いきもの、ポルノ、時々aiko。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1夜だけの復活となったポルノのANN。久しぶりのANNレポになりました。
1:00
天の声「ポルノでオールナイトやるのは6年ぶりらしいんよ。
  わし、ありきたりな事言うかもしれんけど、早いのう。時間経つのって。昭仁、どう思う?」

昭仁「何すかw?どうしたらええの?誰か分からんし、なぜ女性なんだっていう。
  …この人がキーマンなの?ちょいちょい出てくるの?はーなるほど。
 初めから謎のナレーションが入ったけども。6年ぶりなんだって。うちら2人でやるのは。」

晴一「速いのう言う感じで。さっきの本当誰なん?こういうノリだっけ?」
昭仁「意味不明すぎるね。もうちょっと脈絡ほしいよね。」
晴一「素材が入るって事前に話は聞いとって、先輩かと思ったら誰か分からんのが入ってきて。」
昭仁「キーマンになるんじゃろうけど、いきなり来られたらびっくりするわね。
 新藤の母ちゃんとかだったら笑えたかもしれんけどね。」


おたより。
「アメリカにレコーディング(ヴォイスの)に行った回からのオールナイトのリスナーです。
 昔はFAXがお便りの主流だったのに、今ではメールが主流になって時代を感じますね。
 2人とも仲良くラジオ頑張ってください!」

昭仁「NYやりましたねー。」
晴一「ヴォイスのレコーディング…?ヴォイスって、曲ね。」7thシングルな。
昭仁「それが分からんかったらどうするんだ。」
「2年前のちょうど今頃、昭仁さんANN卒業されましたね。
 最後の放送で絶対うける一発ギャクやらず逃げ切りましたが、
 もうそろそろ抱腹絶倒な一発ギャグできあがってますよね。楽しみにしています。」

昭仁「マジ!?そんなこと何で覚えとるかな?ぬぴょんぴょぴょーん!
絶対受ける一発ギャグ。これ覚えといてくださいね。」
ぬぴょんぴょぴょーんwww
晴一「キーになりますから。」
昭仁「ぬぴょんぴょぴょーん!ちゃんとエコーがかかってね。
 6年ぶりです。さあ行ってみましょう。」

昭仁「6年ぶり!ポルノグラフィティの!」
 2人「オールナイトニッポン!(ややズレ)」
昭仁「はぁい6年ぶりに担当する事になりました。ボーカルの岡野昭仁でございます。」
晴一「ギターの新藤晴一です。」
昭仁「もっかいやろう。」
晴一「オールナイトニッポン合わんと気持ちが悪い。」
昭仁「キーが低い。あなた。」
Take2。
昭仁「6年ぶり!ポルノグラフィティの」 2人「オールナイトニッポン!」
昭仁「こんな感じで僕らが担当します。
 ほんまはEXILEのNESMITH君が担当してるんですけども、今日は3時まで生でやっちゃいますんで、楽しみにしていてください。
 起きてますかね皆さん深夜1時ですけども。しっかり聴いてほしいなと思うんですけども。
 今日は3月の28日水曜日だったわけでございますけども、何やっとった?」

晴一「今日はなんもしなかった。なーんも!」
昭仁「同じく今日はなーんもしてないわ。ちょっと体調悪そうですねあなた。ちょっと風邪気味なんですか。」
晴一「多少ね。そんなのも時々はあってもいいんじゃないかと。」
昭仁「あなた元気ですからね。風邪とかお召しにならない感じですから。」

「さっきまで放送されていたニコニコ生放送最高でした。
 来場者5万人なんて東京ドーム並ですよ。凄く盛り上がりました。
 私は明日は仕事ですが最後まで聴きます。頑張ってください。」

昭仁「僕ら初のチャレンジでやったんですけども盛り上がってたみたいですね。」
晴一「ニコ生が凄い事になってたみたいで。ありがとうございます。」
昭仁「仕事があるというのに深夜3時まで聞いてくれと…聞いてくれるというのがありがたい話。」
晴一「今日何曜…水曜!」
昭仁「この週の真ん中、頑張りどころじゃけどみんなちゃんと聴いてくれるって。」
晴一「ありがとうございます。」
昭仁「僕らポルノグラフィティにとっても大事な1日だった訳ですよ。それは何かと言いますと晴一さん!」
晴一「ポルノグラフィティ9枚目のアルバムパノラマポルノ、本日リリース。あなたはもう手にしてくれてますか?」
昭仁「受け答えないわけか。」
晴一「TSUTAYAが凄い頑張ってくれとる。ありがとうございます。」
昭仁 渋谷のTSUTAYAですよね。僕らの特集とかそういうのやってくれて。結構頑張ってくれました営業さん。」
晴一 今日はアルバムを手にしてくれたキミへの初回特典。
 楽曲のオーディオコメンタリーともいうように、曲にまつわるトークも豊富にお届け。です。」

昭仁「何ですかオーディオコメンタリーって。そこには触れんとこう。
 楽曲についていろいろ語るという訳ですけども、まぁまぁAM?AMのラジオじゃから、下ネタもぬぴょんぴょぴょーん!って感じで入れていきたいです。
 深夜3時までやっても流行らんな。確信したけどずっと言おう。」

ポルノグラフィティのオールナイトニッポンも提供も早速噛んじゃった昭仁さん。
♪2012spark2012spark(PANORAMA ver.)
壮大なイントロ付。かっこいい~♪



1:11
昭仁「聴いていただいたのは僕たちのNewアルバムPANORAMA PORNOから2012spark(PANORAMA ver.)で聴いてもらいました。」

「昭仁さん、ぬぴょんぴょぴょーん!は衝撃的でした。」
昭仁「お褒めいただいてありがとうございます。来ますか?検索ワードかなんかで1位とかなりますか?
 HOTワード。慣れん事言うもんじゃないね。ぬぴょんぴょぴょーん!で行きたいと思います。
 今夜のオールナイトニッポンはポルノグラフィティが担当してるということで、一体何をするか問われると思うんですけども。
 僕らはこんなプログラムをやらされるんです。」

晴一「題して、"パノルマポルノ"。」
昭仁「言いにくそうな。パノルマって。
 今から深夜3時までぼくら2人に色んなノルマが課せられるんですと。
 それを1つ1つクリアしていくと良い事があるんです。帰りにビールをいただけるみたいなね。」

晴一「お!(ビールに反応) もちろん出所はアルバムのタイトルから。」
昭仁「だじゃあれですよ流石今浪くん!オールナイトニッポンらしいです。
 有楽町から生で出してますんですからね。何かおかしいけど!
 だから君からのメールも直接インサートされるんです。」

リスナーからのメールテーマは「パノラマ人生相談」。
恋愛相談、友達関係、親の事から夜の事、資産運用土地の売買、
パノラマ的にあらゆる角度から相談に乗るとのこと。
昭仁「得意ジャンルありますか晴一さん。」
晴一「夜の事を聞かれるとじっとりして嫌な感じで喋れるっていう。」
昭仁「俺結構明朗な感じで喋れます。資産運用来いやじゃあ。」言ったな。



1:15
ヴォーカル昭仁、集合時間や待ち合わせ時間、約束的ノルマはちょっとだけ遅れてしまうタイプです

昭仁「ポルノグラフィティのオールナイトニッポン、EXILEのNESMITHさんに代わって僕たちポルノグラフィティがお送りしております。
 今夜はパノラマ…間違えた、パ・ノ・ル・マポルノと題しましてさまざまなノルマをこなしながら2時間頑張っていくんですけども。」

最初のノルマ:2012ポルノワーク 4月からの活動予定を報告せよ
晴一「仕事プライベート今のポルノグラフィティが分かるように報告しなさいと。
 僕晴一はFMラジオでプライベートなども語ったりしていますが、
 ここは昭仁の暴露を中心にやっていくのもありなんじゃないかと。
 まず君の家の住所から言ったらいいんじゃないでしょうか。」

昭仁「僕の住所ですか?高いビルですよ。ヒルズぎろっぽんですよ。しょうもな.
 何ですか暴露していくんですか。最近何してるかみたいな事ですか。確かに俺は語ってないもんな。」

晴一「僕が聞くんですか?時間がある時は何をしていますか?」
昭仁「代官山のTサイト出来たじゃんか。面白いねあそこは。
 TSUTAYAグループ凄い頑張っとるじゃんか。お洒落じゃし、アートだとかそういうものがぎゅーっと集まってるわけ。
 その辺の土地と言うか気持ちいいんよね。テンションの上がる場所。」


晴一「僕も答えるの?」
昭仁「当たり前じゃないですか。」
晴一「youtubeサーフ?夜中とかビール飲みながら見よったらはまるねあれ。
 必ず出るじゃん横に。君こんな動画みるんじゃろって。必ずXJAPANにたどり着くわけ。入口違うのに。」

昭仁「それは面白いですね。それは不思議だね。
 逆に俺質問。一番最近長い休みがあった。休みは何をしました?ないんか。あなた忙しいね。」

晴一「いつよ長い休みって。」
昭仁「俺は年明け2週間くらいもらえたけぇさ。
 北海道の帯広の方のゲレンデに行きました。」

晴一「今年の話ね。」
昭仁「久しぶりに2日ゲレンデに出たわけで
 1日目はスキーやって、幼少期にやってたら覚えてるもんで滑れたんだけど。
 スノボは3回位足がとれたと思った。こけたらいたいのをおもいだしたんよ。」

晴一「違うの?」
昭仁「痛い痛い。お尻の方に体重かけて左にカーブをしていく時に、前にドンと倒れる時があるの。急に。
 無防備じゃけえ、無っ茶苦茶痛い。37歳の老体にはどんだけ痛かったか。」
老体www
晴一「できるようになったの?」
昭仁「中級コースまでは行けるけど、ゆっくり行けれないのよ。なだらかなところが苦手で。
 スピードが出てないとダメなの。自分で情けないんだけど、なだからな所は急に滑れなくなって。」

晴一「昭仁が住んでた地区のふとしくんとスキーに行って。
 俺はボーゲンして言われたとおり曲がろうとするじゃん、君らの地区はまっすぐ降りて行くわけ。
 凄い速いの。ただ楽しんでないね。曲がれた喜びはないんだと。」


昭仁「仕事の事も喋っていきたいんですけども、9枚目のアルバムがリリースされましたと。テレビもかなり出たよね。
 2012sparkから引き続きやっとるけえ割と沢山出ましたね。今回まだ放送になってないんかな。なったのか。
 山里さんとねえ。」

晴一「おれたち山ちゃん好きじゃけんね。」
昭仁「今まで面白いなーと思ってたけど、今回打ち解けた感はあったよね。」
晴一「俺たちは喋りのプロじゃないけえ、鋭い突っ込みされても返せんけど、山里さんはふんわりやってくれるけえ。」
昭仁「無害な感じで広げてくれるというか。面白かったですよね。
 アルバム聴いていただけてるんですかね。7月からは全国ツアーも決まっておりますんで。」

晴一「FCツアーから考えるともう50本近い。」
昭仁「そうですよ。最終日が大阪城ホールなんで、12月27日。あっという間よ。」
晴一「クリスマスと年末の間。」そしてこの後カウントダ…いやなんでもない。
昭仁「中途半端!っていう。何を楽しむんだっていう。
 いつもツアーの流行りみたいなのあるでしょ。前回のツアーはゴルフか?」

晴一「一昨年かな。やってなかった。それその前よ。」
昭仁「初めて行くけえさ。稚内。楽しみじゃない?どんなところなのか想像できてない。」
晴一「北見かな?バスで移動してきた時に、間違ってもここに2000人の若者がおりそうにない所に行って集まってくれてたけねえ。
 大きな街じゃない所にまっててくれるひとがいるというのは特別な気持ちになりますね。」

昭仁「非常にありがたいですね。」
晴一「稚内の情報ないよね。じゃがいも?」
昭仁「そしてあなた、野党忙しいですね。スケジュールどえらい事になっとるね」
晴一「昭仁スキー行くじゃん、空くじゃんって。」
昭仁「休みを潰してやってるんですよね。俺何やってるんだよねって。」



1:30
パノラマ人生相談来ています。
「私が相談したいのは、どうやって女子力を上げればいいかです。」ねこまつさんもう読まれた。
昭仁「こういう事全然…当分やってないわ。1つも今ピンと来んわ。ぼやけてるぅ!」
2人「女子力…」
昭仁「何だろうね?女子力…」
晴一「日本語がどんどん発明されとるじゃん。
 女子力だったり女子会だったり。それについて行けてないんだろうね。
 昔で言うと好きな仕草を教えてくださいだろうけど。昭和生まれは若干引いてしまう。」

昭仁「40年代生まれだからね。」
晴一「逆に言うとうちのマネージャー朝から栄養ドリンクなわけ。」
昭仁「www戦うサラリーマン的な。」
晴一「頑張ってるね、と抱きしめてあげるかちょっとそんなに頑張らんでも。と。
 俺もスマホ中毒なところがあるいうんじゃけど、そのマネージャードリンクグビ飲みしながらずーっとスマホ見よるわけ。」

昭仁「ダメダメダメそれは!何が女性らしくなのか分からんけど、男性的になってしまうね。
 電車で股は広げないとか化粧は頑張ってするとかね。それまぁちょっと頑張ってほしい所であるわね。」


「私は今の職場に就職して1年目が終わり、4月から2年目に突入します。後輩にどう接するか意見を聞きたいです。」
昭仁「これも苦手なwww
 普通に接したいけど威厳を見せないけん変な力みみたいなのがあるけえ、
 ちょっと乱暴な問いかけをして調子狂うところがあったりするけえ。難しいんですよ。」

晴一「男は大丈夫だけど女の後輩。西野カナちゃん。
 ウェットな会話でも緊張ほぐしてあげようと先輩風吹かすけどジョークが通じんね。
 野党の話でSMEが領収書で飯を食わしてもらってる時に、大人の冗談として
 今売れてる西野カナさんに食わしてもらってるみたいなもんなんだよ
 という話をすると業界ブラックジョークが全然分かってなかったり。」

昭仁「勝手に引かれてるの!?みたいな。」
晴一「この前も楽屋に挨拶来てくれて。
 昭仁いなかったから、奥で葉巻吸いよるけどって冗談で言ったら、大物だから待たしてるってる冗談なんよって。」

昭仁「それを言ったらおしまいですよ。曖昧な部分をくみ取ってくれって。
 彼女はすごくまっすぐな子だからね。何も解決してないけど難しいよって話。」

カナちゃんごめんなさいな上に全く解決してないw
昭仁「じゃあ曲聴いてもらいまs」普通にCMだけど?


1:37
晴一「さっきもちらっと言いましたが、うちの岡野くんは中々生で喋る機会がありません。
 ラジオ番組やってるわけでもないし、Twitterもつぶやかないし、プライベートが全然見えてきません。
 そこでこんなノルマを岡野くんに課してみます。」
 いや、つぶやこうよ。
「岡野くんに素敵過ぎてしまうほど集中質問」
晴一「際どい質問が天から降ってきます。
 その後に僕晴一がリスナーの代弁者として気になる部分も掘ります。」

昭仁「堂本兄弟方式だ。」

お金、貯金は貯まった?
 昭仁「貯まってないんですね
正直、興奮するアイドルはだれかしら
 昭仁「トリンドル玲奈。」
パンパンだった時期に比べてやせたわよね。
 昭仁「ミューズリーっていう食品をを食べましたね。」
最近溜まってる?朝は立つのかしら?
 昭仁「カッチンカチンにいきますね。」
最近何を買ってるの?秘密の買い物してないかしら?
 昭仁「秘密の買い物?服が多いな。」

晴一「お金が貯まってないと。何で貯まらない。がっぽがっぽ儲かってるのに。」
昭仁「がっぽがっぽですか。大体分かるでしょう。」
晴一「貯まらんほどじゃないよ。」
昭仁「払うもの払わないけんしね。会計士さんに言わせると服を買ってるのが多いって言うね。」
晴一「会計士さんにコンビニで使いすぎて怒られてたけど。コンビニで使って怒られるほどじゃないね。」
昭仁「貯まらんですよ。服が多い。」
晴一「ドキッとするアイドル。トリンドル玲奈。まだあんな層にドキッとしちゃう。」
昭仁「電話のあの子だよ。ソフトバンクの。ドキッとする感じ。アイドルと言われるから。」
 そんなにドキドキする感じはないんだけど本能に訴える奴がたまにおる。トリンドルさんは来たね。」
晴一「こんな若い層にもビビッとと来ちゃう。」
昭仁「多岐に渡りますよ。小池栄子さん。」
晴一「それはわかるよ。若手ですね。」
昭仁「幅広い層にアンテナ立てとるからね。」
晴一「ミューズリーって。」
昭仁「乾燥した麦だとかレーズンだとかそういうのがあって。食物繊維があるから。高くないですよ。
 最近多いと思います。お洒落系のスーパーには置いてますよ。」
シリアル的なもののようですね。
晴一「番組の感想とかに行くと、必ず痩せた太ったが多いね」
昭仁「激しいと思うわ。痩せた太ったの波が。維持できないんだろうね。
 お酒も量飲まないし。日本酒は飲むけど。
 野菜なんかがっつり。ナイナイの岡村さんがボウルいっぱいの野菜を食べるをやりよって。
 やってるんですよ。ガリガリになりそうじゃん。ならんね。
 荘口さんの番組でて7kg減に成功したというけど2kgくらい戻ってしまって。でも理由が分からん。
 そんなカロリー高いもの食べてないし。
 後、立つ立たないは釘が打てるくらい硬いしry」

晴一「以上岡野くんの素敵過ぎるほと集中質問でした。」
曲について
昭仁「宗本康兵がポルノの事を考えてアレンジしてくれて。非常にテンションが高い曲になりましたよ。」
♪FLAG
カロリーの高いものは、つけ麺?


1:51
「"ぴょんぴょぴょ"ツイッターのHOTワードで6位まで来てます。そして"釘が打てる"が1位です。」
昭仁「マジかいな。ぬぴょぴょぴょーん!忘れたな。言うてみるもんだね。」大事みたいな事言ってた本人が忘れております。

再びノルマ:普段話さない事を話そう
普段2人が話さなさそうな一覧表のテーマから。
晴一「昨今の政治について、下着について、AKBの推しメンについて、とかあるんじゃけど、自分だけがあった有名人について。
 会ってなかったら時間がないので次行きますよ。」

昭仁「意外な人みたいな事?出てこんな。」
晴一「言った俺がおらんかったな。下着について。」
昭仁「同じ下着しかつけてないんです。カルバンクラインの気持ちええ素材。ポリエステルの気持ちよく伸びる奴。
 黒かグレーしか穿いてないです。あれから一つも浮気をしていないです。」

晴一「引退のタイミングいつよ。ゴム伸びるとか。靴下で言うと穴が開くみたいな。分からないんですけど。」
昭仁「ケバケバがでてくるんよ。独特の男の下着!みたいな感じが無くなるんよ。わかるんです。雰囲気が出てる。」
晴一「けばけばしくなったらダメ。」
昭仁「ゴムですけどね。俺が履いてるのはペロン!とロゴが半分に折れてしまうんよ。こうなるとダメです。
 うわすげえ話で終ってしもた。」



1:59
昭仁「2時代最初は新藤にこんなノルマからクリアしてもらいます。」
「晴一のメジャーで電光石火に語らせよう」 さっき昭仁さんがやったやつですな。
昭仁「デビューから10年以上、故郷を後にして20年が経ちました。
 すっかり都会の色に染まってしまったかもしれない晴一の今の価値観を、世の中に知らしめて見たいと思います。」

「大金晴一くらいになるといくらからそう思うの?」
 晴一「100万円。」
「今全部でギターは何本お持ちなのかしら。お高いギターお買いになったのかしらおいくらだったのかな?」
 晴一「合わんな天の声と。40本くらい。今年はあまり買ってないですね。」
「お酒、素面でいられるのはビール何杯目?自分と昭仁どっちの飲み方がが上品かしら?」
 晴一「ビールで言うと一杯半で一番いい状態に行きますね。飲み方が違うのであんまり言う時間がないですね。」
「おっちゃんってどこからかしら?」
 晴一「この3日エロい事考えてないと思った時。」
「ポルノはもう若手ではないわよね。もうベテランかしら。晴一の思うベテランは?」
 晴一「いろんな場面があると思うけど、タモさんと飲みに行けてから。」

昭仁「大金、100万円から。」
晴一「嘘ついたら100万円ってあったけど、100万円はいつまでも大金だね。」
昭仁「束よね。そのイメージがすりこまれとるな。ギター30本から40本ありますか。」
晴一「さごぎたー。FCの会報にもありましたけど、尼崎の工房の職人チームがいて作ってもらったの。
 さらに2本作ってもらったの。一番古いのがいつ頃の?時代的?」

昭仁「この後弾くMartinが一番古いんじゃない。40年代の。すごいな70年くらい経っとるんじゃろ。」
 素面でいられるのは1杯半まで。早いね」

晴一「酒の絶頂って気持ちいい所で止めときゃええのに止めれんけえいけんのよ。」
昭仁「俺も最近覚えたわ。止めれないのね。」
晴一「この上があると思っちゃうのよね。」
昭仁「あそこで止めたら心地よい時間を過ごせるのね。」
晴一「一番気持ちええ所でとめりゃ良いんじゃけど、逆に待機せず突っ切って寝るのも気持ちええパターンなんじゃけどね。
 長く飲む事が出来んなったね。夜の底に何か楽しい事が待っとるわけじゃないから。」

昭仁「確かにね。鬼ごっこしてみようなそういうノリないけえね。」若い人もないと思う。
晴一「セクシーな出会いがあるとか。」 
昭仁「どうしても因北の事を考えてしまうけえw急に河川敷で缶けりしようとか。
 後、おっちゃんってどこからかしら。」

晴一「男って何分に1回はエロい事考えるようにできとるんだって。そのスパンがどんどん伸びてってあれ?っていう。」
昭仁「何分に1回?考えてない。」
晴一「思春期は考えたかもしれないね。」
昭仁「そうですかw釘打てますか?www」
晴一「完全にシュパッと」
昭仁「どういう意味www硬度を表してるのか瞬発力を表してるのかわからん
 もうベテラン…タモさんと飲みに行ったり、1回もないよね

晴一「この辺の大御所の方たちと喋れるようになったらベテランかなと思うよね。」
昭仁「考えてる事とか世界における立場だとかね」
晴一「福山さんとかは音楽の知識もだけど趣味の知識もあるじゃん。」
昭仁「お酒とかね。」
晴一「釘打てますかという」
昭仁「ちょっと聴いてみたいけどね。シュパッと言ってますかとかね。」
結局釘に終わる。
♪メジャー


2:12
人生相談
「うちの弟は滑舌が悪くて、たまに何を言ってるのか分かりません。
 聞き返すと逆ギレされることもあるので彼はどうしたらいいと思いますか。」
私もぜひ聴きたい。
晴一「滑舌ですよ。」
昭仁「喋る滑舌は良くないけえね。だから、滑舌いいからって聞かれても困るからね。」
晴一「他のアーティストからの質問で必ず滑舌よく歌うにはって聞かれる」
昭仁「稲葉さんにも言われた。滑舌いいよねって。
 歌う時は声を張ってるじゃんか。張ってる時はよくなるんよね。
 ぼそぼそいうと滑舌悪くなるから。口角を上げて声量を出すんじゃないの。」

晴一「ラジオのパーソナリティの人は原稿に凄くチェックしたりするじゃん。ラジオとかテレビで聴く人はもっとこだわっとる。」
昭仁「切るところとかマークつけてたりするか。」
晴一「ラジオ関係なく滑舌悪いけどのう俺は。」

「兄弟の事で困った事ありますか?」
昭仁「姉ちゃん結婚できてよかったなって。岡野家には近年解決できた大事な事でしたね。」
晴一「お前とそっくり。」
昭仁「俺がボブぐらいにすると確かにそっくりじゃけね。今や一児の母になりました。」
晴一「おめでとうございます。」

「この春引っ越しをして念願の自分の部屋ができました。
 物凄い勢いで散らかってます。掃除が苦手なのはどうしたらいいですか。」
ハネウマガールさんだ。
晴一「人を招く事だね。友達呼ぶときれいになるね。」
昭仁「監視の目じゃないけどそういうのあるよね。。
 どうしたら良いんかな。整理が上手いあの若いお姉さん。本とか出してるよね。
 その人の本とか読んでみたらいいんじゃないですか。 
 ツアーよく行くじゃんか。スーツケースの整理うまくなってとるじゃんか。回数を重ねることよね。」

晴一「人ってぴっちりなケースがあればそこにしまいたくなるんだってよ。
 棚やケースがが用途が違ったり量が多すぎたりするとどうでもよくなると。」

昭仁「可愛いからこの棚買っちゃったじゃだめなんだ。それが一番難しいよな。」
晴一「マンガだったらコミックに合った棚を用意する。
 1巻抜けてたら気持ち悪くなるようにぴっちり入れたくなるんだって。
 汚れとるもんに対して何が必要なのか収納を用意するんだってよ。」


「後輩からたかられてなりません。おごってくださいばかり。お二人はどういう風に対処していますか。」古都の侍さんから。
昭仁「今浪くんから晴一くんは太っ腹系で出す、昭仁は?と言われてるけど、最近飲みに行ってないからな。
 ええかっこしいじゃけえ出してしまうタイプだった。SMEさんに払ってもらえば良かったという日があったりするけどね。」

晴一「自分もおごってもらったけえ、自分が出す時だすし、そういう流れで来てるけえ。」
昭仁「吉本さんは脈々と続いてるって言う。」
晴一「それでええと思うよ。昔話をするとね。
 年下の子と意図的な出会いの場を作る会があるじゃないですか。
 支払い僕がするじゃないですか。
 後輩に気を遣いすぎて一番最初にタクシー乗せられた事がありましたw」
ダメじゃねえか!
昭仁「デビュー前に事務所の金で奢ってやりましたよwこたつも買ったしね。」ひっでえ。
♪EXIT


2:28
普段話さない事を話そう。
「最近泣いた事」 葱が目に染みた
昭仁「泣いたんじゃないんだけどww
 映画で面白かったのがリミットレスっていう、薬を飲むと脳の眠ってた部分が呼び起されて凄く頭がよくなっちゃうっていう映画なんだけど。
 120分が一瞬に感じるくらい泣けちゃったんだよね。」

晴一「どういうシーンで?」
昭仁「全体的に面白かったよ。」 答えになってない
晴一「情報の海に放り出される感じじゃのう。」
昭仁「なにかあります?」
晴一「プロ野球のトライアウトの奴あるじゃないですか。いっつも泣いてしまうね。
 前途洋々としてプロ野球に入ってきて。
 妻子がおって今やめたら路頭に迷うみたいな。
 人生を背負って野球を続けようか家族で話し合ったりするシーンあるじゃん。
 あれが泣けるね。男の生きざまみたいなもので。」

昭仁「苦しかったけども独立リーグに行くみたいな。奥さんが頑張って応援するみたいな事言うんだよね。」
晴一「大人になるとマンガとかでも甲子園でもプロ野球になるまでの漫画が面白かったのに、
 今はグラゼニみたいなロマンもあるけど現実もあるみたいなのが面白いね。」

昭仁「そういうことになっていくもんね。すごく大事なことじゃけさ。」

 
「最近の若者に思うことありますか」
昭仁「俺ねほんまお手上げだからwwどうなんですか。全然触れてないな。
 よく言われるじゃない。そういう傾向はあるんですか。礼儀がなってないみたいな。」

晴一「それはあるね。何しゃべったかな若い奴と。それを覚えてないけえ。」
昭仁「何じゃこのコーナー。」
晴一「AKBの推しメン。」
昭仁「前田あっちゃん卒業するんですよね。突然でしたよね。
 これ言ってもいいんだよね。うちらのライブに見に来てくれる人いらっしゃるよね。北原里英さん。」

晴一「何じゃこの不穏な空気。芸能人がうちのライブに来たっていいじゃない。
 楽屋であいさつし合うわけ。AKBの方いらっしゃってますよどう思うみたいなね。
 喋れるやつ選べよお前。」

昭仁「軽くは触れるけどオチがないっていう。
 事務所及びレーベルの諸先輩について。
 レーベルの諸先輩、SMEには…意外とつながりが薄かったりするじゃない。事務所よりも。
 久保田さん、大好きじゃったのにお会いしたことがないんです。
 かっこいいじゃん今でも。50でしょ?」

晴一「先駆者だから。R&B、ブラックミュージックの先駆者だから。
 変な感じ日本人は久保田さんに教えてもらったというわけだから。」

昭仁「そういう人は老けていかないというね。」
晴一「はましょ…」
昭仁「はい!」
晴一「浜省さんはいいのね」
昭仁「父のような人ですよ。」
♪カシオペヤの後悔


2:42
人生相談
「4月から大学生になりますが、未だに高校時代に好きだった人を忘れられません。どうすればいいのでしょう。」
晴一「なんで忘れなければいけないんですか。」
昭仁「忘れなくてもいいんじゃないでしょうか。別に悪い事じゃないけどね。」
晴一「大学生でしょ。2,3年で決着付けないとと思うけえ。忘れんといけんと思うだけで。
 たまたま離れてるだけでまた会うかもしれないし。」

昭仁「1回違う恋愛を経てみるとかね。経験を増やしていきゃあいいんじゃないの。
 大学生だからええよな。今から何ぼでもあるじゃないの。wwww
 今日中身のある日本語言ってる?」

晴一「今から何ぼでもあるってw」


2:46
昭仁「時間も残り少なくなりましたが、ちょっとここで皆さんに生歌聴いてもらおうかなと思います。
 今夜生でやるのはPANORAMA PORNOの中の曲なんですけども。
 世の中が色々目まぐるしく回って行ってる色んな事があるんですけども、
 誰かを強く思える事、そういう事が強い事なのではないのかなと思って作った曲です。
 こんなもんいきなり生演奏するのは中々ないよね。」

晴一「行き当たりばったりで行きますから。」
昭仁「ちゃんとアレンジもしたんですけども。
 サポートメンバーと一緒に、スタジオで皆で作っていってた曲ですが、今日は2人でやってみたいと思います。
 それでは聴いてください。メリーゴーラウンド。」

♪メリーゴーラウンド(生歌)

途中でこんな歌詞が↓
オールナイトニッポン やっぱ楽しいね
こんな時間まで みんなありがとう

ありがとうは、こっちのセリフ。
ANNだけでも嬉しいのに、生歌が聴けて本当に幸せ。


2:54
昭仁「終わりの時間が近づいてきました。あっという間よほんま。
 天の声来たじゃないですか。天の声のあの人。」

晴一「実はあれだったみたいな。」
昭仁「ないみたいです。ニッポン放送のアナウンサーです。」
晴一「2時間やって得られた回答がシュールすぎようが。」
昭仁「何でもなかった。新藤の母ちゃんだとかなかった。」

メール。
「ツイッター凄い事になってますよ。ポルノばっか。」
昭仁「HOTワードで。ありがたい話ですね。
 俺がオールナイトやってた時と時代が変わっとるな。
 今ツイッター持ってきてくれて…感想が出てますね。
 皆が寄せてくれてますね。ありがとうございます。
 今日俺大事なこと言えました?」

晴一「大丈夫です!元気にやってる事伝えられたから。」
昭仁「俺は元気だ!みたいな。38歳になろうする人間がこういう中身でええんだろうか。」
晴一「普段から聴きよる人もいるけど、今日俺たちに合わせて聴いてる人もおるわけで。
 平日の3時って大概な時間よ。」

昭仁「仕事があるいう人もいるし、6時に起きる人もいるじゃろうし、元気の源になってくれたら。」
晴一「僕たちは元気なの伝わったら。」
昭仁「前は1人だからたっぷりあった気がするんじゃけど、2人だからお互いが喋るからあっという間にもうCMみたいなね。
 久々だったんで生放送でリアルタイムで伝える大事さ。」

晴一「今回は6年ぶりだったんで、近いうちにやりましょう。」是非是非!
昭仁「色々分からないんですけどね。面白いですよね。2人喋りもやってないので。
 まだまだアルバムの感想だとか読めたりするので送ってもらったら嬉しいなと思います。
 新たなチャレンジをしたパノラマポルノだったので、どういう風に受け止められるか気になるところなんで、
 心の深い所で届いてもらえたらいいなと思います。
 7月からまたツアーも始まりますし、是非元気な姿、お会いしたいとおもいます。
 今回のお相手はポルノグラフィティヴォーカル岡野昭仁、」

晴一「ギターの晴一でした。」
昭仁「ぬぽぬぽぽよーん!でしたっけ?」 違うと思う。
2人「さよならー!ばいばーい!」
ばいばいばーすノシ


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2012/03/29 05:13】 | ラジオレポ/他
トラックバック(2) |
ゲストはポルノグラフィティ。
ラジオでもテレビでも、1度は生で観覧してみたい。
14:00
小林「さあ連休真っ只中、みんなゆっくり運転してるのかな?渋滞が見られます。
 このスタジオの前もちょっと渋滞です。
 McDonal'd SOUND IN MY LIFE!イェイ!イェイ!イェーイ!」

(拍手)
小林「Tokyo FM 渋谷スペイン坂スタジオから生放送、小林克也です。
 今日のフラッシュバックイヤーは2000年です。
 そして、ゲストを紹介しましょう。
 ミスター岡野昭仁、ミスター新藤晴一、ポルノグラフィティ!!
 サウダージ!!」
相変わらずテンション高い小林さんw
小林「こんにちは!」
2人「こんにちはー。」
小林「元気かのう?」

昭仁「元気でーす!」
♪サウダージ
確かに2000年の曲だねこれ。

14:03
小林「ポルノの2人を迎えてます。サウダージが流れてます。
 2000年発売の、4枚目ですか。」

昭仁「そうでしたねえ。」
晴一「はい。」
小林「2000年にこだわるわけですが。よろしくお願いします。」
2人「よろしくお願いします。」
小林「Tokyo FM 渋谷スペイン坂スタジオからお送りしているMcDonal'd SOUND IN MY LIFE
 音楽の時空間を越えて、あなたのあの頃にフラッシュバックです!」



14:05
小林「McDonal'd SOUND IN MY LIFE、今日のゲスト改めて紹介します。ポルノグラフィティ。
 僕の前、左側に岡野昭仁さん、新藤晴一さん。
 6ヶ月前です。そのお話をしてたんです。6ヶ月前だけど、3・11の前だから。」

昭仁「はい、一週間ほど前ですね。」
小林「色んな事が変わりましたっていうお話をしております。
 やっぱりね、自分達の作るものも内容だとかスタンスだとか。」

昭仁「それはちょっと大きくというか、うーん、自分の音楽に対する姿勢というか
 自分が目の前にあるものに対しては変わりましたね。
 1分1秒を無駄にできないぞみたいな。そういう気持ちにはなってますね。」

小林「なんとなく、顔が引き締まったように見えます。」
昭仁「そうですかww久しぶりに表に出るんでちゃんとしとかないといけないなと思ってwww」つま恋から2週間ですが。
小林「最近は出てない。」
昭仁「ライブが9月10日と11日につま恋であったんですけども、それが久しぶりになった感じですよね。」

ん、スリラー!?
小林「この曲が流れたら試食タイム。
 今日はですね、1971年のマクドナルド日本上陸以来40年間愛され続ける定番メニューのハンバーガー。
 これが届いています。目の前にありまして。」

昭仁「目の前で見るのたまらんですね。」
小林「1971年に生まれてる人…1人もいない。」
昭仁「1人挙げてます、ちっちゃく。」
小林「この2人も生まれてません。生まれる3年前。」
昭仁「はい。74年なんで。」
小林「これが日本に進出してきました。僕はこれ食べてる。第一号店で。」
昭仁「それすごいですよね。歴史が。はあ、美味しそう。
 たまーに、目の前でこのw」

晴一「変わってないんですか?」
小林「これがスタンダードでね。標準ですよ。ボクにとってはタイムマシーンです。
 あの頃の銀座の光景がわーって浮かんでくる。
 個人的な話ですが、アメリカのプロボウラーと仕事しているんです。家族を連れていて。
 日本に飽きてるわけですよ。親父が仕事していて。
 マクドナルドあるんだよ!と言ったら大騒ぎで。」

昭仁「盛り上がっちゃうんですか!?なるほど。」
小林「今日と明日の2日間、ハンバーガー類をお買い上げになると1971キャンペーンの第一弾としてハンバーガー無料券をプレゼントしています。
 詳しくはwebを確認して…webを確認するより早く行ったほうがいいですよ。」

昭仁「wwwwほんまですね。」
小林「という訳で、よろしくお願いします。 渋滞してるんでその中ですね。

 あ、ゲストのクイズです。
 恒例のクイズを出していただきますが、正解者の中から3名の方にマックカード1000円分プレゼント。
 それでは岡野さん、クイズをお願いします。」

昭仁「僕が疲れた時に体力の回復を図る為に、食べるものがあるんですけども、それは何でしょうか?
 結構分かりにくい感じになってるかもしれませんけども、
 1.焼肉 2.薬膳鍋 3.参鶏湯
 ということで、この3択です!」

小林「ちなみに薬膳鍋っていうのは、体にいいものとか?」
昭仁「そうですね、色々薬膳が入って。はい。」
小林「参鶏湯っていうのは、あの…韓国の。」
昭仁「そうですね。鶏を丸まんま入ってるような奴です。
 どれでも当たるんですけど、食べたそばから体が盛り上がっ…燃え上がってくるような感じの。」
3番かな?
小林「皆さん答えを書いてメールフォームからよろしくお願いします。
 正解、当選者の発表は番組の後半にします!」


小林「ポルノグラフィティがフラッシュバックイヤーに選んだのは2000年。
 2000年を選んだ理由はもう簡単ですよね。」

昭仁「僕らデビューが1999年で1年経って、自分たちの環境がどんどん変わってた年なんで。
 さっき聴いてもらったサウダージは皆さんに愛されるというか、僕らの名前も覚えてもらった人が多いと思うんですけども
 住む家だとか、持つ車だとか変わっていった時期だったような気がしますね。
 (リアルなw)
 戸惑ってる自分と、夢なのかと思ってる自分がいて。
 でもその波に流されないようにしっかりしないとなという、
 環境が変わっていく感じに、負けないようにしないとなと思ってた時期ですね。」

晴一「デビューして、沢山の人に聞いてもらって音楽やってけると思ったから、
 ノストラダムスの大予言がって、本当に世界が終わってほしくなかったんです。
 そんなことなかったねという2000年が飛躍の年になったので、凄く思い出深い年ではありますね。」

ノストラダムスの予言が当たってたらデビューできなかったね。
小林「なるほどね。新しい事が一杯あるわけだし。
 自分達が今までやって来た事がちょっと、半分証明されたんだね。」

昭仁「この先どうなるんだろうという不安も同時にありましたから。
 地に足をつけてしっかりしないととすげえ考えてた時期ですね。」

小林「まだ20代後半?」
昭仁「そうですね。27,8。」
小林「では音楽で振り返ろうと思いますが。
 えー、これを選んでくれたのはギタリストの曲だから、新藤さん。」

晴一「はい、Slash's Snakepit。」
小林「スラッシュはどんな感じでした?」
晴一「ガンズの解散の時はうだうだうだうだしてたんです。
 僕らが中学生高校生の時、やっぱりスラッシュは凄くカリスマでいて。
 スラッシュがうだうだした状況から脱して、自分のバンドを作った時に凄く興味があって聴いてた気がしますし。
 アルバム自体はルーツ的な、ブギーだとかブルースだとかすごいフューチャーされてたんですけど
 ライブ行ったら、他のメンバーが若手なんです。
 だからスラッシュが凄く気を使われてるという、ロックバンドとしてあるまじきスタンスだったんです。
 バチバチした感じがなくて。」

小林「そういうことか。スラッシュは凄くいい奴ですよね。」
♪AIN'T LIFE GRAND/Slash's Snakepit


14:15
小林「Guns N' Rosesのスラッシュがソロになってこのグループで出ました。
 Slash's Snakepit、ちょっと駄洒落っぽい名前でね。
 AIN'T LIFE GRAND、新藤さんのセレクトで聴きました。
 次は岡野さんのセレクトで。新藤さんとは違いますね。」

昭仁「僕もスラッシュ好きですし、Guns N' Roses大好きなんですけども。
 そのアメリカンハードロックというか、その辺を通った後に辿り着いたというか。」

小林「Radioheadですね。」
昭仁「そうなんです。
 Radioheadなんですけど、OK コンピューターのKarma Policeという曲で。1997年のアルバムで。
 僕何か聴かず嫌いで聴かなかったんですよ。
 2000年に聴くようになって、すげえアルバムだなと思って。
 3年くらい経ってますけど時代の音が詰まってるというか、そして時代も作ってるというのが凄く衝撃で。
 こんなバンドいたんだという衝撃が凄くありましたね。」

小林「もう少し具体的に言うと、声を出さないけど声が出てるような。」
昭仁「感情の表現の仕方というのが、
 凄く絶望なのが、ちょっとそこに未来があるのが見えてくるっていうか。
 暗いだけでなくて明るい兆しがある事も見えてくるし。
 それがずっと時代が変わらず、今もそうじゃないですか。ずっと新しいことをやり続けつつ。
 ただ新しいことやりたいだけじゃなくて、時代の声を鳴らしてるような気がするんですよ。」

小林「さあいいですね。
 新しいファンが今度は。君たち若いね。感激で何を言われても。
 Radioheadは知ってるよね。1人が頷いています。
 Karma Policeという曲です。」

昭仁「聴いてください。」
小林「岡野大先生の人生を左右するような曲だった。」岡野大先生w
昭仁「いやいやw」
小林「車で言うとガソリン。」
昭仁「そうですねw」
♪Karma Police/Radiohead


14:21
小林「Karma Police、初めて聴いてる人もいるかもしれないですが。
 スラッシュを聴いてこういうのを聴くと、
 何か自分の追求していた形とか、そういう風なものを崩されたり、
 高いところに登ったら梯子を外されたみたいな感じが絶対すると思うんですよ。」

昭仁「OKコンピューターはそうでしたね。こんなやり方があるんだみたいな。
 ミュージシャンの間でよく言われますよね。僕もそう思いましたね。解明中々できなくて。」

小林「自分の中に、こういうものはあるのかという確認とかするでしょう。」
昭仁「そうですね。そういうきっかけにもなりましたよね。
 時代の音を鳴らせるようになりたいなという、
 目標になったというか、そういう指針になったようなアルバムでしたよね。」


ファンファーレ?
小林「この音が鳴りますと、サプライズクイズなんです。
 今日は割り込みクイズで、2000年の頃聴いていたというaikoのボーイフレンド、
 この曲に他のアーティストが強引に割り込んで歌っていますが、それは誰でしょうかという割り込みクイズです。」

 あー(まーつげ)の先に刺さったー♪

小林「中々分かりにくいよ。突然来るから。
 1名の方にマックカード1000円分用意してます。正解当選者の発表はこの後です。」

全くわからん。

14:25
小林「さっきのサプライズクイズクイズ、正解は、

 おーどりにーいこうかー♪
 きーみはまーつげ伏ーせたら…

 今の「まつげ」。田原俊彦が正解です。
 田原俊彦って面白い人ですよね。
 急にガーッと楽屋に入ってきて。「皆さん元気ですかー!?」って。
 ああいうエネルギーの出し方もあるんだという。」
2人「へーえ。」

小林「さあ、小林克也から恒例ですが1曲プレゼントするコーナーです。
 前回、6ヶ月前にお越しの時はPoliceを選びました。何か共通したものがあるなと感じたから。
 改めて見ますと、ポリスでもないなとwジャッキーチェンかなとw」

昭仁「よく言われました昔wジャッキーチェーンが大好きだったんで。嬉しかったです。」
小林「ジャッキーチェンとは関係ないんですけどもw
 これはパンクの別れのメッセージみたいな有名な曲をプレゼントいたします。」

ロンドンから遠くの町の人達へ。宣戦布告された。戦いは始まってるぞ。
 ロンドンより地下社会へ。若いもん、隠れてないで出て来い!
こちらロンドン。我々の方あんまり注目しなくていいです。
 もう胡散臭いビートルズ信仰も崩れ落ちちゃったよ!
こちらロンドン。こっちはあんまりイカしてないっすよ。警防を振り回してる連中はバカ元気だけど。
 氷河期が始まるぞ。太陽がぐっと近づいてるのか?
 車は止まり、穀物は取れなくなって、原子力の事故でも怖くないっす。
 ロンドンが沈んでく。でも俺川の近くに住んでます。
ロンドンからモノマネ地帯の皆様へ。いい加減やめて自分1人でやれ!
 ロンドンから死んだも同然のゾンビ達へ。頑張らなくていいぞ。お前らも休め。
こちらロンドン。話そうとしたらお前、逃げたよな?
こちらロンドン。もう俺達行っちゃってない。行ってません。
 ただ黄色いどろんとした目をしてる奴はいるけど。
こちらロンドン。俺は色々体験したぞ。
 皆に何て言われてるか知ってる。でも、話の半分は本当だ。
こちらロンドン。ボリューム一杯で発信してる。
 どうよみんな、そろそろニコッと笑ってくれる?

♪THE CLASH / LONDON CALLING


14:30
小林「という訳で、CLASHのLONDON CALLINGという曲をお送りいたしました。
 これは子供の頃ですね。2人がね。」

昭仁「そうですねー。」
小林「70年代のパンクのムーブメントがあって、
 パンクで出てきたんだけど、この人達は怒ってばっかりじゃなかった。
 イギリスの評論家達が一番優秀なアルバムに、この曲が入ったアルバムを選んで。

 という訳でさっきのゲストのクイズですが、
 ポルノグラフィティの岡野さんが疲れた時に体力の回復を図る為に食べるものは何でしょう?
 という問題を出しました。漢字が多すぎる。
  1.焼肉 2.薬膳鍋 3.参鶏湯
 みんな漢字です。正解は?」

昭仁「2番の薬膳鍋でした。分かりにくかったかもしれないんですけども。」
小林「何が入っているんですか?」
昭仁「クコの実だとか生姜だとか、要は薬膳ですよね。
 鍋が2つあって、辛い方と辛くない方のスープを混ぜ合わせて、豚肉をしゃぶしゃぶしながら食べるんですけども。
 食べてる側から元気になっていくというか、体が熱くなって絶対大丈夫みたいな。
 疲れなんて吹っ飛ぶわという感じですね。」

小林「ヒントはそれでしたね。だから2か3。3が一番多かった。」私も3だと思った。
昭仁「そうですか、すいませんね。」謝らなくてもいいのにw

小林「今週33枚目。サウダージが4枚目だから。」
昭仁「いつの間にかという感じです。自分達でも。」
小林「いいペースで出してますね。あれは苦しくなかったですか?」
昭仁「1ヶ月に1度出してるときもありましたね。]
晴一「ミュージシャンである以上、とりあえず前に進んでたら、
 色んな問題があるんだけども、前に進む事で解決すること一杯あるじゃないですか。
 ミュージシャンはリリースなので、リリースが苦しかったけど、解決してくれた問題も沢山あるので。
 この枚数って言うのは誇らしいと思います。」

小林「問題の回数でもあるし、成功の回数でもありますね。
 33枚目、ワンモアタイムです。作る時に何かエピソードっぽいのはありますか?」

昭仁「震災後初めてリリースするものだったので、その影響は大いにありまして。
 詞曲僕が書いたんですけども、
 震災後、僕自身がどうやって前に進んだらいいか分からない時期があって。
 被災者の方の悔しい涙とか悲しい気持ちを見てると、
 俺こんな事やってる場合じゃない。この涙を絶対無駄にしちゃいけないんだという所から始まって。。
 聴いてくれてる人が前に進めるような、自分自身も奮い立つような作品にしようと思い作りましたね。」

小林「新藤さん。」
晴一「…はい。」
小林「今油断してたw」
晴一「この後の仮歌の歌詞考えてましたw」
小林「色んな事考えながら。OKOK。
 幕張メッセでクリスマス、年末ライブというのをやりますね。
 24、25、そして31日は年越しカウントダウンライブと。」

昭仁「そうなんです。全部イベントごとがある日ですね。」
小林「シングルの数は悩みに打ち勝った数と言いましたけど。
 これも新しい作品です。感じてください。ワンモアタイム。」

♪ワンモアタイム/ポルノグラフィティ


14:42
小林「あなたが勝手に決めた記念日、それにまつわる勝手なリクエストを募集する記念日リクエスト。
 今週は兵庫県のけんたろうさん38歳、あなたです。」

自分が18、妻が17の時に子供ができて結婚しました。
 17歳で出産を迎える妻は、つわりが酷かったこともあり、不安から来る苛立ちを僕に向けてきて、
当時まだ子供だった僕は受け止めきれずに逆ギレして物に当たったり怒鳴ったり、
今考えると壮絶な新婚生活を送っていました。
 そしていよいよ出産の時。
僕は血が苦手なので外で待ってましたが、妻のあまりの悲鳴に苦しくなって頭がパニック。
「しっかりしろ!」と妻の父に怒鳴られた瞬間、僕の名前を呼ぶ彼女の声が聴こえたんです。何度も何度も。
そして気付くと彼女の手を握ってる自分がいました。
 今年、その時の息子が20歳になります。
結局走り続けるばかりで旅行は勿論、結婚後2人きりで出かけた事もなかった僕達。
今年は彼女と2人、初めての温泉旅行に行こうと思ってます。

♪黄昏ロマンス/ポルノグラフィティ


14:48
小林「という訳で兵庫県のけんたろうさん、38歳。
 あなた18で結婚しましたか。
 もっと大変だったのは嫁さんですね。17で子供生んじゃったんですよ。
 ポルノグラフィティがまた凄く雰囲気が合ってますね。」

晴一「5年位前の曲なんですけど、段々自分も大人になってきて
 瞬間的に恋愛を言葉にする事が多かったんですけど、
 時間軸で深まる恋愛みたいなのを書ければなと思って書いた曲なので、
 こういうエピソードがくっついて嬉しいです。」

小林「分かりやすいですよね。こういう解説は。
 ちょっと長期にじわっと来るような。
 そういえば風格が出てきましたね新藤さん。」

晴一「そうですか、ありがとうございます。」
小林「因島想像すると東京物語の笠智衆とかね。」
晴一「大人になってきましたねw」
昭仁「37ですからね。」
小林「何点かという5段階。」
昭仁「温泉に行くのならあげてもいいんですけど、
 まだ行ってないので、感動としては4にしておきましょう。
 行ってほしいなと思います。」

小林「4000円分のマックカードがあります。死ぬほど食べてください。
 というか皆で祝ってください。
 ゲストの選曲に気を使うのも有利に働くかもしれません。」

晴一「www」
昭仁「ばっちり合ってたのに4という悲しさ。」
小林「先週初めて1が出ました。」
昭仁「思い切りましたね。」
小林「いいものだったんだけどね。
 SPECIAL OTHERSというグループがグループらしさを発揮したんですよ。

 ということでクリスマス、大晦日のイベントまで取り立てて予定とかはないんですか?」

昭仁「色々動こうと思ってるので。まだ詳しくはいえないんですけども。
 ライブ前に色々動きがあると思います。
 書き溜めてる曲もありますので皆さんに聴いてもらえたらと思います。
 こんな言い方しなくてもいいのにね」
何!!?これはまさか…?
小林「書き溜めてるというのは頭の中にあるんですか?」
昭仁「ほとんどデモテープというかレコーディング直前の奴がたくさんあるんで。」
晴一「この後歌入れに行きます。」
小林「それでちょっと新藤さんは考えてたんだよね。」
晴一「小林さんの朗読が良すぎたので、歌詞にパクれないかなと思って考えたら質問が来て。
 それに刺激を受けていい歌詞書ければなと。」

昭仁「メモいただきました。LONDON CALLINGの。」
小林「2人目ですそれよこせって言ったの。誤字脱字多いですけれども。
 出身が近いんで広島弁で喋ればいいんですけど。元気そうじゃのうとか。
 そういうポルノグラフィティを迎えてお送りしました。
 来週のゲストは竹中直人、また変わった人が来ます。」

昭仁「笑いながら怒るw」
小林「古いw本当にやるんですよこの人。また歌が上手い。」
昭仁「多彩ですよね竹中さん。」

小林「そういえば歌入れの時に歌に魂をこめたり、意識します?」
晴一「するんじゃないですか、普通で言うと。」
昭仁「そうですね、はい。」
小林「NGはどういう基準で?」
昭仁「魂って言うのもありますけど、ピッチ悪いとか現実的なことが多いかもしれないですね。
 最近は魂が見えるかどうか、伝わるかどうかの度合いが大きくなってきました。」

小林「小林克也がお送りしました、McDonal'd SOUND IN MY LIFE。
 この番組はマクドナルドの提供でお送りしました。」

お疲れ様でした!
ちなみにマックで頼むのはいつも100円マックのマックポーク。
でも今日明日で行く予定ないんだよね。


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/09/24 18:20】 | ラジオレポ/他
トラックバック(0) |
TokyoFM「McDonal'd SOUND IN MY LIFE」にポルノがゲスト出演した時のレポです♪


小林「…本番です。McDonal'd SOUND IN MY LIFE!!
 TokyoFMスタジオスペイン坂から生放送の"SOUND IN MY LIFE"、小林克也です。
 今日のFlash Back Yearは1999年、1999年といえばみんな分かりますね?
 ゲストを紹介しまーす!ポルノグラフィティ!」

(歓声)
晴一「よろしくお願いします!」
昭仁「こんにちはー初めましてー。」
小林「曲は勿論この曲、アポロ!発射!」
♪ポルノグラフィティ「アポロ」
発射ってwww


小林「McDonal'd SOUND IN MY LIFE"、改めてご紹介します。
 ポルノグラフィティ、岡野昭仁さん、そして新藤晴一さんです。」

昭仁「どうもこんにちは!」
晴一「初めまして。」
小林「何回か会った気もするんですけど、会ってないという。
 ただ僕は福山で生まれて育ちました、すぐ近くです。」

昭仁「それだけで嬉しいですね。地元が一緒って言うのは。」
小林「だから初めてのような気がしないし。小さいときから声でかかったんです。
 岡野さん声でかかったでしょ。ミキサー泣かせだったりしますか?」

昭仁「そうかもしれませんね。」

小林「1999年を取り上げました。2人が皆に衝撃を与えた年でありますが。
 恒例で、ゲストにクイズを行います。」

昭仁「僕が初めて会った海外のミュージシャンは誰でしょうか。
 1.セリーヌ・ディオン、2.マライア・キャリー、3.エリック・クラプトン
 ライブじゃなくてばったり会った系のクイズです。もうびっくりしました。」

小林「皆さん、例のサイトで参加してください。」

小林「1999年、この頃のお2人はどんな感じでしたか?」
昭仁「怖いもの知らずというか、田舎物で無知な感じで勢いのまま突き進んでたんで。
 まだその名残があった1999年ですね。」

小林「ラジオから聞いたんです。へんな喋り方するなと。広島と大阪弁が混ざったような。
 今標準語喋ってますが、歴然と発音が違うね。何て言うんだろうね。」

昭仁「かもしれませんね。イントネーションが違うかもしれませんねwww」
小林「歌い方なんかも広島の人。
 日本のほかの歌手とノリが全然違うんです。違う人格になったような感じで歌うでしょ。」

晴一「影響された跡がないですね」
小林「スティングみたいな感じ。あの人って映画なんかだと悪役が似合うような人なんです。
 それみたいな光線を発してるんです。」

昭仁「嬉しいですね。声が似てると言われた事もあります。」
小林アマチュアでやってたときもそう?」
晴一「氷室さんに影響された人多かったですけど、最初からないですね。」
小林「やっぱり因島だからかな?見渡す限りミカン畑でしょ?」
晴一「練習していた部室の裏はミカン畑だったので、アンプの音を大きくしても文句言われませんでした。」
昭仁「山に行くだけだったので。」

小林「2人にそれぞれ選曲してもらったんだけど、
Donny HathawayのWhat's Going On。」

昭仁「これは1999年にかけてということなんですけど、
 僕26歳だったですけど、その「Live」ってアルバムを録ったのが26歳の時。
 特にあのアルバム素晴らしいじゃないですか。名盤なんで。
 差に頑張らないかんなみたいなことを思いました。」

小林「ライバルというか目標というか。」
昭仁「神様のような人ですんで。」
小林「この人26歳のとき凄いデブだった。デブの人はルックス気にするでしょ。
 僕の友達が写真撮ったら、「こっちから写してくれ、こっちを写すな」って。
 そんな変な人だったらしいですよ」

♪Donny Hathaway「What's Going On」



小林「業界の人はMarvin GayeよりDonny Hathaway派が多いですね。」
昭仁「ありがとうございます。偉大だなぁ。」
小林「耳に入ってる君達?この音楽は岡野君の栄養だから。知ってる?」
昭仁「w」
小林「新藤さんはエリック・クラプトンを選びましたね。」
晴一「僕が20歳位の時のアルバムですけど。ずっとハードロックやってきて。
 ギターの本にロックだろうがメタルだろうが元はブルースなんだって言うことで。
 その当時凄く練習した記憶があります。」

小林「教科書なんだ。」
晴一「未だにこれ聴いてますね。」
小林「Muddy Watersという人の有名なブルースで、
 「HOOCHIE COOCHIE MAN」というのはセックスの話…ちゃんと知ってるんだ。
 Muddy Watersがライブやると前の10列が皆女の人だったという。
 だからポルノグラフィティとかつけたんじゃないでしょ。」
2人「www」

♪ERIC CLAPTON「HOOCHIE COOCHIE MAN」



小林「そうですか、大体分かりました。目が合うと笑う。
 ファンはいい子ですね。手懐けてますねwいい子ですね。
 ERIC CLAPTON「HOOCHIE COOCHIE MAN」ファンキーなのがいいんだね。
 広島のバイブレーションがありますよ。」

昭仁「そうでしょうね」
晴一「変わりようがないというか」
小林「僕らの世代は強引に直したんですよね。方言は残っていくべきで。」
晴一「18の時に出ちゃったんで、地元の友達には怒られます。」
昭仁「おかしいって言われます。」
ん、ファンファーレ?

小林「クイズを出して楽しもうという割り込みクイズです。aikoの花火。」
晴一「絶賛ベスト発売中なんで!」
小林「aikoの花火に割り込んで入ってるアーティストは誰でしょうか?」
♪三角の耳した羽根ある天使は 恋のため息聞いて~
昭仁「リスナーが答えるんですよね?」
晴一さん宣伝ありがとう!



小林「正解を発表します!
 三代目 J Soul Brothers。EXILEの弟分。2人とも当たってましたね。」

昭仁「それ系だとw」

小林「これも恒例なんですが、僕がゲストに歌をプレゼントするというコーナーです。
 翻訳して自分のミックスで差し上げるという、そういうコーナーです。

 流れ流されまわりは見知らぬ海 またたった一人の孤独の日々
 孤独は深まるばかり。いつまで耐えられるんだろうか?
 僕が全てを投げ捨てる前に僕を誰か救ってくれないかな?
 そうだ、世界に向けてSOSを流そう SOSを流すんだ
 誰かが瓶の手紙を見つけてくれるかもしれない

 あの手紙を書いてから1年経った あれから希望だけにすがって生きてきた
 愛は人を救うけど、愛人を傷つけもする。だから世界に向けて僕はSOSを放った。
 今朝散歩に出て僕が見たもの 信じられなった 何を見たと思う?

 海岸に打ち寄せられてる何十億もの瓶
 何十億もの人間が世界にSOSを送っている。
 何十億もの人間が温かさを求めている」

♪Message In A Bottle / The Police



小林「70年代の曲をお送りしました。ただ歳で行くとこの頃は若すぎて。」
昭仁「生まれてますね。78年なら4歳くらいですね。」
小林「スティング似ているといわれた事があるらしいけど、声とかそういうのじゃないね。醸し出す空気が。
 それじゃ、さっきのサプライズクイズの正解を発表します!めちゃくちゃ正解少なかったです。」

昭仁「初めて言ったと思うんですね。ほとんど言った事ないと思います。
 正解は1番のセリーヌ・ディオンです!
 生まれて初めて行ったライブに、セリーヌディオン来ていて、見てたんですね。
 友達と近くのホテルに帰ったら、エレベーターから降りてきたのがセリーヌディオンだったんです。
 セリーヌディオンを全然知らなくて、何の事か分からないまま写真を撮ったんです。
 写真はどこか行ってしまったんですけど。」

なくしたのかよ!

小林「3月2日に32枚目のシングル。凄いですね。」
昭仁「ぎょうさん出してます。出てしまいましたね広島弁とか」
小林「印象に残った奴とか忘れ去られた奴とか、学校の先生みたいに。」
昭仁「デビュー曲はやっぱりあの頃の事は覚えてますね。思い入れが強い曲もありますし。」
小林「ドラマの主題歌にもなってますが、こういう時は結果的に使われるんですか?注文受けたりとか」
晴一「最初に話があって、台本も読みましたし、監督・プロデューサーの熱意もぶつけてもらえましたし。
 どういう距離感で書くかというのもあって、ちょうどいい所で書きました」

小林「職人ぽい話だけど、言うのは易しいけど実際めちゃくちゃ難しいよね。」
昭仁「言われたのはテンポ感と熱意ですよね。
 難しいもんで、どういうものをプロデューサーさんがイメージしてるかも作り上げてみないと分からないし。
 その先に飛んでいかないといけないと思うから、自分の世界を広げていくんが難しい作業だったんじゃないかと思いますけどね。」

小林「どんな出会いをするかそれを楽しむという。」
晴一「タイアップのときとかに示される例が、今回じゃないですけど、示される曲の例が超名曲だったりするんです。
 サザンのTSUNAMI書いてくださいとか。」
むりwww
小林「嫌らしいね。
 そして∠TARGETツアーの模様を納めたDVDが発売になると。
 それではその新曲を改めて聴きましょう!」

♪ポルノグラフィティ「EXIT」



リスナーからのリクエスト
「11年前ポルノグラフィティに出会うまで、私は毎日をなんとなく過ごしてました。
 趣味もなくて仕事もやる気がない、本当に無気力な毎日でした。
 そんな時何となく買ったCDのカップリングに入っていたこの曲で、私の人生が変わりました。
 "Say it aloud."Search the best way" 誰かからパンをねだる鳥にはなれない"
自分で動き出さなければ何も始まらない事、
 自分の信じた道に正解も間違いもないという事をこの曲が教えてくれました。
 あれから11年いろんなことがありましたが、今では自分を信じて、自分の足で生きています。
 11年間ずっと側にポルノグラフィティの音楽が寄り添ってくれることを嬉しく思います。
 またライブでお会いできる日を楽しみに待っています。」

♪ポルノグラフィティ「Search the Best way」
いい選曲だ。



小林「自分の曲を久しぶりに聴いてどうですか?」
晴一「懐かしいですね。」
昭仁「カップリング曲を聴いてというのが嬉しいですね。
 日の当たらない所にいる曲を聴いてというのが。」

小林「生き方に影響を与えるのは下手すると宗教でもないけど…
 …変な行いできないですね。酔っ払って道に寝転んだりとか。」

昭仁「wwwしないですよw」
晴一「もうやめました!」
やってたんかい!
小林「感動度は?」
昭仁「5マックで。ここまで言ってくれましたから。」
小林「5000円分はすごいですよ。」
晴一「ビッグマック安いですからね。」


小林「お別れの時間が来ております。今年はどんな年…夏、秋、冬。」
昭仁「まだ未定なところもあります。色んな事を、11年目なりの活動をゆっくり考えていこうかなというか。」
小林「昔のアカデミー賞やってたけど役者によっては1年休暇とったりする。」
昭仁「羨ましいですね」
小林「桑田くんの話もしてたんですけど曲が浮かんですぐ帰ってきたりする。貧乏性。」
昭仁「それぐらいになってみたいですね。沸きあがってくる感じ。そこを目指したいですね。」
小林「これだけのことをやってるわけですから。次を期待しております。よろしくお願いします。
 では皆さん来週もお楽しみに。小林克也でした。」


お疲れ様でしたー!


追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/03/05 16:21】 | ラジオレポ/他
トラックバック(0) |
ブログの復活記事はaikoの復活ラジオです!
初回特典の曲の歌詞も書き起こしたよ。





1:00
こんぽr…あれ?ラジオ壊れた?
aiko「w…聴こえる?これ?パチパチ。聴こえますか?これがラジオですよ。
 音を届けると言うのが、ラジオです。
 こんばんは、aikoです。よろしくお願いします。
 はんにゃのオールナイトニッポンを楽しみにしていらっしゃった皆さん、すいません。aikoです。
 今日はですね、私がここから2時間wお届けしたいなとww思ってます。

 すごいぱちぱち。本当に。跳ねてるでしょ?
 久しぶりに帰って来たので、やっぱりラジオは音を伝えるものですもので、
 皆で一緒に音を楽しもうと思い、オープニングは、こんな感じでお届けしようと思いましたw
 久しぶりですよ本当にー。ちょっと待ってな。飲むわ(ぱちぱち)。うん。食べ(ぱちぱち)www
 食べすぎてん、うん。

 はい、ということでですね、時刻の方は1時を回りましたwww
 しばらくお聴き苦しいかもしれません。パチパチがなくなるまでちょっと…
 AMラジオのノイズじゃなくて私の飴のせいなんですw
 今ね、車で聴いてる人とか、歩きで聴いてる人とか、
 お家、会社、彼氏ん家とか、彼女ん家とか、おばあちゃん家で聴いてるとか。
 ベランダで頑張って聴いてくれてる人とか、色んな方達がいらっしゃると思います。
 2時間たっぷり楽しい時間をお届けしたいと思うんですけども。

 久々のaikoのオールナイトニッポン、帰ってまいりました!
 8年前やらさせていただいてたんですけど、
 久々に帰って来たので、今日はもうじゃんじゃん頑張ってお届けしたいと思います!」



早速メールが来ているようです。
「aikoのオールナイト一夜限りだけど、復活するって発表があってから、今日が来る日を待ってたよ!
元禄時代の元禄をがんろくって呼んでたaikoさん、漢字には強くなりましたか?」

aiko「マジで?全然あかん漢字。
 オールナイトやらさしてもらってる時は、1週間に1回絶対ラジオで色んな話をすると思ってたから、
 普段色んな場所とかテレビとかラジオも全部、ピピーンとアンテナじゃないけど全部目を見張ってて。
 こんな事が起こったとかさ覚えててんけど、それがなくなったら凄いの物忘れが。
 こないだジョンテが出ててへんくて。知ってる?ダンサーの。1日悩んだ事ある。
 全然この頃思い出せないんです。
 これ読めますか?という漢字も送ってくれたらいいと思います。
 悲惨なことになると思うのでお待ちしております。」

昔西東京市をにしひがしと読んだ人がいましたねえ。

「ぬるコム復活嬉しいです。
 aikoのオールナイトニッポンがレギュラーだった頃はラジオを聴いてなかったので、
 初めてaikoのラジオを聴いたのは横顔が発売になった時でした。
 その時ぬるコムの意味が分からず、
 ネットで検索したらエロサイト見たいなのがいっぱい出てきて焦った覚えがあります。
 今思うともっと早くaikoの歌とラジオに出会いたかったなと思います。
 実は私、今週末大学受験です。緊張しますがaikoのラジオ聴いて頑張ります!」

aiko「大学受験?18歳?
 じゃあaikoがデビューした頃5歳?ちびっこ。ちびっこだわ。よろしくね。
 ぬるコムはぬるいラジオなのでぬるコムというタイトルがついたんやけど、
 @llnightnippon.comという名前だったの。
 だからぬるコムやってんけど、そっかー、エロサイトいっぱい検索した?大丈夫?
 こんな感じで色んな人から届いているんです。」


aikoの携帯にもお母さんからメールが来ているようです。
「あいちゃん?あがってる?
 1時頃タワーレコードに行ったよ。隣の男の子と、後ろ3番目高校生の女の子もまとめを予約してたよ。
 めちゃくちゃ可愛いと思ったし、あーいこ、これ不思議(笑)。
 ちょっとの間に知らんaikoファンと2人も会うなんて、心からありがとうでした。
 きっともう聴いてるよね。コム、楽しんでね。昔みたいに。
 母ちゃんは家の電波が悪いから、これで聴くよ。災害用のラジオです。
 オープニングソングが流れてからじゃないとチャンネルが合わせられない。おもろ。」

aiko「今頑張って周波数合わせてくれてるんだと思うんだけど。
 災害用のラジオってすごい便利ですよね。家に1個置いとくの大事よね。
 私もCDプレーヤーにFM・AMチューナーがついた奴持ってるけど、便利やから。
 動き回って聴いたりとかできるし、特にAMラジオは電波探しに行けるんですよ。
 今頃うちの母ちゃんも探してくれてると思います。」

aiko「今日はたっぷりと、2時間お届けしたいなと思いますので、是非ともよろしくお願いします!
 第168回、まとめやで!生放送やで!帰ってきたでー!の巻!!
 aikoのオールナイトニッポン!」


ANNに帰ってきたのに、なぜかぬるコムは初めまして。
久々で手が追いついてない。



1:08
aiko「お母さん、始まったで!ビタースイートサンバ!
 改めましてお久しぶりの照り焼き。aikoです!
 レギュラー時代からは8年振り。特番では4年振りの照り焼きです。
 ちょいちょい復活してるの照り焼きwwwね!
 ゾンビのごとく蘇るの照り焼きwもしくは元彼と何度もよりを戻す照り焼き。
 前回の復活は40周年を記念して照り焼きさしてもらいましたけど、
 今回はaiko初のベスト盤リリース記念です!いぇいっ!(拍手&ファンファーレ)

 わたくしaikoの「まとめ1」「まとめ2」というベスト盤2枚、23日に発売と言う事で。
 もう今日発売ですよ。えらいこっちゃやわ。
 今日行ったの、レコード屋さんに。
 銀座にある山野楽器店と、渋谷のタワーレコードとツタヤに出させていただいて。
 山野楽器で超フレッシュな男の子に会った。
 高1の学ラン。ちょっと短髪伸びた感じ。色が白くて控えめな子。声かけてくれて。
 「1年前からaikoさん好きになったんで、まだ浅くてすいません。」って。律儀。
 横にいたポニーキャニオンのaiko担当のべーやんが「可愛い~!」って言った位ピュアボーイだったの。
 私らおばちゃんやから可愛い連発して。ほんまに可愛かってん。
 「オールナイトニッポンやるから聴いて!」「聴きます!」って。聴いてるかな?
 ピュアボーイもメールちょうだい。すっごいいい子やった。

 タワレコも行かさしてもらって。すごくお店の方達応援してくださってて。
 それを見に行って、たまたまCD買いに来てくれていた人にも会ったりとかして。

 今日はですね、本当に楽しいライブ…じゃないw
 ライブみたいな気持ちでラジオお届けしたいと思うんですけど。
 ちなみに、aikoのベスト盤「まとめ1」「まとめ2」にも初回特典として、
 「aikoの@llnightnipponぬるコム」というラジオが、特典CDでついてるの。
 まぁーね、酷い!凄い酷いの。家帰ってびっしょり汗書く位の酷いラジオです。
 だから今日は謝罪ラジオとしてお届けしたいなと思いますw
 後程たっぷり謝罪したいなと思いますので、是非とも最後まで聴いていただきたいなと思います

 それから、今夜はですね、ラジオ初OAの曲もお届けしたいなと思います!
 今回「まとめ1」「まとめ2」の初回特典だけに入っている曲があるのね。
 それはこうやってラジオをやり続けたからこそできた「ラジオ」という曲があるんですけども、
 それを今日この放送中にお届けしたいなと思います。
 ですので、是非とも3時まで!よろしければ生放送聴いていただきたいと思います。
 最後までaikoと変な汁を出しながらお付き合いください。照り焼き。

 それではこの曲をお届けしたいなと思います。 
 何かさ、久しぶりのこのクレジットといった時、じゅわっと出た。汗が。でも嬉しい。
 3時までよろしくお願いいたします。では元気にこの曲からお届けしましょう!」

♪ボーイフレンド


1:17
aiko「aikoのオールナイトニッポン、最初の曲は私aikoでボーイフレンドをお届けしました。
 緊張するw早速メールもいただいております!」

「始まりが飴の音。ヌルコムが帰って来たって感じです!」
aiko「良かったね。聴こえてるのかって不安が沢山あったんですけど、聴こえたって事で。
 どうもありがとうございます!
 ってことで、今日のメール・FAXのテーマを発表したいなと思います!こちら!
 "ねえ、元気?どうよ!?"
 aikoのオールナイトではですね、いつもの~どうよ?でメッセージを募集しております。
 これが、いつも内容がぬるいんです。要は、くくると、何でもええという。
 皆からメール・FAXが来たらそれで幸せなんです。
 元気な人はどんな風に元気なのか、ちょっと元気ない人は何で元気ないのか、
 今どんな事しながら聴いてるとか、今どういう状況にあるとか、心境とか、
 自分の今のプロフィールとか、何でもいいので送ってきてほしいなと思います。

 (ほとんどふつおたじゃないかそれ。)

 他にもaikoが知りたいのが、昔聴いててくれたaikoのぬるコムリスナーちゃん達のBeforeAfter。
 8年も経ってるからね。」


レギュラー時代のリスナーから
「時代が変わりましたね。オールナイトニッポンも今は投稿もメールの方が多いんですよ。
 筆ペンでスタッフの方に覚えて貰おうと送ったFAX、懐かしくて懐かしくて。
 そんな私は、三十路になりました。」

aiko「22歳だったって事?今はメールなのよ。
 今日ハガキも来てすっごい嬉しかった。直筆の文章、ペンとか鉛筆の文字の力強さってすごいねって。
 でも今日ははじめましての人も聴いてくれてると思うし、
 勿論ベスト盤の質問とか感想も、わたくしaikoへもあんな事どう思うとかあったら送ってきてください。

 番組の中でメッセージが紹介された人にはですね、恒例のカードと新聞をプレゼントしたいと思います。
 毎回毎回、昔もプレゼントしてねんと思うけど、
 カードって言ってもノーギャラ作家のブルンブルンが文房具屋さんとかで買ってきたトランプに、
 私が直筆で落書きをしているというカードと、
 作家のきみっぺが凄い力をこめて書く新聞。aiko新聞は読み応えがある。ほんまに。
 フリーペーパーとしてキヨスクとかに並べたいくらい面白いです。
 ただし、殴り書き…ちゃんと書いてよw
 プラス、今日はプレゼントにオリジナルまとめちゃんパーカー、
 ブルーまたはピンクを、聴こえる?カシャカシャ、それぞれ4名の方にプレゼントしたいと思います。
 それと、aikoオリジナルまとめちゃん紙袋。はい(叩)、ラジオは音を届けるんです。
 こちらまとめちゃん紙袋合計10名様にお届けしたいなと思います。」

ダイアリーで見たけどどっちも可愛い。
元気が出る言葉は何でもいいのねw 



1:24
みんな寝るなよ~!
aiko「デビューして13年、小さな体ながら、持ち前の根性としつこい性格で、ここまで頑張ってきました。
 時には同時に5コも6コも口内炎を作り、時にはラジオの生放送で鼻血を出し、それでも輝き続けた。
 そんな、美魔女の登場です。
 トゥルルルルルルルトゥルルルトゥルルル…
 ジャーン!
 aikoでーす!!(拍手&ファンファーレ)

 この音がなかったらどうなることやら。時刻の方は1時25分です。
 長ったらしい紹介は置いといて、ベストが出ました!
 わたくしaikoの「まとめ1」「まとめ2」ということで、今日は謝罪ラジオにしたいと言うてたけど、
 ほんまにごめんなさいすごいの…
 「まとめ1」「まとめ2」、謝りたい事がそこそこwあります。

 まずはHPのダイアリーでも謝ってるけど、まずステッカーの糊が強い!強すぎる!
 気になった人はHPのダイアリーの所をチェックしていただくと、
 詳細が載ってますのでそれを見ながら聴いていただくのもありがたいんですけど。
 CDのビニール袋あるやん?その裏に今までの色んなCDをステッカーにして貼ってるわけ。
 それで、そのステッカーの下にビニールに開け口があんねん。
 でも普通そのビニールの上に貼ってるシールって、粘着が弱くて剥がせたりするやん。
 剥がして他の場所に貼ったりとかするやん。そやけど、絶対破れる仕組みになってんねん。
 そんなつもりはなかったんよ。全然。
 なかったけど思った以上に糊が強かったの。今回全体的に糊が強めなんです。

 知ってる人は知ってると思うんですけど、
 毎回アルバム初回に隠しメッセージを用意してるじゃないですか。
 CDを全部解体すると出てくるという秘密の隠しメッセージがあんねんけど。
 そこもちょっと糊使ってるけど、ちょっとだけ強いんです。
 ん~~~硬い。ドキドキしながら
 横からカッターナイフとかで開けていただけるとありがたいなと思うのと同時に、
 
 もう1個はこれ(叩)に入っているオールナイトニッポンぬるコム、ラジオの恥ずかしさ。
 凄いです。本当に。ぬるコムのラジオがね、「まとめ1」「まとめ2」に全然別の物が2つついてるんです。
 コンパクトに入れようって言っててんけど、いつもみたいにいや~って喋ってしまって。
 今もこんなに喋ったらあかんはずやねん。もっとリズミカルに言ってたはずやねんw
 でももう特典のラジオも凄く一杯喋ってしまって、
 挙句、ラジオやれた喜びが強すぎて、嬉しいの「う」だけで終わっちゃったww
 そんな感じがちょっとだけ垣間聴けるかもしれない…ちょっとだけ聴いてやってください。


 2時間のテーマやで?ひどいねー。
 そしてヒヒーン。結構上手かったね?
(生aiko「これ使うの?ここ?」)
 ヒヒィ~ン!!(どうして馬になったんだ。)
 張りがない?嘘!?後ろのビブラートが弱かったよね。パンチがないよね。もっかい行くの?
 ヒヒィ~ン!!(エコー)
 あかん?何なん全員?3人ともディレクターが…うーん?みたいなリアクション。


 まだ喋ってるけどaikoがwすごいね。
 馬の鳴き声を何度もしてたりとか、嬉しくてどんどんテンションがあがって、こんな感じがずっと続いてるwww
 まだ流れてるwもうやめてw恥ずかしいんだけどww!あたしの汗を操るwこんな感じなの。
 これプラス昔のダイジェスト放送も流してるんですよ。厳しいです本当に。
 聴いてほしいのか恥ずかしいのかっていう感じなんやけど。
 もし明日まとめ1まとめ2買うてみようかなって思った人は、できれば同じ時間に聴いていただけるとありがたいなと。
 お昼とかに聞くとすっごいテンション落ちるから。できれば夜に聴いてほしいなと思います。

 色んな思いが詰まりに詰まりすぎたアルバムになりました。
 ベスト番やからと言って、シングルだけを集める気持ちでもなかったし、
 友達にお気に入りカセットテープを作る感じでまとめました。なのでまとめというタイトルがつきました。
 2011年に出せるからこそ新たに撮った曲も、撮り直したりMixとかもほとんど全部やり直してるし。
 昔から聴いてくださってた方も変化に気付いてくれるんじゃないかな思う1枚です。
 初めてCD化する曲です。聴いてください。」

♪れんげ畑
お、発音源化の…って大分アレンジ変わってるぞ!
ブラスが凄く入ってて、大人っぽい。
ライブDVDのスタッフロール風な感じかな。


1:38
ジングル大作戦。(歌詞は聴き起こしです)
 
 ちょっちゅねちょっちゅね Yeah
 4歳の友達の男の子 具志堅さんに夢中
 aikoのあの子の夢歌ってくれて
 あたしはちょっちゅう胸が痛いで~す
 aikoにちょっちゅを聴かせてあげたい
 aikoのオールナイトニッポ~ン


可愛いw



1:41
aiko「だって、まだ離婚してなかったなんて知らなかったもん…。
 この世はいつも酒と涙と男と女。
 (???)

 我が家の誤作動~!」


「我が家の誤作動」
aikoと一緒に人気コーナーが帰って来ましたよ。

「実家の妹から大雪の知らせが届いたのですが、母がかまくらにダイブしている動画が添付されてました」
aiko「パワフル。アグレッシブ。元気よね。」

「うちのお袋はしょっちゅう、おかずにラップした後そのままにすると、その上からまたラップしてしまう」過剰包装w
aiko「可愛いwながらやねん。
 残したから入れなあかんほんまに。おじいちゃんメガネこっちに…またラップ。
 お袋って書いてるところもキュンとした」


「次女が5歳の頃、渡る世間は鬼ばかりの唄子さんを見て必ず号泣していました。」
aiko「違いまっせ。スイッチがあるんだよ。
 水戸黄門の始めのバーンと印籠?葵の御門が怖くて号泣してたもん。怖くて。
 渡鬼?はまってた。簡単じゃないか。えなりかずきです。
 wwwスタジオの外の皆が鳩が豆鉄砲食らったみたいな顔してるwどよった?危ない。」


「母は裏番組を録画することを堂々と裏ビデオを撮るといいます」
aiko「推して行こうよ。下ネタの間違いはあってもいいと思います。
 あたしもずっと間違ってたもん。知らなくてずっと言ってた。
 団塊の世代を男根の世代って言ってたwwwww下品な世代ですwww

 (女子アナもテレビで言ったから大丈夫。多分。)
 プロデューサーの千葉さんがにごった顔をw訂正できないし言いづらいしwww
 違うって言われて。毎回言われて。3秒くらい経ってから言われるの。
 でも裏ビデオはそのままでいいと思います。」


ラジオネームが読めない。
aiko「ご…ご…あめご…?ごとう?違う?権藤w
 権藤権藤雨権藤?何これ?ことわざw?
 野球ファンかwwwたまらないフレーズwwことわざじゃないんや。
 ごんどうさんが雨以外で投げてたんや。だから権藤権藤雨権藤♪なんや。
 ピッチャービビってるヘイヘイヘイ♪違うのwww?
 巨人大鵬卵焼き~♪wwwなにそれwwwそんなことわざあんねや。あかん面白いw」
「ある日、父の布団を片付けていた所布団の中から3種類位のネジが見つかりました。」
aiko「wwwwごめんペンネームの方が面白いwwwww
 パーカー当選おめでとうございました。野球ファンは面白いこと考えるわw」

お便りよりaikoが誤作動じゃないか!

「妹が大学デビューしました。
 普通の女の子だったのに大学に入った途端眉と二重にタトゥーを入れて、リップラインにも入れました。
 最近の名言は、"学園祭でアドレスを聞きたい男が行列で来たんだよね"と豪語していました。
 兄は心配です。」

aiko「アイメイクや。寝起きもしっかりした顔でしょ。
  心配だね。教えてね。」




1:54
ぬるぬるコムコムaikoです!aikoです!ぬるコムマッチョなaikoです!
aiko「権藤権藤雨権藤♪巨人大鵬卵焼き♪
 きーぬがさ!きーぬがさ!ピッチャービビってる~♪ヘーイ!時刻は1時54分です!」
誤作動直ってない。

メールテーマ。
「aiko大変だ!バレンタインに好きな子に振られた!もうダメだ!チョコちょうだい!
 元気が出る言葉は、おっぱい!」

aiko「元気だねwカードと新聞。おっぱい!」

「元気が出る言葉は最近痩せた?です。aiko大好き。」
aiko「嬉しいなこれ。しゅっとした?だよね。」

「初ぬるコムです。下ネタだらけと聞いていたので聴けて嬉しいです。
 25日に国公立の入試があるけど聴いちゃってます。
 私は体育座りでベッドの上にいるんですが、aikoはどんな体制で聴いてましたか?」

aaiko「すごい下ネタだらけのラジオやという。すっごい言われる。
 凄いこと言ってましたねって。あまり覚えてないんです。
 あれを絶叫してた。すごい言ってたよ大声で。
 でも今日はちょっと小出し小出しにしていきたいと思います。まずはおっぱいからスタート。」


「アホ毛抜きながら聴いてるよ。嫌になっちゃう。ぬるく聴いてます頑張ってね。」
aiko「抜きすぎたらあかんで。抜きすぎるから生えてくるんちゃう。程よくね。
 カードと新聞送りたいけど住所がないのよ。」




1:59
みんな寝るなよ!
aiko「時刻は2時になろうとしております!」


aikoのモノマネ道場
aiko「実はー、ベスト盤初回特典のぬるコムではー、ときたまごとかのモノマネをやってます。
 はい、チーン!(時報)
 2時をお迎えしましたけれども、人物モノマネをやろうかなと思っております!
 ほんま怖い。スタジオの外に人が一杯いるんです。」


巨人の松井選手 aiko「かんぱーい!違う」(ピンポーン!)

ゆうさん aiko「ありえないんだけどさー、髪の毛って大事じゃん?」(ピンポーン!)

瀬川暎子さん aiko「みなさま、こんな遅くにすいません。」(ピンポーン!)

細川たかしさん
 aiko「へぇ~ぃっ!…wwwだめ?
 こぶしの方かと思ってwwwけた~の~♪
(ジャガジャガジャガジャガジャン!)
 なにこの音w(ブー!)間違えたやろ!」

土井たかこさん aiko「土井たかこですっ!」(ピンポーン!)

Tommy february6 aiko「みなさんこんばんわTommy february6です。似てないなちょっと。」

クレヨンしんちゃん
 aiko「パンティー食べれるー?(いきなり違うしw!)
 みさえー、眉毛濃いいぞ。うんこー(ブー!)ぶりぶりうんこー(ブー!)うんこー(ブー!)」

井上陽水さん
 aiko「ホッテルはリバーサイド♪川沿いリバーサイド(ピンポーン)
  土井たかこですっ!(ピンポーン)」

南野陽子さん aiko「はにょにょんにょんにょん」(ピンポーン)
 顔が面白いのは見えない。寧ろ何言ってるのか分からない。

渡辺美里さん aiko「分かり始めたマ~イレボリューション♪友近さんみたいw」

川島選手 aiko「っしゃー!止めた!川島だーっ!!」(ピンポーン)

きんさんぎんさん aiko「きんは100歳、ぎんも100歳。」(ピンポーン)

あやや aiko「みなさーん、アホ毛はー、あんまり抜いたらー、いけないと思いまーす!」

aiko「大丈夫ですかこの感じ。何でもピンポンピンポン。
 冊子から空気が抜ける音のモノマネとかやっておりますけど。
 他にもこれやれよ、というモノマネがあったら最善を尽くしますので送ってきてください!」

アドレスはaiko@allnightnippon.comシャー!
FAXは土井たかこですっ!リバーサーイド~♪だそうです(違)。


aiko「ただいま、ラジオを聴き始めた人はaiko何をやってるんだと。大丈夫なのかと思うかもしれませんが。
 今の数分は忘れてください!お行きなさい!ここからが本番のaikoです。
(今までの1時間は?)
 お行きなさい!伝わってるかなこれ。釈ちゃん。お疲れしゃくしゃくの釈ちゃんです。

 この後に話す話でもないんですけどw初回特典版に入ってる新曲があるの。
 今回ベスト盤リリースで作った曲があって、初回特典版にまっさらな新曲を入れたんです。
 「ラジオ」という曲なんですよ。今日は初めてオンエアさせていただきたいなと思うんですけど。

 本当にラジオ大好きで、子供頃から夜中にこっそり聴いたり、録音したテープを学校行く道で聴いてたりとか、
 買い物の途中も聞いたりしたくらい凄いラジオが好きだったんです。
 何度も救われた瞬間があって、それを思い出して。
 大好きな気持ちも変わってないので、その気持ちを曲にしました。
 初めてかけるのはオールナイトニッポンなんじゃないかなと思って。
 オールナイトニッポンでお届けできるのをすごい、ほんまに嬉しく思っています。」

♪ラジオ
シンプルなピアノの弾き語りの曲。どこか懐かしい感じ。
冬の夜に聴く事が多かったから、凄くジーンと来ます。。


聴き起こし歌詞 

夜中に目覚ましかけて こっそり秘密で出かけるの
大切な茶色の靴で 歩く度かかと鳴らしながら

空気は冷えて白い息 だけどなんだか寒くない
そして聴くのはラジオ 電波がほしいと星を繋ぐ

声だけであなたが泣いている事も 今じゃ分かるよ

小さい頃はこの世界に生きてるのは あたしだけなのかもと
不安になった時に必ず 違うよとノイズ交じりに叱られた

少し冷えたから家に帰って 続きはベッドで聴こう
明日は学校あるけど 仕方がないの 眠れないの

あの曲が流れやしないかと何度も 胸が動く

大人になってもこの世界はいつでもあたしを子供に戻す
あの時は小さな悩みでも死にたいくらいだったの 辛かったの

夜中に目覚ましかけて こっそり秘密で出かけるの
大切な茶色の靴で 歩く度かかと鳴らしながら

小さい頃はこの世界に生きてるのは あたしだけなのかもと
不安になった時に必ず 違うよとノイズ交じりに叱られた

不安になった時に必ず 違うよとノイズ交じりに叱られた




2:14
aikoのジングル大作戦その2。

 やった やった 春から京都の女子大生
 嬉し恥ずかし女子大生 女だらけのキャンパスライフ
 初めての一人暮らし 寂しくなっても頑張るよ
 aikoの曲が元気の源
 (aiko「ありがとう」)
 aikoのオールナイトニッポン お前を嫁に


メールが来てるよ~♪
「元気が出る言葉は坦坦麺!坦・坦・麺!と呟きながらゴルフのドライバーをかっ飛ばしてます。」
aiko「チャーシュー麺じゃなくて坦坦麺。ありがとう。」

「ベスト盤買ったで。でもaikoの話を聴く前にパッケージのシールべりっとやっちゃいました。
 取り返しがつかないことになってます。」

aiko「ゴメンやでほんまに。糊強くしてもうた私が悪いねん。」

「aikoおげんこ?僕は超おげんこ。
 テンション上がり過ぎて半パンとTシャツ。だからパーカーください!」

aiko「テンション上がってんな。あげるよ!」

「ぬるコムが好きで、携帯アドレスに.com入れました。今も同じメアドです。
 追伸:メアドじゃなくてメル番という事も覚えてる?」

 aiko「覚えてる。メル番やった。懐かしいね。」

「保育園の縄跳び大会の若者代表で前とび3分270回跳んだよ。
 でも足パンパンで今ラ・サロンパス貼ってます」

aiko「ラなの?新商品。
 3分で270回飛んだんだ。1分90回、1秒で1回以上?ヤングね。」


「どうしても聴きたくて、10年ぶりにコンポを引っ張り出してラジオを繋げてみました。
 連絡相談:別れて6年(その間1度も会ってない。私は振られた側)から毎年誕生日にメールが来るのはどういうことでしょう。」

「彼氏にお金を貸すのはあり?なし?」 aiko「なしやで。」
「肉食女子になるにはどういうことから始めればいい?」
aiko「コンビニにある本とか読む?スコラとか。レディースコミックがいいかな?
 レディコミにも種類があんねん。そういうのが載ってる奴と載ってない奴と。3つくらいあるからさ。」

「彼氏の前ですっぴんになるのに時間かかるけどどうしたらいいかしら?」
aiko「という事は今違う彼氏がいるんや。けど元彼からもメール来んねや。頑張って一気にしちゃえば?」
「何ダイエットがお勧め?」
aiko「何がええやろ?私は痩せたいと思う時は無駄にお茶を一杯飲んで、おトイレ一杯行ってすっきりした気持ちになる。」
ここまで書いて住所を忘れたようです。

「23日彼氏との記念日です!彼氏とメールしながら聞いてます。彼氏はおっぱいよりお尻派です!」
aiko「いいお尻してるの?どうですか皆さん。
 川辺さんはおっぱい顔。チャコちゃんはお尻。ブルンブルンはお尻?ぴちくんはおっぱい、
 あなたどっちが自信あるの?私はお尻でええかwww
 栄養が全部髪の毛とかお尻に行ってしまった気がします。
 どうやったら大きくなるんやろ?
 熊田曜子ちゃん膝のお肉を胸に持っていくねんって。どうやって上げるんやろ。
 努力は1日でならずという感じですかね。」


「昔のコムのMDを聴いてるよ。ピコンって懐かしくない?ピコン言ってるし。
 懐かしすぎて大笑いしちゃいました。」

aiko「昔ピコンのまま行ってたんや。ピコンピコン~♪
 疑わしい目で見るの止めてくれる?コロンはないよ。
 どれくらいがいいの。小豆とか。ピコンの大きさ。こんぺいとうは小さいか。
 理想のピコンサイズ送ってくれると嬉しいなと思います。」

♪桜の時
このタイミングでw



2:31
モノマネについてのメール。
「モノマネ爆笑しながら聴いてます。笑った声でお父さんが起きちゃった。」
aiko「今の自分の感じが伝わってるんだとちょっとほっとしてます。」

「aikoの布袋さんのモノマネが忘れられません。今すぐ布袋さんのモノマネをお願いします。」
aiko「えぇ?しゃれんだー!

「さあaikoモノマネ来ました。マツコ・デラックス!」
aiko「難しいwww海老蔵海老蔵!全然wwww」

「権藤監督を」
aiko「監督やったの?江川ー!投げろ!」無茶振りw

「永田裕志さんの123ゼア」
aiko「1,2,3、ゼァー!…似てないんやね。みんなガッカリしてるね。」


2:36
生涯の恋人。

「aikoこんばんわ。aikoにしか話せない。勇気をください。
 私には今大好きな彼氏がいます。同棲していて喧嘩だってするけれど、大切な人だと思っています。
 でも何か引っかかるものがあるんです。

 それは1年前。私は凄く好きになった人がいました。
 その人もaikoが好きで、毎日電話したりメールしたり。
 やっと付き合うことができて、バレンタイン。彼のお家に行きました。
 沢山のプレゼントに手作りのチョコレート。
 今までで1番だったと言われたくて、これでもかって頑張って準備をしました。
 そして2人でぎゅっとしながら、幸せな気持ちで寝ました。
 すると次の日やっぱり付き合えない、と言われ振られてしまいました。

 それから私は荒れに荒れました。
 自分が嫌いになって毎日泣いたり、違う人と付き合って好きになりきれず浮気をして傷つけたり。
 付き合って別れて付き合って別れての繰り返し。
 今の彼と付き合うまで、本当にちゃらんぽらんでした。
 彼らには本当に申し訳なかったし、後悔もしているし、周りの信用もなくなりました。

 でも、彼と付き合いだして今までにない大切なものを見つけられたような気持ちになりました。
 だけど時々どうしようもない不安に駆られて、子供みたいに泣いたり怒ったりしてしまうんです。
 その不安はきっと1年前のことがあったからで。
 今の彼と当時の彼は違うと分かっていながら、私は可愛くない、優しくない奴になってます。
 どうやって消化したらいいのか分からないまま、たまに思い出して悲しくなって泣いたり。
 もう分かんないです。助けてaiko。
 私は、今の彼に優しくなりたい、可愛い彼女でありたいんです。
 大好きなaikoに聴いてもらいたかったんです。」


aiko「これは仕方ない。仕方がないって言うか、凄い分かる。
 私も凄い不安で、何でも全部不安なの。

 過去に悲しい思いをしたら、もう1回それを経験してしまうかもしれへんと思って、
 尋常じゃないくらい線を張ってしまうんだよね。
 自分の方が好きかも知れへんし、
 この人に明日嫌いって言われたらどうしようって思うと泣き叫んでしまったり、
 突然冷たくなったりとか思うとわーってなってしまったりとかすると思うけど、
 でも、今の彼はりなちゃんの事を受け入れてくれてるだろうし、
 時間をかけて今の彼に、その傷を癒してもらうのが一番いいと思います。

 恋愛は恋愛で傷をどんどん治していかなきゃいけないと思うし、
 時間はかかると思うけど必ず直ると思うの。
 大切な人とずっと一緒にいれば、色んな良い所も悪い所も見えてきてそれも全部好きになって。
 お互いが許せるところが一杯一杯増えてきた時に、新しい感情が生まれてくると思うのね。
 気付いたら「こないだまで不安やったのにな」と思ってると思うから。
 自分の中で少しずつ努力をしながら、
 今の彼と楽しく、1日1回絶対笑うような2人でいてください。」

♪ナキ・ムシ


2:45
ただいま!帰って来たで!aikoです。
おかえり!帰って来たで。aikoです。


メールテーマと感想。
「メッセージ送るの初めてだからドキドキ。大丈夫かな?
 明日テストなの。aikoのラジオ終わっても寝れないよ。
 元気が出る言葉は「でっし!」バカ殿の志村けんがやってたの。」

aiko「勉強頑張ってでっし!」

「ピコンマニアなので大きいに越したことはないです。
 5cmはマニアに重宝がられます!」

aiko「ピコン周りも入れてるやろ。ピコン自身が5cmだったら赤ちゃん大変よ。
 ハムスターくらいあるってことでしょ。あかん。ピコン周りですよね。」


「モノマネ似てる。元気出る言葉は「夏でも冬でも元気モリモリだわ!」」
aiko「www」

「明日お母さんが疲れてるっぽいので聴かせてあげたいと思います。
 元気の出る言葉は「炭酸」です!」

aiko「シュワシュワのほう。漢字やもん。」

「aikoさん最近何のゲームしてますか?」
aiko「Joysoundのカラオケのスーパーデラックス。家で歌いまくりたい。
 キョンキョン。最近聴いてる。何でも歌います。ドリカムもユーミンもサザンも。」

近所に引っ越したいw

「元気が出る言葉はわっしょい。今車で聴いてます。ぬるぬるでもう感激。
 ごめんやでってなんか好き。」

aiko「沢山メールいただいてタイムラグが出てるけどちゃんと届いてるから。今も聴いてるかな?」



2:54
ながれぼし~♪

aiko「笑うのが苦手な人、人混みが苦手な人、会社が苦手な人、学校が苦手な人、
 悲しい昨日、つまらない今日、でも必ずやって来る。
 明日はきっといい日になりますように。」


ここまであっという間の2時間。
プレゼント当選者発表。aiko「沢山どうもありがとうね。」


「歌詞が分かるの連続で流石aiko、感動できる曲をありがとう。」
aiko「聴いてもらえてすごく嬉しかったです」

「aikoさんにとってどれだけラジオが大切か分かった気がします。」
aiko「聴いて~本当楽しいラジオが沢山あるから。」
(あ、雑音が入って聞き取れない…!)

モノマネは音声だから書き起こせないけど、こんな面白いラジオなら毎週2回でもいいよ!
aiko「本当に楽しかったです皆さんどうもありがとうございました。
 またぬるコムでお会いできる日を楽しみにしていますので。
 以上、aikoでした。お疲れ。しゃくしゃく!」



追記を閉じる▲

FC2blog テーマ:AMラジオ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2011/02/23 05:08】 | ラジオレポ/他
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。