなことするんですよ。そういう関係なら他のとこなめるわな。」最低www
「授業中におならをしてしまったのに隣の席のゆうすけくんのせいにしてしまいました」
 昭仁「ものすごく飛び火ですね。一番恥ずかしい仕打ちですよ。」
「弟が好き過ぎて耳たぶをしゃぶりましたー」
 昭仁「まぁいいですよ。それだったら大丈夫です。」昭仁さん一体何されたんだ。


2:51
パワーマン帰ってきた。
昭仁「パワー蓄えてきた?」
パワーマン「すごくパワーいただきまして。以下にリスナーの方に伝わってるかが無性に気になります。」

メール来てます。
「パワーマン、やっぱりおーちゃんさんですね。兄さんと呼んだときに分かりました。夢、素敵な曲ですね。パワーと勇気もらえました。」
「児島よしおさんがパワーマンをすると思ってたのでびっくりしました。お笑い芸人でもないのに必死に笑いを取る姿に勇気をもらえました。」

あっさり正体がばれましたねwww

昭仁「さらっとカミングアウトしちゃいます。ゴーストノートのおーちゃん、大平が帰ってきてくれましたよ。
 …急に明かちょっとされた瞬間トーンダウンしたけど大丈夫?」

大平「パワーマンという立ち位置といいますか、凄く素敵な…パワーあげれるじゃないですか。完全にパワーマンですよ!」
昭仁「素のキャラと似てると言うこと?パワーマンの感じが。」
大平「あると言えばあるんですけど。」
昭仁「定期的にやっていく?またやりますか。ばらした上でパワーマンをやるwww?」
大平「兄さんとリスナーの皆さんに委ねたいなと。何だよパワーマンみたいなこともありうるじゃないですか。応えていただけるなら完全にパワーマンで行きます。」
昭仁「何も定まってない中、無理やり仕立て上げようとするのも可哀想な気もするんですけど。
 最近どうですかおーちゃんは。この前飲みましたね。男ばっかりで飲んだらあんなに大人しいんだねwww」

大平「女性の方いました?」
昭仁「3時に呼び出された時は事務所の人とはいえ、女性がいてテンション上がって俺にチューしたいみたいなことになって。
 こいつは飲んだら底なしのテンションが上がる奴だと思ってたけど、この前男ばかりで飲んだ時はエンジニアの坂田くんと大平と慎治この4人で飲んで。その大平しか知らんけぇさ。」

大平「電話で呼び出したにも拘らず、すごい酔っ払ってて。反省しまして。めっちゃ変ったと思います。」
昭仁「楽しくなると思ったので逆に普通すぎてもっと盛り上がれよみたいな。本当にハイボール飲んでるなこの野郎!」
大平「2本だけ…。」ちょっとじゃないwwwww

メール。

「今日は沢山勇気いただきました。今すぐにでも気持ちを伝えたいくらいで勇気をもらえました。」
「男子の告白と言うことで違うドキドキ感がありました。自分のことのように嬉しくなりました。」
「真夜中にもかかわらずやったーって叫んじゃいました。これも昭仁さんとパワーマンのおかげですね。」


昭仁「今の若い子は引っ込み事案で告白もメールでと思ってたらそうじゃないんじゃね。
 すぐ答えを出すかと思いきや、すごく慎重に考えて友達から始めましょうみたいな。」

大平「すごい気持ちだなと思いまして。」
昭仁「捨てたもんじゃないですよ。こういうのミュージシャンすごく勇気もらえるんですよね。歌を伝えて聴いた人がレスポンスしてくれるというのは基本じゃけね。」
おーちゃんありがとうねこんな番組につきあってくれて。また来週。ばいばいばーすノシ

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2010/02/17 20:57】 | ラジオレポ/岡野昭仁のANN
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。