いきもの、ポルノ、時々aiko。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月28日、忘れられない1日になったあの日の出来事。
 中編
 後編
■グッズレビュー
今回のグッズは「和」を意識したデザイン。
発表された時は「だっせー!」と思ってたのに見慣れるとカラフルで可愛い。ポルノマジック?
今回買ったのは
ポルノT:Pumaとコラボした今回のポルT、後ろから見ると尻尾がめっちゃ可愛い!!
 さらっとした着心地もGood。ポルノって入ってなければ汎用性高そうw
 首のタグの下に「Tokyo romance porno09’~Days of love and youth」って入ってて、ポルノチームのこだわりを感じます。
スカジャン:背中の刺繍は本格的。素材はナイロンで、つるつるした手触りがとっても心地よいです。結構薄いけど風を通さないので着こなし次第で長く着れるかも。
WAバッグ:フェルト製。形だけ見ると可愛いけど実は座布団大で遠くからでもすぐ分かります。ドーム前は一種異様な光景でした…。(=バッグとしては使えねえw)
チケットホルダー:チケット入れる場所は結構大きめ。キーホルダーやストラップが付いているのも嬉しい。
 リールの部分が綺麗で、これからのライブでも使っていこうと思います。らばっぱーになったら会員ストラップぶら下げてやるw
タオル:値段の割には薄いような気がしないでもないですが、手触りは抜群。毎日頬ずりしたいですw
  色もカラフルでなんだか使うのがもったいない。
メモリアルフラッグ:広げるとめっちゃでかいw部屋の出入り口の目隠し的なカーテンにしたのですが、引き戸を空けた瞬間フラッグ!というのが慣れなくて未だにびっくりしちゃう。
USBメモリ:サイトのイラストを見て買ったら、ゴム製で思ったより可愛くなくてがっかり。
 でもおまけで入っていたコンテンツの壁紙・時計・アイコンには大満足。時計は0分にお花が降ってくる仕掛けがとっても素敵です*^_^*
ブックレット:通販の特典。デザインも可愛いしパンフ的なものかな…と思いきや手のひらサイズ!あまりにもしょぼくてがっかりでした…

おまけ:買えなかったどら焼き
販売1時間で売り切れなんて聞いてねえよ畜生\(^o^)/いいもん仙台のどら焼きのほうが安くておいしいもん…


■全体的な感想
<メンバー>
昭仁さん:
 服装は黒のスーツとネクタイ(ちょっと緩めてるのが何か色っぽい)、白のカッターシャツ。Rainbowから上着を脱いでいました。アンコールはポルT。あごひげなし。
 髪型は黒髪のストパーでちょっとhage…いや短くなってました。顔ちょっと丸かったけど気になる程ではなかったです。
 声はもう本当に絶好調で高いキーも難なく歌い、最後までほぼ枯れませんでした。
 去年まで散々泣かされた歌詞間違いもアニマロッサでちょっと飛んで、ジレンマで教えてやらんわー!を2回やった程度。(間違いかけは何度かありましたがw)
 ライブパフォーマンスは映像化しないもんだからもう本当にやりたい放題。見てるこっちがきゅんきゅんしてドキドキして時に赤面してしまいました。
 (テーマソングはaikoの「猫」だろうなぁ…ポルノの曲じゃないけど。ネジが外れてる?前日寝られなかったせいにしてください^^;)
晴一さん:
 服装は赤チェックシャツに白のポロシャツ、黒のズボン(むらっさきの衣装にそっくり)。Rainbowからエンジのシャツに黒のTシャツ。アンコールはロゴT。
 髪型は赤錆色のふわふわパーマ。「実験に失敗した人」は多分禁句です。
 ギターのことは良く知らないけど、聴いててとても心地よい音色…はいつものことだけど、さらに強くそう思いました。ミスもこよつきのソロを除いてほとんどなかったと思うし。
そういえば2人とも服に何か書いてあったんですが、如何せん遠すぎたのでスクリーンでも確認できませんでした。何て書いてあったのかなぁ?
晴一さんは2020が何とかのは見えたけど。昭仁さんは「東京ロマンスポルノ09~愛と青春の日々」の英語verだったみたい。

<サポートメンバー> ※今回音が悪かったためちょっと省略。
皆さん白襟に黒のポロシャツというお揃い衣装でした。
鬼太鼓座(おんでこざ):
 ふんどし姿で世界的に活躍する和太鼓集団。太鼓の達人なんてもんじゃありません。すごかった。もう本当に凄かった。の一言。
 音の迫力もパフォーマンスも、ガチで圧倒されました。
中川果林:
 二十五絃筝を自在に操る琴奏者。琴の音色の美しさ、またリハーサルですら一度として同じ演奏をしないという引き出しの多さにはただただ感嘆するばかりです。
NAOTO Strings:
 NAOTOさん率いるストリングス部隊。NAOTOさん一人のバイオリンも素敵ですが、ストリングス隊になるとまた違いますね。ちなみに別嬪揃いです^^♪

<会場・ステージ>
ロマポル09_0
・東京ドームの別名は”ビッグエッグ”ですが、個人的には超巨大メロンパンでもいいんじゃないかとw(屋根の網目模様的に)
 席は40ゲート3通路1塁側2階25列281番。スタンド2F1塁よりややステージ寄りの後ろから2列目。通路側で前と横が空いてたのでめっちゃ見やすかったです。
思っていたより距離はありませんが(正直ゴマ粒サイズを覚悟していたのですが、枝豆サイズ~枝豆の鞘位には見えました)、スタンドの傾斜は浜スタ並な上にそれ以上の高さがあったので下手にジャンプしたら転げ落ちていたでしょうね。事故が起こらなくて本当に良かったと思います。(※ちなみにドームはジャンプ禁止)
ライブ中もスタンドは場内灯が点灯している為、5列位までは暗くなりません。客観的にライブが見れた反面、アリーナが真っ暗になってしまいちょっと寂しかったかも。
・音はめっちゃ酷いです。代々木第一体育館の3倍酷いです。音は確実に割れます
反響は思っていた程ではなかったのですが、距離があるためどうしても音が遅れてしまい、遠くの手拍子その他が遅れて聴こえてきてめっちゃめちゃになってました。リズム感とチームプレイが試される会場です(笑)。
 こんな中でも演奏を乱さないお2人とサポメンの皆さんには改めて敬意を示したいです。
・ドームの2階にはメモリアルプレートのコーナーがあります。そうそうたるミュージシャンの所にポルノの2人も仲間入りするんだ…と考えると感慨深いですね。
 でもほぼてっぺんから往復するのは結構しんどかったです。スタンド2Fの人は自分の席につく前に行くべきかも。
・ステージの第一印象「ブリミュ(BLEACHのミュージカル)!?」。
後ろのスクリーンに何枚か縦長の布が下がり、その前に布の筒?のようなものが下がってました。それらと後ろの天井にカラフルな花柄の照明が当たってて、「和」な感じです。
どの曲か忘れたけど、序盤で毛筆で書かれた掛け軸みたいなのがスクリーンに映されていました。(文章「風林火山」らしい)
メンバーを映すスクリーンはステージの横に2つ、後ろに横長のでかいのが1つ(電源DVDでいうステージ上の画面に相当)。
ステージ横に花道が伸び、その先にミニステージがあります。私からは見えませんでしたが、サブステージ用の画面もあったようですね。
アリーナ後方には巨大な照明塔が2つ。そして客席の後ろには赤と青の和風ボーダー幕に囲まれたサブステージ。これがまさかびっくり演出フラグになるとは…。

<感想>
全35曲、4時間半!!!こんなライブがあっていいんでしょうか?
 思い出すだけで胸が熱くなり涙ぐんで、そしてにやけてしまいます。今までのどんな出来事よりも幸せな時間でした。
 強いて言えばオープニングの太鼓と問いかけムービーが長すぎたこととマナーが若干悪かったことくらいでしょうかね?
・季節柄か、フラッディがいないせいか(笑)、またはWAバッグが目立ちすぎたかお客さんの服装は比較的落ち着いてるように感じました。
ポルノのライブTと中に長袖という組み合わせがとても多かったです。男子も多かった。1人参戦はあまりいなかった気が。
 目立った人は、
 和服風ロリータ、または本物の和服の人、派手な和柄の人
 ベアーズのユニフォームの2人組(前回のロマンスポルノでもいました)
 背中に”Mr.ジェロニモ74”と書いてあるTシャツ
和服は正直いるかなと思ったけど、意外に少なかったですねw
往復の高速バスでもグッズを持ってる人がいてニヤリとしてしまいました。

<開演前>
・東京着が6時。当日の会場入りは10時過ぎ。トイレに行って髪を結っていたりシュシュを落っことしてパニくったりしてグッズの列に並んだのは10時半くらいでしょうか。
 浜スタでも結構並びましたが、あんなもんじゃありません!グッズの列でドーム3周分、時間にして2時間以上!…ええ、どら焼きなんて買えませんでしたよ(恨みがましいw)。
・ドームに入った瞬間からロビーに会場のスモークが漂っていて、ライブ参戦者を盛り上げます!
 が、席に着いたときに双眼鏡を忘れた事に気づいてがっくしorz
 どら焼きの代わりにドーム限定塩キャラメルチュリトスを食べながらメモリアルプレートを見に行って時間を潰しました。チュリトスは甘さの中の塩味が美味しかったです。
・カメラに抜かれた人
 映されてタオルを被っちゃった少年
 チュリトスをくわえたお姉さん
 「ぽ」の手ぬぐいを頭に巻いたお兄さん
 ドリンクの売り子さん
 “I love PG”のウサギのぬいぐるみ(フェルト製?)
・今回の客いじりはセーラー服のを着た、日本史検定三級で自称今時女子高生の「写楽子(しゃらこ)」。
~ッスという若者口調で喋りますw
「尻文字でポルノと書いてください」→「ふしだら!」 むしろお下品www
「ピッチングフォーム見せてください」→「ダルビッシュ…には程遠いッスね」 ひでぇw
「ポルノの2人は”そこそこ”イケメン」→客から「えー!?」 まぁ「物凄くイケメン」って訳ではないな。
芸を要求されて(何だったか忘れた)必死に拒否する少年←何もそこまで嫌がらんでもw
(中編に続く)


追記を閉じる▲
■グッズレビュー
今回のグッズは「和」を意識したデザイン。
発表された時は「だっせー!」と思ってたのに見慣れるとカラフルで可愛い。ポルノマジック?
今回買ったのは
ポルノT:Pumaとコラボした今回のポルT、後ろから見ると尻尾がめっちゃ可愛い!!
 さらっとした着心地もGood。ポルノって入ってなければ汎用性高そうw
 首のタグの下に「Tokyo romance porno09’~Days of love and youth」って入ってて、ポルノチームのこだわりを感じます。
スカジャン:背中の刺繍は本格的。素材はナイロンで、つるつるした手触りがとっても心地よいです。結構薄いけど風を通さないので着こなし次第で長く着れるかも。
WAバッグ:フェルト製。形だけ見ると可愛いけど実は座布団大で遠くからでもすぐ分かります。ドーム前は一種異様な光景でした…。(=バッグとしては使えねえw)
チケットホルダー:チケット入れる場所は結構大きめ。キーホルダーやストラップが付いているのも嬉しい。
 リールの部分が綺麗で、これからのライブでも使っていこうと思います。らばっぱーになったら会員ストラップぶら下げてやるw
タオル:値段の割には薄いような気がしないでもないですが、手触りは抜群。毎日頬ずりしたいですw
  色もカラフルでなんだか使うのがもったいない。
メモリアルフラッグ:広げるとめっちゃでかいw部屋の出入り口の目隠し的なカーテンにしたのですが、引き戸を空けた瞬間フラッグ!というのが慣れなくて未だにびっくりしちゃう。
USBメモリ:サイトのイラストを見て買ったら、ゴム製で思ったより可愛くなくてがっかり。
 でもおまけで入っていたコンテンツの壁紙・時計・アイコンには大満足。時計は0分にお花が降ってくる仕掛けがとっても素敵です*^_^*
ブックレット:通販の特典。デザインも可愛いしパンフ的なものかな…と思いきや手のひらサイズ!あまりにもしょぼくてがっかりでした…

おまけ:買えなかったどら焼き
販売1時間で売り切れなんて聞いてねえよ畜生\(^o^)/いいもん仙台のどら焼きのほうが安くておいしいもん…


■全体的な感想
<メンバー>
昭仁さん:
 服装は黒のスーツとネクタイ(ちょっと緩めてるのが何か色っぽい)、白のカッターシャツ。Rainbowから上着を脱いでいました。アンコールはポルT。あごひげなし。
 髪型は黒髪のストパーでちょっとhage…いや短くなってました。顔ちょっと丸かったけど気になる程ではなかったです。
 声はもう本当に絶好調で高いキーも難なく歌い、最後までほぼ枯れませんでした。
 去年まで散々泣かされた歌詞間違いもアニマロッサでちょっと飛んで、ジレンマで教えてやらんわー!を2回やった程度。(間違いかけは何度かありましたがw)
 ライブパフォーマンスは映像化しないもんだからもう本当にやりたい放題。見てるこっちがきゅんきゅんしてドキドキして時に赤面してしまいました。
 (テーマソングはaikoの「猫」だろうなぁ…ポルノの曲じゃないけど。ネジが外れてる?前日寝られなかったせいにしてください^^;)
晴一さん:
 服装は赤チェックシャツに白のポロシャツ、黒のズボン(むらっさきの衣装にそっくり)。Rainbowからエンジのシャツに黒のTシャツ。アンコールはロゴT。
 髪型は赤錆色のふわふわパーマ。「実験に失敗した人」は多分禁句です。
 ギターのことは良く知らないけど、聴いててとても心地よい音色…はいつものことだけど、さらに強くそう思いました。ミスもこよつきのソロを除いてほとんどなかったと思うし。
そういえば2人とも服に何か書いてあったんですが、如何せん遠すぎたのでスクリーンでも確認できませんでした。何て書いてあったのかなぁ?
晴一さんは2020が何とかのは見えたけど。昭仁さんは「東京ロマンスポルノ09~愛と青春の日々」の英語verだったみたい。

<サポートメンバー> ※今回音が悪かったためちょっと省略。
皆さん白襟に黒のポロシャツというお揃い衣装でした。
鬼太鼓座(おんでこざ):
 ふんどし姿で世界的に活躍する和太鼓集団。太鼓の達人なんてもんじゃありません。すごかった。もう本当に凄かった。の一言。
 音の迫力もパフォーマンスも、ガチで圧倒されました。
中川果林:
 二十五絃筝を自在に操る琴奏者。琴の音色の美しさ、またリハーサルですら一度として同じ演奏をしないという引き出しの多さにはただただ感嘆するばかりです。
NAOTO Strings:
 NAOTOさん率いるストリングス部隊。NAOTOさん一人のバイオリンも素敵ですが、ストリングス隊になるとまた違いますね。ちなみに別嬪揃いです^^♪

<会場・ステージ>
ロマポル09_0
・東京ドームの別名は”ビッグエッグ”ですが、個人的には超巨大メロンパンでもいいんじゃないかとw(屋根の網目模様的に)
 席は40ゲート3通路1塁側2階25列281番。スタンド2F1塁よりややステージ寄りの後ろから2列目。通路側で前と横が空いてたのでめっちゃ見やすかったです。
思っていたより距離はありませんが(正直ゴマ粒サイズを覚悟していたのですが、枝豆サイズ~枝豆の鞘位には見えました)、スタンドの傾斜は浜スタ並な上にそれ以上の高さがあったので下手にジャンプしたら転げ落ちていたでしょうね。事故が起こらなくて本当に良かったと思います。(※ちなみにドームはジャンプ禁止)
ライブ中もスタンドは場内灯が点灯している為、5列位までは暗くなりません。客観的にライブが見れた反面、アリーナが真っ暗になってしまいちょっと寂しかったかも。
・音はめっちゃ酷いです。代々木第一体育館の3倍酷いです。音は確実に割れます
反響は思っていた程ではなかったのですが、距離があるためどうしても音が遅れてしまい、遠くの手拍子その他が遅れて聴こえてきてめっちゃめちゃになってました。リズム感とチームプレイが試される会場です(笑)。
 こんな中でも演奏を乱さないお2人とサポメンの皆さんには改めて敬意を示したいです。
・ドームの2階にはメモリアルプレートのコーナーがあります。そうそうたるミュージシャンの所にポルノの2人も仲間入りするんだ…と考えると感慨深いですね。
 でもほぼてっぺんから往復するのは結構しんどかったです。スタンド2Fの人は自分の席につく前に行くべきかも。
・ステージの第一印象「ブリミュ(BLEACHのミュージカル)!?」。
後ろのスクリーンに何枚か縦長の布が下がり、その前に布の筒?のようなものが下がってました。それらと後ろの天井にカラフルな花柄の照明が当たってて、「和」な感じです。
どの曲か忘れたけど、序盤で毛筆で書かれた掛け軸みたいなのがスクリーンに映されていました。(文章「風林火山」らしい)
メンバーを映すスクリーンはステージの横に2つ、後ろに横長のでかいのが1つ(電源DVDでいうステージ上の画面に相当)。
ステージ横に花道が伸び、その先にミニステージがあります。私からは見えませんでしたが、サブステージ用の画面もあったようですね。
アリーナ後方には巨大な照明塔が2つ。そして客席の後ろには赤と青の和風ボーダー幕に囲まれたサブステージ。これがまさかびっくり演出フラグになるとは…。

<感想>
全35曲、4時間半!!!こんなライブがあっていいんでしょうか?
 思い出すだけで胸が熱くなり涙ぐんで、そしてにやけてしまいます。今までのどんな出来事よりも幸せな時間でした。
 強いて言えばオープニングの太鼓と問いかけムービーが長すぎたこととマナーが若干悪かったことくらいでしょうかね?
・季節柄か、フラッディがいないせいか(笑)、またはWAバッグが目立ちすぎたかお客さんの服装は比較的落ち着いてるように感じました。
ポルノのライブTと中に長袖という組み合わせがとても多かったです。男子も多かった。1人参戦はあまりいなかった気が。
 目立った人は、
 和服風ロリータ、または本物の和服の人、派手な和柄の人
 ベアーズのユニフォームの2人組(前回のロマンスポルノでもいました)
 背中に”Mr.ジェロニモ74”と書いてあるTシャツ
和服は正直いるかなと思ったけど、意外に少なかったですねw
往復の高速バスでもグッズを持ってる人がいてニヤリとしてしまいました。

<開演前>
・東京着が6時。当日の会場入りは10時過ぎ。トイレに行って髪を結っていたりシュシュを落っことしてパニくったりしてグッズの列に並んだのは10時半くらいでしょうか。
 浜スタでも結構並びましたが、あんなもんじゃありません!グッズの列でドーム3周分、時間にして2時間以上!…ええ、どら焼きなんて買えませんでしたよ(恨みがましいw)。
・ドームに入った瞬間からロビーに会場のスモークが漂っていて、ライブ参戦者を盛り上げます!
 が、席に着いたときに双眼鏡を忘れた事に気づいてがっくしorz
 どら焼きの代わりにドーム限定塩キャラメルチュリトスを食べながらメモリアルプレートを見に行って時間を潰しました。チュリトスは甘さの中の塩味が美味しかったです。
・カメラに抜かれた人
 映されてタオルを被っちゃった少年
 チュリトスをくわえたお姉さん
 「ぽ」の手ぬぐいを頭に巻いたお兄さん
 ドリンクの売り子さん
 “I love PG”のウサギのぬいぐるみ(フェルト製?)
・今回の客いじりはセーラー服のを着た、日本史検定三級で自称今時女子高生の「写楽子(しゃらこ)」。
~ッスという若者口調で喋りますw
「尻文字でポルノと書いてください」→「ふしだら!」 むしろお下品www
「ピッチングフォーム見せてください」→「ダルビッシュ…には程遠いッスね」 ひでぇw
「ポルノの2人は”そこそこ”イケメン」→客から「えー!?」 まぁ「物凄くイケメン」って訳ではないな。
芸を要求されて(何だったか忘れた)必死に拒否する少年←何もそこまで嫌がらんでもw
(中編に続く)

FC2blog テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2009/12/12 15:02】 | ライブレポ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。