いきもの、ポルノ、時々aiko。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年初ライブにして、初めてのFCUW、そして自分の中で最後のZeppSendaiライブでもありました。
追記からどうぞ♪
♪会場・セット
120531_1133~01
全国で一番便利なZeppでございますw
…が。仙台駅東口の再開発により7月に閉鎖が決まりました。
今の場所じゃなくていいから移転という形で仙台に残してほしいと思います。
仙台市はそれどころじゃないだろうけど。

中はライブハウスとは思えないほど大きなスクリーン。
デコボコが研究室の壁を思わせる。
ステージはいつもより一段高くなって、床のあちこちに透明な球が置いてある。
いったい何に使うんだろう?


♪グッズ
120531_1203~01120601_0703~01
Tシャツ:グラデーションのでっかいロゴが可愛い。
バッグ:肩にかけても、手に持っても可。思ったよりも鮮やかなオレンジ色。
 チケット入れるポケットがあるのが嬉しい。
 薄くて軽い素材なのでかさばらないのも◎
バッジ:2人がつけてるのを見てつい購入。
 写真では上のバッジが思いっきり逆さになってますがwww
 しかもその白衣のまま帰ったしwwww
 布素材ですがキラキラ。ラバッパーをアピールしたい人にお勧め。


♪メンバー
黒のTシャツ、黒地に白でFCUW4のロゴやポルノ関連の言葉がびっしり入ったズボン。
"Lab"と書いてある黒のスニーカー。
昭仁さんはベスト、晴一さんはジャケット。
+歌以外のパートでは襟にグッズのバッジをつけた白衣を着てた。

昭仁さん
パーマかかりすぎて「モジャヒト」(晴一さん談)または「チリヒト」(本人談)。火事にでも遭ったの?
歌ってる時のかっこよさと普段の愉快なおっさんは同一人物なのか疑いたくなるレベル。
37歳に見えないはしゃぎぶり。いや本当アラフォーに見えない。見えない。本当に見えない。
足首が細いなって。この前見た時よりマッチョになってた。二の腕にぶらさがりたいw
血管が浮くのはこめかみだけじゃない事を発見。

晴一さん
髪の色は落ち着いた様子。意外に?汗っかきだなと。手足が長くてすらっとしてる。
ギター弾いてる時はクールでかっこいいのに、笑うとびっくりするくらいかわいい。
割と無駄知識の宝庫。おしゃべり。
ノリノリで演奏してるとアヒル口がさらにアヒル口になる。


♪セットリスト
-Opening-
M01.Free and Freedom
M02.Light and Shadow
M03.グラヴィティ
M04.夕陽と星空と僕
-土地伝説&ご当地クイズ-
M05.CLUB UNDERWORLD
M06.2012spark
M07.MONSTER
-MC-
M08.アポロ


♪開演前
120531_1118~01
お昼は昭仁さんのリバウンドの原因?と思われるつけ麺。
Bivi仙台の1Fにあるお店です。海苔が別なのが嬉しい。
スープの中にでっかい焼豚が沈んでて割とがっつり目。
猫舌には嬉しいメニューかもね。
他のお客さんはさすがラバッパーというか、ライブTの着用率&グッズ率高かったです。
けど、男子がいないwwwいつもは3:2くらいなのに4:1(もしかしたらもっと?)くらい。おーい、東北のメンズラバッパーどこ行った~?
でも自分の後ろに山形県民の声がでかい男性がいた。たぶん一番目立ってたんじゃないかな。
120516_1703~01
整理番号は、NaNaNa何と48番!ふ・た・け・た!!!
今回の整理番号はな、NaNaNa何と二桁の48番!!!
晴一さん側の2列目に陣取ってたら最前列に入れてもらえて、目の前で見る事に。
ラバッパーの皆さんは本当に親切な方ばかりで、押し合いもなくライブハウスとは思えないほど平和なライブでした。
…多分今年のチケット運使い果たしたな。



Opening
2週目のゆきのいろの途中でスクリーンが白い壁に切り替わる。
上からの照明と定期的に鳴る高い音が、とっても実験室っぽい。…母校の実験室以上に。
実験の装置?のような映像が出てきたり、消えたり。
「ここはマンホールの下の下の、さらに下の下にある実験室
限られた人たちが入れる実験室に、みなさんをご案内します。」というナレーション。
壁が開いて、フラッディが顔を出した。

…地球に帰ってきてたんかい。
と思ったら、壁から晴一さん!!
本物じゃないのに悲鳴をあげてしまう。
チラ見→立ち去る動きが晴一さんらしいw
でもう一人は?と思ったら壁が大きく開いて、┐(リ,,・д・)┌ こんな感じで出てきた。2回も。

ってウケてる間に本物が登場!
うわ!近いよ!つか白衣着ちゃってるよおそろいだよ!!
間近で見る2人に「ポルノって本当に存在したんだ」と当然のことなのに再認識させられる。

スタッフが持ってきてくれたテーブルには色々な楽器。
昭仁さんが鳴らして、晴一さんが手を挙げると後ろの画面に「REC」の文字。
次は晴一さんが鳴らして、昭仁さんが手を挙げる。
録音した音が会場に流れて、それが徐々に重なっていく。。
マラカスだったり、シェイカーだったり、カスタネットだったり。
時々は失敗するのか×のサインを出したり、間違えて録り直したり。
ピアニカ間違えた瞬間の昭仁さんの「あ」って晴一さんを見た顔が面白かったw

ご当地グッズで、萩の月の箱と楽天の応援グッズと思われる小さいバットも登場。
そういう形で萩の月使うとは思わなかったw
晴一さんが木の箱に座って叩いてみたり。
客席の手拍子を録音してみたり。
そうして沢山の音を重ねてリズムパターンを作っていくと…


M01.Free and Freedam
ギターを持ちだした晴一さんに歓声が上がる。
昭仁さんはベースを持ってきた。
楽器で録音。リズムパターンに聞き覚えのある旋律。
…まさか。
後ろの画面に荒野の映像。
電源DVDで何度も見ていた光景が蘇る。目の前で。
目を閉じて歌いながらベース弾く昭仁さんがとってもレア。ややゆがんだ音。
低音が何とも言えずセクシーでドキドキしてしまう。
晴一さんは、重なった音にたゆたうように目を閉じながら弾いている。

ここで1度2人がはける。


M02.Light and Shadow
スクリーンの実験室が激しく揺れる。
おいおい大丈夫かこの実験室!?と思ってたら2人が戻ってきた。
始まった音楽に再び驚く。東京ドーム以来のこの曲。
上から縦に照らす照明が、赤に青に色を変える。

目が4つ欲しい、2人を同時に見たいと本気で思った。
けど出来ないから晴一さんを見る。
フレットの上で自由に動く指。どうやって音を出してるんだろう。
ギターの事なんてさっぱり分からないけど。

横からのライトに照らされて、「抱きしめて~」を手を広げて歌う昭仁さんが好き。


M03.グラヴィティ
2人がトピックライトの光に従って動く。
ステージの玉にレーザーが当たって丸い形を作る。なるほど、こういう使い方なのか。

位置が入れ替わって始まった曲にびっくり。イントロだけで涙目になる。
トピックライトで照らす光がとても綺麗。

手振りを交えて、一言一言を丁寧に歌う昭仁さん。
もうその手つきまで含めて歌詞の世界というか、言葉を表現している。
2人とも曲に入り込んでいて
「あぁきっと、良い意味で、この瞬間の2人の世界には、音しか存在しないんだ。」と感じる。
意味分からないけど。

2番、三日月ライトをそっと消したら 指パッチン 一瞬のライトの星空。
時間が止まったみたいな魔法。
なんて美しいんだろう。一秒と千年の間に違いはない。

最後も指パッチンでライト消える 昭仁さんは魔法使いだ。


M04.夕陽と星空と僕
晴一さんが座って演奏するのは、ギター型のシンセサイザー。
両手でフレットを押さえて演奏するみたい。
楽器に感心する間もなく始まったイントロに再び驚く。…い、いいのこの曲?
アコースティックギターとシンセサイザーの組み合わせが不思議で、でも良い曲には変わりないなって思って。
技術に感心するのか曲に感動するのか、どちらにすればいいんだろう。
オレンジのライト→星空のライト、それが曲ととても合ってた。




-ご当地ネタコーナー-
スクリーンが研究室に戻り、遠慮がちなナレーションからのFCUWらしいコーナーが!!
昭仁「こんなゆるいコーナーもあるんです。」
何ですかこのラジオのようなノリは。
さっきのかっこいいミュージシャンはどこに行ってしまったんでしょう。
目の前にいるのはただのおっさん2人です。


土地伝説
ご当地にまつわる伝説の嘘本当を検証するコーナー。
1.光のページェントにカップルで行くと別れる
 受験の年に仙台七夕/光のページェントを見ると落ちるというのもあった。(両方見たけど無時合格
 晴一「光はいつか消えるけどLEDだから長持ちするよv的な事じゃないの?」 晴ちゃんったら。ひゅーひゅーv
 本当かどうか手を挙げさせたところ10人ちょっといた様子。おいおいおい。
 更に初デートでページェント見に行って別れた人は「相手に彼女がいた」…悲惨すぎる!
 晴一「何その天国か地獄かみたいな。」
 人混みが凄いから手を離すなよ的な事で愛が深まるか、お互いの本性が見えて別れるか…が真実らしい。 
 …どんな人混み、例え去年の六魂祭のような人混みでも、2人の手なら離さないから!絶対離さないから!!

2.県北に野生のカンガルーがいる
 んな馬鹿な。聞いた事ないぞ。
 昭仁さん曰く、カンガルーは凶暴でだらしないらしい。
 昭仁「動物園でカンガルー見た事ある?大股開いて寝てた。」
 確かに休日のお父さんみたいな恰好で休憩してるよね。
 「10年くらい前に飼ってた人がいた」 昭仁「それは飼いカンガルーじゃないか!」 
 「TV番組で検証したらいなかった」のが真実らしい。
 晴一「この前札幌で鹿が出るんよねって話をしたらふーんそれが何?ってリアクションだった。」
 「鹿で電車止まる!」確かに仙山線とかそうだわw落ち葉でも止まるし。
 晴一「都会ぶってるのに!」
 「秋田新幹線ではクマも出た!」!?

3.やんやんややーん♪で始まる歌がある。
 「八木山ベニーランド」という遊園地のテーマソングです。
 皆で合唱 昭仁さんが踊る。それがおかしくておかしくてwww
 替え歌とか楽天応援歌の印象が強すぎて元の歌詞を覚えてなかったのは内緒
 (ポルノの歌ですら歌詞の正解率は昭仁さん以下w)
 このCM東北他県でも放送されてたのは知らなかった。
歌い過ぎてもうええわ!と言われてしまったwやんやんややー八木山の♪ry


ご当地クイズ/仙台はどっち
1.国分町 これはすぐ分かった。
 昭仁「これはあなたの方が知ってるんじゃない?」
 晴一「酔っぱらってるから思い出せない。ビール一杯飲んだら思い出すかも!」
 晴一さん国分町に出没するんだ。覚えておこうφ(._.*)
 昭仁「トンカツの看板が気になる」と左側、晴一さんは情緒があると右側。
 …昭仁さん、そんな看板見た事ないんだけど。
 正解は晴一さん。ちゃんととらや横丁知ってたみたいwありがとうv
 もう1枚は新宿の歌舞伎町でした。

2.ベニーランド 1分くらい迷ってしまった。だって行かないんだもの。
 晴一「この茶色い感じがそれっぽくない?」と左側
 昭仁「ベニーランドというくらいだからこっちだろう!」と右側。
 正解は昭仁さん。もうひとつは妙高高原の遊園地
 晴一「富士急にもお化け屋敷あるじゃん。
  尾道にも遊園地あるんじゃけど、そこのお化け屋敷がある意味怖くて、真っ暗すぎるんよw
  ガタッて鳴っても何にも見えなくて、恐怖やわ。」
 出てくるまでの緊張感が怖いって事だったみたい。
 

食べ比べクイズ
 2人にそれぞれご当地の名物を食べ比べて当ててもらおうというクイズ。
 片方が目隠しヘッドホンをしてる間に正解と不正解を準備&リアクションを決めようというルールらしい。

 1.蔵王クリームチーズと普通のクリームチーズ
 蔵王のお土産の定番ですね。伸びが良くてリーンなパンととても合うんです。
 成分をチェックしてた昭仁さん、「生乳」を「なまちち?」と読んでしまう。
 本当のポルノじゃないですか、このエロ親父がっ!
 アップで映すと、チーズはクラッカーに乗ってる様子。
 昭仁「わー豪華!立食パーティーみたい。」そう?試食とかそんな感じで置いてるよ。
 目隠しに目が描いてあってしかもなんか似合ってるしwww 
 ヘッドホンからは大音量の音楽が流れてるらしく、昭仁さん踊りだすwやべこれ見てるだけでも面白いwww

 一方正解と不正解のボードを用意する晴一さん、
 晴一「お前何でそんなに(髪が)もじゃもじゃなの?」 (と昭仁さんの頭をアップにする
 という事で、晴一さんが合図をしたら
 もじゃひと!→(不正解に行った場合)うるさい!(正解)おまえがじゃ!
 結構酷いwけど昭仁さんに直接暴言が吐ける!と思うと楽しくなってくる。(※普段はもっと酷い事言ってます
 しかし晴一さんの考えるセリフが長すぎて客席が覚えきれず、決めるまで時間がかかる。
 大音量ヘッドホンの曲が終わりそうになったらしいw
 
 最初に普通のクリームチーズを食べる昭仁さん。
 もじゃひと!!と言われて昭仁「だれがもじゃひとじゃ!ちりひとじゃ!」そっちの方が酷くね?
 正解のクリームチーズでは「お前がじゃ!」昭仁「言ったのはそっちじゃん!」 知らんわ晴一さんの言うとおりにしただけじゃ!
 こっちの方が濃いと普通のクリームチーズを選択。
 晴一「そっちは嫌いなんだ?そっちはまずいと!もう二度と食べたくないと!?」
 脅し過ぎだしw
 昭仁「いやどっちも美味しい!」
 しかし不正解。orzとしゃがみこむ昭仁さん。どんまいw確かに1度食べないと分からないと思うw


 2.白謙のささかまとちくわ
 いやこれ間違えねえだろ。絶対間違えねえだろ。(私の中でお店の笹かまは貰い物の高級品)
 晴一さんの目隠しアイマスクがリアルでちょっと怖いw
 笹かま&ちくわは形状で分からないように小さく切ってあるようです。
 今度は思いっきり間違えた名前を呼ぼうという事で、(不正解)はるいちろう/(正解)はるおみ…誰やねん。

 目隠しをとった晴一さんは「昔、蒲鉾は槍の先につけていたから、蒲鉾をちくわと呼んだ」と無駄知識を披露。
 最初に笹かまに行く→「はるおみー!」 晴一「名前覚えてや!」
 ちくわに行く→「はるいちろう!」 晴一「"ろう"はいらん!!」
 ごめんねー晴一さんwしっかり覚えてるから安心してねwww
 晴一「おいしいけど、ちくわはちくわ。」とあっさり正解を選択。
 昭仁さんが「そっち(ちくわ)は美味しくないんだ!?」と逆襲してたw
 晴一「食感が違うけど、蒸してない?」 焼いてるよ!



2人がはけ再び暗転。
スクリーンには2つの女性ダンサーの影。
KARAのミスターと少女時代のMR.Taxiが流れる。
何が始まるんだろう?となんとなく乗ってたら2人が戻ってきたのが見えて
あれ楽器持ってないと思ったら…踊り出した!
晴一さんはやや恥じらいがある感じだが、昭仁さんめっちゃノリノリで、意外なキレのよさについ笑ってしまった…w
いやー、まさか踊るとは思わなかったわwと思ってたら音楽にパラダイス♪という言葉が混ざってきて…まさか!


M05.CLUB UNDERWORLD
FCUWだからまさか、とは思ってたけど実際やってくれるなんてやっぱり嬉しい!
さっきのテクノ風な音楽を引き継いだままのアレンジver。
酸素の薄さも手伝って息ができなくなるほどのかっこよさ!!!
昭仁さんがステージから落ちるんじゃない?ってくらい目の前に来た!
晴一さんもめちゃくちゃかっこいい!さっきの愉快な親父はどこ行ったw
ダンスパーティー♪の所の声にノックアウト めっちゃ伸びる伸びる。
昭仁さんってこめかみだけに血管が浮くわけじゃないんだ。
いやかっこいいわ。2人そろって。


M06.2012Spark
 PVみたいなライト。っていうかPVの再現?いやもっとかっこいい!!
 晴一さんギター弾いてる時なんでそんなにクールなの?
 煽られまくって記憶が吹き飛んでますが、この曲のようにありたいと思った。
水心の後のヘッドボイスがかっこよ過ぎて鳥肌立った。


M07.MONSTER
 ステージの外側がべりっと落ちる。透明な床になっていた。
 おぉ!と驚くも間もなくスクリーンがシューティングゲームのような画面。そしてあのセリフ。
 「自分で決着を、あなたが決着をつけなさい」
 うひゃあ。
 目を閉じて弾く晴一さん。汗がかかりそう。
 It’s a Big Monster!の後の鋭いシャウト。もうすっごいかっこいい。稲葉さんみたいだ。


MC
晴一さんのトピックライト見せたかったという言葉が嬉しかった
エネルギーだって言ってくれて嬉しかった…って、後ろの画面!!!
スクリーンに参戦したみんなの名前が!!!


M08.アポロ
一緒に歌ってくれ!とイントロにびっくり。
流れる名前をバックに演奏する2人。
自分の名前がある事が嬉しいやら申し訳ないやら。

幕張レポでも書いたかもしれないけど、私は自分の名前が好きじゃなかった。
読み間違えられるし書き間違えられるし、名前負けだと思ってるし。
でも、2人がラバップの皆の名前を背負っていくと言ってくれた事で、ちょっとだけ自分の名前に自信を持とうと思った。

歌え!と煽られるままに大声で叫ぶ。(もはや歌うじゃない
この声が届くなら、喉がつぶれてもいい。腕がちぎれたって構わない。

この曲がリリースされた時、こんな目の前で聴くなんて想像できた?
2人がこんな大切な存在になってるなんて、想像できたかな?
運命ってわからないなっていつも思う。

昭仁さんがステージギリギリで叫ぶ。
「ラブEメールフロム頑張ろうぜ東北!!」
仙台、と限定しないのが嬉しかった。


Ending
目の前で手を振ってくれる事がただただ嬉しかった。もうそれ以上でも以下でもなく。嬉しかった。
晴一「またくるわ!」
昭仁「7月からPANORAMA×42というツアーが始まります!
  忘れられん1日にするけえ、楽しみにしていてね!」

行くから!行くから!行くから絶対行くから!


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2012/06/17 07:22】 | ライブレポ
トラックバック(1) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。